2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

« 鈴鹿山系綿向(わたむき)山 | トップページ | 京都 寺町電気街 »

2009年6月15日 (月)

音羽山から高塚山、醍醐へ

昨日は無線中心でお手軽に行ける音羽山に行きました。

前回1月初めのように大津駅から歩くとちょっと遠いので、山科から京阪京津線に乗って無人の大谷駅で降りました。
ここからだと1号線に掛かる東海自然歩道の陸橋がすぐです。

京阪大谷駅→蝉丸神社
→逢坂山歩道橋→音羽山
→牛尾観音→高塚山→横嶺峠
→醍醐寺→地下鉄醍醐駅
コースタイムは、4時間30分ぐらい。

Img_3763

京阪京津線 大谷駅で下車。かなり久しぶりに京津線に乗った。かわいい車両。


 Img_3766
蝉丸神社。「これやこの行くも帰るも別れつつしるもしらぬもあふさかの関」
ちゃんと憶えてますよ、百人一首。
ぼうずめくりして、子供に最も怖れられているのは、蝉丸さんです。
自分も子供の頃、これが出ると泣きそうになってた!


Img_3771
音羽山(593m)山頂、1月に来たときから山頂付近にたくさんの木製のベンチが増えていた。

Img_3784

横嶺峠、醍醐から石山方面へ抜ける昔ながらの峠道。


 Img_3785
横嶺峠から醍醐山への道(上醍醐寺・開山堂への道)は通行禁止になっています。
それはないやろ、醍醐寺さん!
あと50mも上がれば山頂なのですが、350m下がって表参道を上がれなんて、、、。
そこは、ここから入ると入山料~円戴きますとか、通過だけなら半額とか、そういうぐらいにして下さい。多すぎる中高年ハイカーに愛想尽かしているんやろうか?

しかたなく横嶺峠から峠道を醍醐へ下りました。


Img_3789
醍醐寺五重塔、もう閉門していたので、塀の上に手を伸ばしてパシッと撮ってみました。

無線の方は、音羽山山頂は山科区なのであまり珍しくもありませんが、50MHzで1Wのローパワーで中国、グアムと沖縄を含む15局と交信できました。中国(上海の近くと思われる)の局にハイキングで山の上から1Wで出てるよって言ったら、驚いてました。

« 鈴鹿山系綿向(わたむき)山 | トップページ | 京都 寺町電気街 »

コメント

日曜日、ちょうどクルマで京都市内を走っていて、CWでのCQを聴いていました。(1320JST頃)
その後、SSBでCQを数回出されて、応答がない様子だったので、急いでマイクをつないで上京区からお呼びしたのですが、QSYされたのか応答がありませんでした。スタンバイから少し時間が空いたので、いけなかったのかもしれません。
ニアミスで、残念でした。

>にしむらさん、こんにちは。
そうですか、それは残念でした。
13:20頃と言うと、そろそろ片付けて次へ移動しないといけないという時間でしたので、応答がなかったのですぐ撤収を始めた時間だったと思います。
失礼しました。
そう言えば、この前コメントで話しに出ていたLSEさんが花脊峠に移動されており、久しぶりに交信できました。scissors
アクティブに移動されているようですね。
次回こそは交信成立と行きましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107381/45352328

この記事へのトラックバック一覧です: 音羽山から高塚山、醍醐へ:

« 鈴鹿山系綿向(わたむき)山 | トップページ | 京都 寺町電気街 »

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ