« ライブアライブ | トップページ | 木津川市、海住山寺 »

2009年10月 3日 (土)

でんわ・でんぽうの看板

日曜日、京都市内をぷらぷら歩いていて、このレトロな看板を見付けました。

Img_4020

電報と言えば、昔は電話局と郵便局で受け付けていたように思うんだけど、ここは普通の民家のように見えた。

公衆電話を置いていた店なのか?その場合は電報サービスもそこの人がやっていた? 電話局が支局を置いていたのか?それとも、ここは昔特定郵便局だったのか?

ちょっと調べて判ったことは、昔各戸に電話がなかったころ、公衆電話が置かれていたたばこ屋さんなどで、手紙で間に合わない急ぎの用を知らせる電報が受け付けられていたんですね(電話局に掛けて申し込み料金を支払うということ)。

小さい頃からあまりにも電話が当たり前で、それが普及する前はどのような技術がどう使われていたのか、わからなくなっていました。

そう考えると、電話網とメールが発達した現在に冠婚葬祭用でも電報がこんなに生き残っているのも凄いことと言えるかも知れません。


« ライブアライブ | トップページ | 木津川市、海住山寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でんわ・でんぽうの看板:

« ライブアライブ | トップページ | 木津川市、海住山寺 »

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31