2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

« 2015年に観た映画 | トップページ | 移動運用スタイル その2 »

2016年1月12日 (火)

移動運用スタイル その1

アマチュア無線の移動運用スタイルとは、どんなものかと考えてみて、これまでの私のスタイルを紹介してみます。

私の場合は、中学・高校時代の徒歩移動から始まって、大学生となり、スクーターやバイクでの移動、自動車での移動と変化して行きました。その間、興味の対象は6mにほぼ限定されており、京都府内の市郡を中心に6mでサービスすること、およびコンディションと季節によってはDXと交信することが目的でした。




この写真は、'91年だと思いますが、サイクル22で広島から出ていた頃のものです。50Wにジュラルミンのポール7本フルアップに4ele HB9CVでロケの良さそうな山頂付近からQRVしています。1人で13mぐらい上げるのも手慣れたものでした。
当時のコンディションで6大陸と交信できましたし、'92年の3月には念願だったカリブのLPも、この設備でKP4とPJ2の二つ交信できました。

ただ、いつ開けるかわからない6mですので、いつも山頂で待ち構えている訳にもいかず、普段はモービルホイップでワッチして、開けてきたら車を止めて、5分で出られるように5mの伸縮ポールと2ele HB9CVも常備していました。
次の写真は、そんな頃、聞こえてきたHS5SEAをゲットした東広島市の鏡山の路肩です。



1人の自動車の移動は、こんな感じで、暇になりそうな時は、下に7MHZのDPやら21や28のホイップにラジアル付けたGPで遊んだりしたものです。

いずれの写真も、当時乗っていたミラージュが懐かしいです。この車に何日も泊まりましたsmile




« 2015年に観た映画 | トップページ | 移動運用スタイル その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107381/63055716

この記事へのトラックバック一覧です: 移動運用スタイル その1:

« 2015年に観た映画 | トップページ | 移動運用スタイル その2 »

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ