2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

« 比良山系 楊梅の滝から釈迦岳 | トップページ | チェブラーシカの守ろう・マナー第3弾 »

2009年8月19日 (水)

KCJ Contest 参加

夏季休暇、最後の土日は、KCJ Contestでした。

このコンテスト、KCJ主催のCWコンテストで昔から興味はあったのですが、初めてまともに参加しました。
その昔、知人の局がログ提出して、チェックの結果が悪くて失格になったとか、聞いたような気がします。提出局のログを相互チェックして、交信が確認された分だけが得点になるという、全部の集計が終わらないと結果がわからないコンテストです。
そう言うこともあって、CW好きの自分としては、珍しく避けていたところもあったかもしれません。

出るとして、オールバンドだと1.9MHz~50MHzまで出なければ行けないのでANTを上げるのが大変なので、シングルバンドにし、さらに日曜日の昼間出掛けたかったので7MHzではなく3.5MHzで行くことにしました。

ほとんど国内なので、フルサイズのダイポールを10m以上に上げれば一番良いのはわかっているのですが、本格展開すると敷地をはみ出して周りの畑までワイヤーを引っ張らないといけないので、今回は簡易型で1/4λのLWで我慢することにしました。

JARLコンテスト程は混んでおらず、CQ出しても潰されない程度だったので、ぼちぼちRunでやって、切れたら呼び回りを繰り返しでした。

夜は1時から6時過ぎまで寝て、昼間は外出(自転車を借りて京都市内をサイクリング)してました。
そして帰宅後、ワッチしたらまだ全然ダメなので、7MHzでサービス兼ねて1時間のタイムトライアルしてみましたが、7MHzもコンディションはもう一つの様子で36局/時間しかできませんでした(15時台です)。

<時間ごとの交信局数> (括弧内は電信の内数)

           3.5        7        ALL

[21]   38(38)    0        38(38)
[22]   34(34)    0        34(34)
[23]    9(9)     0         9(9)
[00]   15(15)    0        15(15)
[01]    0        0         0
[02]    0        0         0
[03]    0        0         0
[04]    0        0         0
[05]    0        0         0
[06]   14(14)    0        14(14)
[07]    5(5)     0         5(5)
[08]    0        0         0
[09]    0        0         0
[10]    0        0         0
[11]    0        0         0
[12]    0        0         0
[13]    0        0         0
[14]    0        4(4)      4(4)
[15]    0       32(32)    32(32)
[16]   10(10)    0        10(10)
[17]    5(5)     0         5(5)
[18]    6(6)     0         6(6)
[19]   16(16)    0        16(16)
[20]    9(9)     0         9(9)

Total  161(161)  36(36)   197(197)

結局、3.5MHzは161局で、172 point × 40 マルチでした。

照合が終わると、10%引きぐらいの結果になるのでしょうか?テストの答案を返されるような気分ですね。

« 比良山系 楊梅の滝から釈迦岳 | トップページ | チェブラーシカの守ろう・マナー第3弾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107381/45975485

この記事へのトラックバック一覧です: KCJ Contest 参加:

« 比良山系 楊梅の滝から釈迦岳 | トップページ | チェブラーシカの守ろう・マナー第3弾 »

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ