« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

桜木町でFYFさんとアイボール&台湾料理

桜木町でFYFさんとアイボール&台湾料理
桜木町でFYFさんとアイボール&台湾料理
昨夜は、桜木町でブログが縁で知り合ったFYFさんと台湾料理に行きました。

CWでよく出ておられ、昔一度交信したこともあったのですが、一年程前にお互いのブログで関係会社の人であることが発覚、そのうち飲みましょうと言っていたのですが、お会いするのは今回が初めてでした。

西アフリカ方面に海外協力隊や会社の仕事で何度も行っておられ、運用もされています。他、エクアドルや台湾からも出られており、海外運用やCW FREAKの話など大いに盛り上がりました。

私もトンガやオーストラリア、ギリシャの話や昔の50MHzの話をしました。

世界中で、同じ趣味と言うだけで、家族や昔からの友人のように感じてしまう。
やっぱり無線は止められませんなと言う話でした(勝手にまとめると、ですが、、、)。

写真の手作りマニュピレーターも頂きました。

FYFさん、お付き合いどうもありがとうございました。

2008年5月29日 (木)

アフリカン・フェア2008

アフリカン・フェア2008
アフリカン・フェア2008
隣の会場では、アフリカ開発会議の関係で、アフリカン・フェア2008という無料の展示会をやってます。

各国のブースがあり、産業の紹介やら物産品の販売やらやってます。カラフルな展示ブースです。

ギニアのブースで気になる彫刻品を発見!

なぜか心惹かれませんか?

みなとみらい

みなとみらい
今日、明日は、出張で横浜。もう「みなとみらい」に着きました。

あー眠い*?(Θ_Θ)。

高分子学会ですが、生憎の雨ですね〜。

第4回アフリカ開発会議というのもやってます。珍しい国(エンティティ)と交信できそうだ。

2008年5月23日 (金)

RufzXPの自己最高速

RufzXPの方、もうかなり長い間進捗なしでしたが、先日、最高速を更新できました。

400cpm (80wpm) となりました。

http://www.rufzxp.net/toplist.htm

412cpmから、424cpmはなんとか取れそうな予感。

CW Freak Monthlyの方は、JAの参加数は以前のままなんだが、海外からの参加が急増して盛り上がってきています。あとAFがあったら、WACができそう。現在29局エントリー中です。



2008年5月20日 (火)

誕生日なんで、Premiumしてみました

誕生日なんで、Premiumしてみました
今日は誕生日でした。
普段は、たまに飲むときも発泡酒が多いですが、今日はビール。
Premiumで特別な日にしてみました。
自分で買って帰ったことは言うまでもございません、、、。

2008年5月14日 (水)

淀川ウォーキング、山崎から淀、鳥飼大橋

淀川ウォーキング、山崎から淀、鳥飼大橋
淀川ウォーキング、山崎から淀、鳥飼大橋
淀川ウォーキング、山崎から淀、鳥飼大橋
淀川ウォーキング、山崎から淀、鳥飼大橋
日曜日は、ダイエットを兼ねてリバーサイドウォーク。

山崎駅から淀方面に歩いて、桂川、宇治川、木津川が合流して淀川になる所を確認して、淀川に沿って南へ。枚方大橋、淀川新橋、鳥飼仁和寺大橋をくぐり、鳥飼大橋を渡りました。

午前は曇っていたのですが、午後から晴れてきた中、約8時間、41000歩でした。
足はそれほどではなかったが、顔が日焼けでボロボロになってしまいました。〓五月の太陽を甘く見すぎた。

学生の頃、北山と比良山は日帰りで行ける主なコースを歩き尽くしてしまい、次ぎに着目したのが河川の遡行でした。

淀から嵐山(桂川)、宇治から淀(宇治川)、流れ橋から淀(木津川)、それから鴨川(岩屋橋から)は歩いたことがあります。

その続きは?と考えて、淀から大阪湾を目指すことになりました。続きは一日で余裕ですが、秋になってからにします。リバーサイドは日蔭がないんです〜!

2008年5月 7日 (水)

ICOM Radio News @ICOM America

ICOMに関する別の話ですが、

ICOM Americaのホームページに掲載されている"ICOM Radio News"というVideo番組が大変面白いです(もちろん英語)。

現在、Volume 1~5が公開されています。

内容は、
  >Volume 5: Contesting with world-record holder K3LR
  >Volume 4: DXpedition to Bhutan, island DXing, and IOTA
  >Volume 3: Dayton Hamvention 2005®
  >Volume 2: W1AW, the call every ham should know
  >Volume 1: Field Day and the new IC-7800

となっています。それぞれ15分番組のようです。

ちなみに、You Tubeからも行けました。

私としては、Volume 5のK3LRのコンテストステーション紹介が、感動ものでしたが、他のビデオもすばらしい出来です。

無線ネタだと言語が英語だということも忘れて見入ってしまいます。

英語の勉強にもお薦めです。是非、見てみて下さい!

どうして、日本語のこういうビデオを製作しないの???


30000アクセス&ICOMのテレビCM

GW前のことで遅くなってしまったのですが、

本ブログのカウンターが30,000アクセスを超えました!

2005年の5月にスタートしましたので、もう三年になっています。
いつもご訪問頂きまして、ありがとうございます。

残念ながら、何も出ません、、、。
100,000というとまだまだなんで、50,000になったら、必ず何か考えます、、。

その代わりではありませんが、たまたま、あるところで聞いた情報を一つ。

我々ハムには馴染み深いICOM(アイコム株式会社)のテレビCMが流れるそうです。

スポットの30秒CMで、GW明けにも流れるとのことでした。

もちろんアマチュア無線機のCMではなく、無線通信機器メーカーとしての会社紹介CMではないかと思われます。

但し、残念ながら、流れるのは、「テレビ和歌山」とのことで、我が家では見られません。

ICOMのホームページにでも、紹介してくれないかなぁと思ってます。

2008年5月 3日 (土)

大原から、金毘羅山〜天ヶ岳〜鞍馬へ

大原から、金毘羅山〜天ヶ岳〜鞍馬へ
大原から、金毘羅山〜天ヶ岳〜鞍馬へ
大原から、金毘羅山〜天ヶ岳〜鞍馬へ
連休初日5/1は、山歩き。

今回は久しぶりに昔のホームグランドである北山方面へ行きました。足も慣れて来たので、ちょっと長めの距離に挑戦。交通の便を考えて、バスで大原まで行き、金毘羅山(こんぴらさん)、翠黛山(すいたいやま)から天ヶ岳に登り、鞍馬へ下るコースとしました。

天気は上々でしたが、ちょっと霞気味で遠くの方は見えません。初夏を思わせる暑さで、登りはTシャツ一枚で上がりました。少しはダイエットになったかも。

(1枚目の写真:大原から見た金毘羅山)

金毘羅山は、京都ではロックゲレンデとして有名なところです。GWなので人が多いかと思いましたが、本日は間の平日のためか岩に取り付く方もほとんど見えません。縦走路を歩いている人も少なかった。

金毘羅山頂から翠黛山を通って、寂光院道を進みます。シャクナゲが丁度見頃と思われるシャクナゲ尾根を下りようか迷ったのですが、運動不足解消のために天ヶ岳を目指しました。

(2枚目の写真:なんとか見付けたシャクナゲ)

山頂でお昼にして、その後は時々上り下りはあるものの長い下りで、静原と鞍馬を繋ぐ薬王坂の峠に出て、鞍馬に下りました。コースタイムは昼食込みで6時間ぐらい、歩いていたのは計5時間ぐらいでした。

(3枚目の写真:静原と鞍馬を結ぶ薬王坂の峠)

途中、新緑の中を歩くさわやかな道で、北山の割には明るい(この一帯は南東方面に開けているからか)山道でした。先日の六甲に較べると、本当の山の中なので周りが静か、野鳥の囀りが常時聞こえていました。

2008年5月 1日 (木)

ALL JA 2008 (7MHz CW)

ALL JA 2008 (7MHz CW)
予定通りALL JAコンテストに参加しました。本格的に参加したのは、1エリアでの最後のコンテストとなった2003年以来となります。

常置場所の京都市右京区から電信部門7MHzシングルバンド(C7)に出ました。

今回、28日も30日も出勤のため、当日書いたように大阪の会社からダッシュして京都まで行き、それから7MHzのダイポールを張って準備ができたのが、コンテスト開始15分前でした。

本当はCA(CW All Band)でやりたいのですが、現在はどこにもアンテナがなく、到底80m〜6mのアンテナを上げられる訳もなく、必然的にシングルバンドになりました。

考えてみれば、HFのコンテストにあまり興味がなかった頃は、大きなルーフタワーにHFのトライバンダー+6mの9エレが上がっており、40mのダイポールも上げていたので、コンテストの時だけ80mのダイポールを隣接の畑の方向に展開させてもらえば、入賞が可能なぐらいの条件だった。それを一度もやらなかったことが今となっては悔やまれます。

それはさておき、コンテストの方は、50Wの場合、みんなほぼ同じパワーのFDでは良くても、Hパワーが多数のALL JAでは、7MHzではどうしても力不足なので、あまりRunに拘らず、呼び廻りで出ている局を片っ端から取っていくと決めてやりました。

最終的な結果は、時間毎の交信局数(Dupeを含む)と累積マルチを図のグラフに示しましたが、430局程度×53マルチとなりました。

今回も、如何にも弱小局ならではのチャートとなっております。

普段出てないので、コンディションの方も良かったのか悪かったのか判断できませんが、夜は、もっとスキップするかと思ったが近接エリア以外は意外に良く開けていましたが、例の近隣国からのヘリコプターノイズが強く苦労しました。次の日も午前中は、近接エリア(2,9,4,5エリア)が殆どできず、午後になってやっと強力なシグナルとなりました。

しかし、悪いことばかりでなく、コンディションが良くて全国的に強力に入ってしまうと、ハイパワー局に押されてCQ出すところがない状態になり易いのですが、適度にヘリコプターノイズがあったり、スキップしていたりする時の方がRunし易い時もありました。

28日も30日も普段通り朝6時起きで出勤ですので、夜は4時間程寝ました、、、Hi。

今回、400QSOs×50マルチ(含むWAJA)を目標にやってましたので、その目標は達成できました。マルチに関しては、8エリアのマルチで2つ聞いていてできなかったところがありました(呼び廻られていた)。

交信頂いた方々、どうもありがとうございました!。

また次の機会もお願いいたします(いつになるかは?)。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31