ハイキング・山歩き

2021年8月 7日 (土)

ALL滋賀コンテスト2021参加

7月22日(海の日、祝日)の10:00~12:00および13:00~15:00で行われたALL滋賀コンテストに参加しました。

ちょっと時間が経ってしまいましたが、報告させて貰います。

 

滋賀県内からの参加ですので、いつものように野外からQRPでの参加です。

今回は、HF中心でやるつもりでしたので甲賀市の古城山、山と言っても海抜282mで周囲は180mぐらいなので、100mぐらいの丘といった方がいいところです。水口岡山城址の山になります。

Kojoyama210722_kokac

登り口から30分ぐらいで山頂です。

Kojyoyama_1

<古城山山頂から、湖南市方面>

Kojyoyama_2

<古城山山頂から、阿星山方面、手前は水口町市街>

Kojyoyama_3

<古城山山頂から、飯道山方面>

 

このコンテストのQRPは県内局だけの設定、電信部門にはなく電信電話部門だけということで、個人局電信電話QRPになってしまいます。

 

ここで問題なのはこのALL滋賀コンテストは、ローカルコンテストというのに県外局同士の交信も有効というルールです。

アクティブな国内コンテスターの方々に真剣に参加して貰えて参加局が増えるというメリットがあります。しかし、その一方で滋賀県民の私にとって、折角の滋賀コンテストの県内局なのに、県外局の強力なCQがコンテスト周波数中に広がり、県内から出ていてもQRPではなかなか呼んで貰えないという問題があります。

実際のところ、今回もCQ出していても潰されてあまり呼ばれない。CQ Shiga Testを出している県外局をいくら呼んでも気付いてもらえない。というのが何度もありました。折角、県内局とのQSOは5倍の5点/QSOで、しかも私と交信したら多分マルチも増えるハズなのにです。

今回はPDバッテリー利用で午前午後各2時間、計4時間のコンテストなので全て5W運用だったのですが、それでも結構なストレスというか、課題というかを感じる時間がありました。

 

アンテナは、最低3バンドに出るため、7MHzと14MHz必須と考えて、この2バンドの2線式ダイポールにしました。バンド変更がスムーズですし、これでついでに21MHzと50MHzも出ます(超手抜きです、Hi)。

あと、430MHzも近場の県内局がある程度できれば、得点・マルチが稼げるのでワッチしていましたが、ホイップだけではこの低標高ではびわ湖周りのマルチが多いところまで飛んでないのか、参加局がいないのか聞こえてこないので諦めました。

 

トータルのQSOの状況は以下の通りです。

 

Allshiga2021rate_qrp

スタートダッシュを狙って、7MHz CWで良さそうな周波数を10:00前から確保。開始と共にQRMが大幅増で県外局のCQでコンテスト周波数が埋まってましたが、20分間で16局と交信のRunできました。その後は周波数を追い出されて(予定通り?)14MHzへQSY。CQ出したり呼び回ったりして9局プラスして1時間経過、ここまでは結構想定通りで良かった。

 

その後、11時台は21、50、7、14で主に呼び周りですが、コンディションが不安定でなかなか取って貰えないの連続でした。CQ出してもあと一息信号が強ければ呼ばれるはずなのに、、、(14、21MHz)なコンディションでした。聞こえているけど呼ばれない、、、。

39局交信して午前の部終了。昼休みです。ちょっと給電点が低すぎるか?と4m高だったのを釣り竿の根元を無理して木の途中まで上げて6m高ぐらいにしてみたのですが、無理な力が掛かって13時台に交信始めたらすぐに中に竿が折れてしまい結局また4m高ぐらいに戻りました。😖涙。

午後はさらにコンディションがもう一つ不安定で7MHzも信号強度がもう一つで呼んでも返ってこないことが多数。滋賀県内の知ってる局もQRMが激しいのか、こちらにはS9で入っているのにQRZ?と返ってくるだけが多くて、ここで取ってもらったら5点+Newマルチなのに、、と何度も思いました。

7、14MHzのSWRはバッチリCWバンドで落ちていたのですが、地上高が低すぎるのと木が近いので電波が吸収されてるのかな?などと考えていましたが、今さらどうしようもないので、そのまま呼び周りを続けました。

午後はSSBの方がマシかもということで50MHzSSBと7MHz、14MHzも呼んで廻りました。県内のマルチが幾つか取れて点数的には結構アップしました。

最後の15分ぐらい7MHzの近場のコンディションが急上昇して信号強度がグッとアップ1,2,3,4,5エリアがS9+となったのですが、時既に遅しの感じで終了時間となりました。

アンテナが不調だった訳ではなかったようです。

 

全QSOは57QSOsでした。

正直言って今回の目標は100QSOsだったのですが、コンディションとQRMでQRPの厳しさ実感したコンテストでした。

 

どの部門にログを出すか?というのが、滋賀コンテストではいつも問題になるのですが、今回は素直に3バンドを選んでQRPにログ出すことにしました。

一昨年はQRP部門エントリーなし、昨年は多数のエントリーがあって入賞できずでしたが、今年はどうでしょうか?

 

電信の午前中のみスプリントの方が入賞しそうな気配はあるのですが、まあいいか、、、。

 

ALL滋賀コンテストへの要望としては、①県外のQRP部門も作って頂きたい、②県外同士の交信なしの滋賀コンテストもやってみたい、と言ったところでしょうか。

まあ7と14MHzが大都市部に対してバカ開けすれば、このルールのままでもっと交信局数を伸ばせて楽しめるんでしょうね。

 

取り敢えず、結果が楽しみです。

 

2021年6月 2日 (水)

今年初のクワガタ

昨日(6/1)の昼休みの散歩で、今年初めてのクワガタを見つけました。

 

Kokuwagata_2021

<今年初めてのクワガタ、”コクワガタ”>

結構大き目の個体でした。おしり辺りに傷があります。この時期は冬眠から覚めて出てきた奴らですね。

今日はもう一匹オス(小さい目)の奴もおりました。

 

毎年のように、昼休みの散歩道沿いのスポットをチェックしていると、5月最終週ぐらいに最初のクワガタを見つけることができます。

 

自然は毎年スケジュールを正確にこなしているようです。

 

Kiiroihana_210601

<道路横の黄色い花>

道路横(歩道の横)の子の黄色い花は何なんでしょうか?

 

今年度の健康診断の結果も受け取り、健康のため昼休み雨が降ってないときは、ほぼ毎日30分ぐらい散歩しています。

2021年5月11日 (火)

錫杖ヶ岳(676m)、亀山市 SOTA:JA/ME-063

前回投稿の霊山から下山した後、ドライブインで昼食をとり午後は以前登ったことがある錫杖ヶ岳へ向かいました。

以前の記事はこちら、

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-2b7c.html

 

上ったのは、2010年の4月29日、もう11年も前のことになるのですね。

前回は、JR利用で関西線の加太(かぶと)駅からの徒歩でしたが、今回は車で登り口まで行ってピストンなので午後からでも楽勝です。

Shakujyogatake_map

<錫杖ヶ岳周辺地図>

(コース)
林道駐車場→登山口→柚之木峠
→錫杖ヶ岳→デッキ→袖の木峠→登山口

New_shakujyogatake_fig1

<コースの断面図>

 

所用時間は、林道登り口の駐車場から山頂まで上りは1時間、下りは50分ほどでした。お手軽山行です。

 

Dscf3053

<林道からの登り口>

間違える人はまずいないでしょう。

Dscf3061

<袖の木峠>

30分弱で袖の木峠へ到着。反対側から上ってきた方と会いました。

Dscf3066

しばらく行くと視界が開けた尾根になりました。

Dscf3099

<山頂直前の鎖場>

急こう配で楽しませてくれます。

Dscf3110

<錫杖ヶ岳(676m)山頂>

360度抜群の見晴らしです。海に近い独立峰は気分いいですね。

Dscf3102

<山頂より、伊勢湾方面>

 

Dscf3103

<下には錫杖湖が見えています>

 

Dscf3113

<パノラマ>

 

山頂では、430MHz FMで40分間ぐらいで9局と交信できました。ここでは2エリアばかりでした。

東方面は一切遮るものがないですから。

Dscf3165

それから、元来た道を下山開始。途中こんな木橋がいくつもあります。

 

Dscf3171

<林道駐車場>

16時ごろには、駐車場(登り口)に戻ってこれました。

 

この日は1日で午前・午後で2座上れて、SOTAのアクティベータポイントも稼げました。

 

電池の都合で430MHz FMのみのQRVとなりましたが、十分楽しめました。

2021年4月20日 (火)

霊山(766m)、伊賀市 SOTA: JA/ME-049

しばらく前のことになりますが、2月23日に三重県の霊山(766m)と錫杖ヶ岳(676m)に行きました。

 

今回は、霊山の方について書きます。

 

以前、JR柘植駅から三国岳・油日岳などに上った際に、柘植駅に霊山へのハイキングコースの案内があり、いつか登ってみたいなと思っていました。

 

駅から歩いても行けるようですが、今回は自動車に載せて貰って登り口まで行ったので、かなりの楽々コースでした。

Sota_20210420195701

<コース、GPSの軌跡です>

【コース】

霊山寺駐車場→霊山寺→タイコ岩→霊山寺・田代池分岐→

霊山山頂→中継所跡×2→(迷ってトラバース)→林道→霊山寺駐車場

(コースタイム2時間30分ぐらい)

 

Reizan_fig1

<断面図、標高差は400mぐらいです>

Dscf3049

<霊山寺駐車場、トイレあります>

Dscf2928

<霊山寺>

釣り鐘ありました。

Dscf2930

かなり古そうな石像が並んでいます。歴史を感じさせます。

Dscf2935

登り口付近、新しい「霊山山頂遺跡の道標」ありました、頭に手裏剣刺さっています。

Dscf2957

<ちょうど中間ぐらいだったか、たいこ岩>

円柱状の岩です、削られいるのか?

 

Dscf2965

<霊山山頂(766m)標識と三角点>

霊山寺から1hぐらいで山頂到着、ほぼ1ピッチでした。

Dscf2962

山頂、広々とした広場になっており、石像や石灯籠がいくつもありました。

 

山頂では、430MHz FMで運用、次々と呼ばれて、JA/ME-049をサービス。

1時間ぐらいで、3エリア7局と2エリア6局の計13局と交信できました。

ありがとうございました。

 

そんなに気温は低くなかったのですが、山頂での運用は風が強くて結構辛かったです。

 

Dscf2968

<山頂のマイクロウェーブの中継所>

あそこに上れたらかなり飛びそうでしたが、ロックされていては入れません。

Dscf2969

<青山高原方面の風車が見えています>

下山は、違う道からということで北側の尾根道から降りて行きました。

Dscf3042

<途中にあったNTTの中継所跡>

もう使われていないようです。

もう一つの中継所の地図記号のところは、建物も取り壊されて空き地になっていました。

 

そこから谷道を下山したのですが、途中道にちょっと道に迷ってしまい、30分ほど西方向にトラバース、林道に続く登山道にでました。

数年前の台風で道が荒れており、ちょっと一般道を外れると倒木が多くて、トラバースが大変でした。

 

山頂から1時間半ほどで霊山寺駐車場に帰ってきました。

 

ちょっと迷って疲れましたが、ちょうど昼頃なので、車でドライブインへ移動して昼食。

午後は以前登ったことのある近くの錫杖ヶ岳を目指します。

 

次回へ続く。

 

 

2021年2月26日 (金)

久しぶりに「関西の日帰り山歩き・ハイキング」のページを更新しました。

昨年末の鎌ヶ岳・御在所山と繖山(観音寺山)の山行分を追加して、

久しぶりに「関西の日帰り山歩き・ハイキング」のページを更新しました。

 

「関西の日帰り山歩き・ハイキング」

 

Bodaijiyama_panorama_small_20210226202301

<菩提寺山からみた野洲川>

 

たまには昔の山行も参考にして下さい。

2021年2月20日 (土)

繖山(観音寺山)、SOTA JA/SI-058

昨年12月4日のことになりますが、JR安土駅から安土城跡前を通って繖山~観音寺山~観音正寺~JR安土駅と歩きました。

 

Photo_20210219204601

<JR安土駅前の信長様>

この子は、かくれんぼしているのかな?

Dcim0322

<安土城跡前から見た繖山(観音寺山)全景>

Dcim0320

<安土城跡の石垣>

今回は時間の関係で安土山(安土城跡)見学は省略しました。

 

Dcim0323

<繖山山頂への道別れ>

西国三十三か所の石碑が道沿いにずっと立っています。

Dcim0326

<第28番 成相山 成相寺の石碑>

80年代から90年代、毎年のように6mAM一斉移動で山頂で運用させてもらった成相山。

京都市内のローカル局と移動運用、ビッグアンテナを山頂からさらに10m以上の高さに上げて出ていたので、本当によく飛んでよく聞こえていました。偶然、この28番を見つけました。

 

Dcim0331

<繖山山頂付近から、安土山と西の湖、琵琶湖の奥に見えるのは比良山系>

気持ちのいい、晴れ渡った空でした。

 

Dcim0332

<繖(きぬがさ)山(433m)山頂>

Dcim0336

<山頂付近から、伊吹山方面>

最高地点ではないですが、25m以内なので問題ないと考えて、SOTA運用開始。

この日は430MHz FMハンディ機だけなので、CQ出して滋賀県内の局から呼ばれて6局とQSO、無事ノルマを達成しました。

 

Dcim0345

<岩穴の中に磨崖仏があった>

Dcim0348

<観音正寺前の紅葉>

 

Dcim0354

<観音正寺へ到着、立派な仁王様>

Dcim0356

<大仏もある>

 

 

Dcim0358

<観音正寺は聖徳太子ゆかりの寺とのこと>

Dcim0359

<本堂>

 

Dcim0361

<観音正寺前から三上山方面>

Dcim0369

<12月に入っているが、紅葉の残りがきれい>

 

Dcim0370

<JR安土駅に向かう途中から、繖山を振り返る>

 

まずまず楽しめた低山ハイクでした。

 

 

 

 

2021年2月17日 (水)

武平峠から鎌が岳・御在所山(2)

前回の続き、鈴鹿スカイラインから御在所山に表道から上ります。
Img_3335

<表道登山口>

 

Img_3339

<しばらく上がって見晴らしが良くなった所から、先程までいた鎌が岳を見る>

 

Img_3350

<御在所山(1212m)山頂>

再び登りだしてから1hぐらいで、SOTA JA/ME-011御在所山の山頂に到着しました。

 

Dscf1674

<ロープウェイ山頂駅とレストハウス>

 

Dscf1757

<本日のシャック>

7MHzのDPをいつものように展開してCWでCQを出すも、コンディションがイマイチで呼んでもらえず。6mの移動局も弱くて内臓ホイップで呼んでも応答がありませんでした。

結局HFと6mでは交信に至らず、430MHz FMだけの交信になりました。

それでも2エリア3局と3エリア5局と交信出来てノルマクリアしました。

Dscf1773pano

<下山はじめの伊勢湾方面パノラマ>

武平峠に向けての下山では、終始正面に鎌が岳の雄姿を見ながら降りる感じでした。30分ちょっとで峠へ到着しました。

登り始めるまでは天候が心配でしたが、結局上り出してからは天候回復して御在所山の方では青空も得られました。

 

430MHz FMでコール頂き交信いただいた各局ありがとうございました。

 

 

 

2021年2月15日 (月)

武平峠から鎌が岳・御在所山(1)

随分時間が経ってしまいましたが、昨年の11月23日祝日に鈴鹿の鎌が岳と御在所山に行ってSOTA運用しました。

 

以前行った雨乞岳と同じく滋賀県と三重県県境の武平峠からのアクセスです。

 

行程は、、
武平峠下(三重県側駐車場)→武平峠→鎌が岳→長石尾根から分岐→三ツ口谷→表道登山口→御在所山→武平峠→駐車場

となりました。

 

Kamagatakegozaisho_map

<今回の行程>

 

Kamagatakegozaisho_profile

<コース断面図、一旦680mぐらいまで下りてから登り直し、

 左側鎌ヶ岳、右側御在所山です。>

 

 

武平峠から2山ピストンでもよかったのですが、余裕ありそうだったので表道登山口まで下りて、また上がってみました。HI.

 

今回は、(1)として鎌が岳の様子をお伝えします。

 

朝から雲がかかっていましたが、下界は雨はなし、峠まで車で着いて、雨乞岳に行った時の滋賀県側駐車場が一杯のため、トンネルを抜けて三重県側を少し下ったところの駐車場に駐車。
ここでぐっとガスってきて雨がぼつぼつと降ってきました。しばらく待ったら止んで晴れてきた感じなので、取り合えず鎌が岳ピストンだけでも、、と同行者と話し合って準備をして出発しました。

 

Dscf1524

<鈴鹿スカイラインの道路から武平峠への登り口>

Dscf1532

<武平峠、877m>

 

Dscf1544

<やっとガスの中見えてきた鎌ヶ岳山頂>

Dscf1568

<鎌ヶ岳山頂、1161m>

SOTAアクティベーションの方は、祠の横辺りで430MHz FMのみハンディ機でQRVしました。

短時間に次々と呼ばれ、2エリア10局+3エリア1局の計11局と交信できました。

さすがに三重県・滋賀県の県境で三重側が急峻な鈴鹿山脈ですね。

 

山頂でQRVしている間に、徐々に晴れてきて特に三重県側は伊勢湾、愛知県方面まで見えてきました。

天気も良くなかったので武平峠からのピストンしようとしていましたが、天気が良くなってきたので、

もう少し下まで降りてから御在所山に上ろうという話になり、長石尾根から三つ口谷の道を下りました。

 

Dscf1587

<山頂から少し下りたところから、伊勢湾方面、かなり晴れて来ました>

Dscf1599

<長石尾根から三ツ口谷のコースを下ります。>

 

かなり降りて来てから、対面の御在所山のロープウェイが良く見えていました。

Img_3330

<御在所山のロープウェイ>

ぼちぼち降りて行ったのですが、1hぐらいで鈴鹿スカイラインに戻ってきました。

ここから、御在所山の表道を上って行きます。

 

*次回に続く、、、。

2021年1月15日 (金)

HNY 2021! 本年もよろしくお願い致します。

もう15日ですが、新しい年となりました。おめでとうございます。

今年も相変わらずのボチボチではありますが、なかなかできない無線ブログをSOTA移動運用(QRP)とコンテスト運用中心で続けて行きたいと思っています。よろしくお願い致します。

最近はブログの更新頻度も、交信頻度も低いため、ブログのコメントなども殆どなく寂しいので、たまにはコメント下さると嬉しいです。

最近、ブログのアクセス記録を見ていると、検索結果から過去記事へ来られているパターンと私のSNS投稿からのリンクもあることはあるのですが、無線にQRVした後に訪問者が若干増えるとかあるようです。あと3日か4日周期でアクセスが多い日が繰り返すというのはどういう現象なのかよく判りません。

 

ところで、今年2021年(令和3年)は丑年ですね。

Ushimatsuyama2009_img

ということで、こちらの牛の背中のようなのそっとした山容は京都府亀岡市の牛松山です。

 

Img_4775

牛松山山頂(標高629.2m)です。

 

この写真は、前回牛松山に上った2009年11月のものです。

その時のブログ記事は、こちら。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-26e8.html

 

昔の記事にもあるように、中学、高校の時にも移動した思い出深い山です。

 

また偶然ですが、2009年というと12年前、この時も丑年ですね。

 

新年になってからは、ちょこっとだけ運用できていますので、まずは幸先の良いスタートです。

コロナの影響が深刻ですが、100年前のスペイン風邪の例からしても2年目シーズンが最大で3年目以降は普通の風邪になっていく確率は高いと思います。

GW頃には今回の山(第2波 or 第3波?)も収まると期待したいです。

とにかく相変わりませず、本年もよろしくお願い致します。

2020年11月 5日 (木)

三島散策(三嶋大社~楽寿園ほか)

少し前になりますが、金曜日の出張が予定通り終わらず、三島駅前のホテルでもう一泊することになりました。

折角なので翌日の土曜日は、朝のんびりしてから三島市内の散策に出かけました。

 

ここ7年ぐらい、こちらの方に仕事でたまに来ているのですが、オフの日というのは初めてです。

 

三島市内は富士山麓の湧き水が豊富で、どこの川も澄んだ水が大量に流れています。

Dcim0171

 

まずは伊豆國一之宮の三嶋大社に行きました。

Dcim0182

Dcim0187

いろいろとお願いをしました。

Wikipediaによると、、、

伊豆国の一宮として源頼朝始め多くの武家からの崇敬を集めた。

近世以降は三島が東海道の宿場町として発達したことに伴い、東海道を往来する庶民からも篤く信仰された神社である。

とのこと。

 

頼朝腰掛石、北条政子腰掛石 というのがあった。本当に腰掛けたかどうかわからないが、何となくそれらしい腰掛けのような石が2つ並んでいました。

ところで、この頼朝と政子、日本史の中で最強に近い夫婦ではないかと昔から思っていました。三嶋大社とは縁が深いようです。

 

 

Dcim0189

お土産には、三嶋大社の縁起物「福太郎餅」2つとお茶で200円です。

ほっと一息入れるのにいいです。あっさりとしたあんこで美味しい。

 

南に向かって、伊豆箱根鉄道駿豆線の三島田町駅。

Dcim0197

こういう私鉄は、好物です。Hi。

Dcim0198

三島駅から伊豆修善寺まで行けます。もう少し時間があったら行きたかったんですが、また次の機会があれば、ということにしました。

 

それから、さらに南に行って、佐野美術館の横を通って隆泉苑。

Dcim0206 Dcim0207

 

そこから、北上して川の上の遊歩道になっているところがありました。

 

Dcim0211

結構勢いよく流れる清流の上の木道を歩くことができます。

かなり運気がアップしそうな気がしました。

 

Dcim0220

さらに北上して、三島駅前に戻ってきて中華料理の昼食後、楽寿園へ入りました。

 

Dcim0224

ここは三島市民の憩いの公園(遊園地)的なところのようです。

「レッサーパンダ」がいました。

懐かしい思い出が蘇ります、、、Hi。なんのこちゃ。

 

Dcim0233

三島市郷土資料館がありましたので、入りました。

この写真も三島らしいですね、水と富士山麓の湧き水と一体化した町、今も昔も暮らしやすそうです。

Dcim0235

東海道を行き交ったでしょう籠です。

Dcim0238

外にはSL(C58)が展示されていました。運転席も見られます。

Dcim0249

こちらは、楽寿館、小松宮彰仁親王の別邸として造園されたそうです。

前の池も水が豊富です。

 

ということで、10時ごろから昼食を挟んで16時ごろまで、ゆっくりと三島市内散策ができました。

 

次回、三島で休日があったら、伊豆修善寺への乗り鉄の旅はしてみたいです。

 

 

より以前の記事一覧

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31