2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

« 九重山一泊山行 | トップページ | 『THIS IS IT』 »

2009年11月16日 (月)

阿蘇山山行

くじゅうからバスで阿蘇内牧温泉に移動、翌朝、起きると宿の周りは真っ白。深い霧が出たためで、阿蘇山の上は雲一つない快晴でした。思いっきり日焼けしてしまいました。

(コース)
10月29日(木)
仙酔峡→鷲見平→仙酔尾根→
高岳火口壁→天狗の舞台(高岳東峰)
→高岳(1592m)→中岳(1506m)
→砂千里ヶ浜→火口西展望台
→阿蘇山西駅

Img_4551
<徐々に雲海が晴れてきた。九重連山と北側外輪山の丘段が見える>

Img_4562  
<尾根に出て鷲ヶ峰を見下ろしたところ>

Img_4563
<天狗の舞台まで行って撮った根子岳(1433m)、見応えがある形で紅葉してます>

Img_4572
<高岳(1592m)山頂とザック、刺さっているのは釣り竿(アンテナ展開用) >

Img_4586
<中岳山頂、白い煙が上がっています>

Img_4601
<異様な赤、火山ですねぇ~生きてる感じ>

Img_4609
<火口西観光展望台から火口をのぞき込んだところ、緑色のお湯? >

この3日間山頂から430MHzFMで交信したJA6LGV局が、阿蘇山西駅まで車で迎えに来ていただき、アイボールしました。お茶したあと、阿蘇駅まで送ってもらいました。

P1140710z

楽しいお話をありがとうございました。

この様子は、早速その日のLGVさんのWEB日記「風師庵日記  (ふうしあんにっき)」に載せていただきました。
10月29日(木)のところをご覧下さい。

この3日間天気が良すぎて、顔が焼け過ぎました。(^-^;

« 九重山一泊山行 | トップページ | 『THIS IS IT』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107381/46775118

この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇山山行:

« 九重山一泊山行 | トップページ | 『THIS IS IT』 »

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ