2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

ハイキング・山歩き

2017年4月19日 (水)

竜王山(605m)山頂移動、SOTA: JA/SI-046

日曜日、朝は春霞が深かったのですが、時間が経つにつれて晴れ上がってきました。

それで山へ行こうと思い、今週はSOTA三座目となる栗東市の竜王山へ移動しました。

SOTAのエコ精神に則り、JR草津駅から自転車🚲で上桐生へ。
ここのキャンプ場から、山歩きスタート。



<キャンプ場駐車場にある金勝山ハイキングコースの案内地図>

そこから30分程歩いて、落ヶ滝。

<結構な高さのある落ヶ滝>

そこからまた30分ぐらい歩いて分岐に到着。


それから北側の尾根を進んで、鶏冠山(491m)をピストンしました。

<鶏冠山山頂>

先程の分岐まで戻り、さらに南へ進むと、徐々にアルプス的な岩場っぽいところが増えてきました。なんどかそんな岩の部分を歩くと、先に天狗岩が見えてきました。

<天狗岩>


段々天気もよくなってきて、すがすがしい感じ。琵琶湖の向こう側の山々もよく見えています。

そして竜王山の山頂へ到着したのは13:00頃となってしまいました。

<竜王山山頂にて>

<いつもの設備です>

QRV情報をアップしていたけれども、予定より1h遅れのQRVスタートとなりました。

ちょっと遅くなって申し訳ありません。

14MHzのDipoleと7MHzのDipoleにて運用しました。DX局2局を含む20局と交信できました。



 

帰りは、白石峰の分岐まで戻って、南側に降りて行きます。途中、狛坂磨崖仏がありました。

最後は、広めの道となり、第2名神の下を通って、出発した上桐生のキャンプ場に戻りました。

2017年4月 5日 (水)

飯道山(664m)山頂 SOTA: JA/SI-042に移動

日曜日(4/2)は、甲賀市の飯道山へ行きました。


この山には以前行ったことがあり、その時はJR貴生川駅から歩いて登り、飯道山から飯道神社、ぐるっと廻って庚申山から貴生川駅まで帰りました。


その時の記事は、こちらです。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-d2c2.html



ついこの間のような気もしたのですが、2010年1月のことで、もう7年前でした。(^^;)



さて、今回はSOTA(Summit on the air)のActivationが目的ということで、通勤で利用しているJR三雲駅から自転車で登り口まで行って、そこからピストンすることにしました。




<山頂の表示、新しく塗り直されていました。>




<三上山と雪を戴く比良山系>




<鈴鹿山脈方面>



山頂には12:00前に到着、天気も良く、北側は近くに三上山、その後に琵琶湖を挟んで比良山全域~比叡山がよく見えていました。また東方面も綿向山とその後の鈴鹿山脈も高いところは山頂付近に雪が残った姿が見えました。



適当に写真撮影を済まして、早速アンテナ(7MHzのDP)を展開してQRV開始。



QRPらしく低めの周波数でCQを出すと、電車の中からSOTAサイトで予告入れていた効果か素速く読んでいただき、あっという間に20QSOs程できました。



被ってきたので、昼ご飯を食べつつ、21MHzに移りましたが、あまりCondxが良くなく、CQの空振りばかり、結局今回も海外局との交信はできませんでした。



やはり木が多い山頂では低いDPでは、国内向けは良くてもDXは厳しいようで、垂直系のGPなどにしないとなあと思いました。



後は、50MHzと430MHzでCQ出されている方を呼んだり、CQ出したりして15:00ぐらいまで山頂におりました。




<飯道神社、以前よりきれいになった様子>



それから飯道神社にお参りしてから、元来た道を引き返しました。

2017年3月25日 (土)

十二房(JA/SI-064)からの運用をSOTAのサイトにアップ

先日の十二房(JA/SI-064)山頂からの運用をSOTAのサイトに登録しました。



http://www.sotadata.org.uk/summitReport2.aspx?returnUrl=summits.aspx&summitid=79345



JAサイトからUKのサイトへ移動して、



ユーザー登録後、今回の16QSOsのデータをアップしました。



取り敢えず、うまくできたと思います。



次回は、情報を事前にアップして、DXとのQSOも成功させたいところです。





写真は十二坊山頂(405m)。
右側の人の足元が三角点です。

2017年3月12日 (日)

甲西駅から十二房(岩根山、405m)

昨日の土曜日は、本当に久しぶりで従来のスタイルで低山歩きに行きました。

行き先は、十二房(405m)です。

通勤で毎日通っているJR甲西駅からの徒歩移動。高低差も300mぐらいなので、久しぶりの足慣らしに丁度良いでしょう。

JR甲西駅から1号線に出て少し北西方向へ歩いてから、右折して甲西大橋を渡りました。

Kouseioohashijyunibou<甲西大橋から見た十二房、山頂付近にタワーが見える>

岩瀬神社の前を通って、榎橋を渡ったところにゲートがあり、そこから林道を歩く。

そこから30分ぐらいで東屋がある展望台、タワーが林立する山頂付近に付きました。

Towors_mt_top

<山頂付近に林立するタワー、NHK、FM、携帯基地局などのようです>

タワーの建っている場所とほぼ同じ高さですが、別ピークが三角点のある十二房の山頂です。山頂には木々が少なく、広い範囲で眺望がいいです。

View_fm_summit_1<山頂から、南側(三雲駅方向)の眺望>

鈴鹿南部の山々が見えています。

View_fm_summit_2

<山頂から、南東~東方面>

山頂からは、山頂付近が雪で真っ白な、伊吹山、霊仙山、御池岳、綿向山など見えていました。

山頂にて、7MHzのDPを上げて、ちょこっと運用しました。7MHz CWで14局、50MHz SSBで1局、430MHz FMで1局交信できました。運用しながらスマホでWeb検索して、ここがSOTA番号付与されていることが判りました。SOTA: JA/SI-064でした。Hi。

風が強くて結構寒いので、13:20頃から撤収して下山しました。山頂からは南側に降りて行き、十二房温泉ゆららの近くに出て、この付近では有名な磨崖仏を見るため、花園林道を降りていきました。

Photo

<磨崖不動明王尊>

こんなところに、と言う感じで、6m×2m程度の岩に彫られています。

後は、さらに降りて、甲西橋を渡って、JR甲西駅に戻りました。

歩いていた時間は、合計3時間ぐらいでした。

短い行程で高さも400mと低山でしたが、素晴らし展望を楽しめて、久しぶりに山の楽しさを味わうことができました。

2016年2月23日 (火)

早春の石山寺

日曜日の午後、石山寺を散歩して来ました。



冷たい風が吹いていましたが、梅も見頃が近づいています。京都の北野天満宮なら今が盛りぐらいではないでしょうか?







寒桜(カンザクラ)も咲いていました。







石山寺と言えば、この景色。石山と多宝塔が有名ですね。






あちこちの岩は立派な苔がびっしりと付いていて長い歴史が感じられます。



紫式部さんもいらっしゃいます。



春近し、、。

2015年11月 5日 (木)

お薦めの関西ハイキング本『関西 日帰りの山ベスト100 』

最近あまり行けてませんが、以前は月に2回ぐらいは日帰りハイキングで関西の山を歩いていました。

その際、最も参考にしていたのが、フリーライターの岡弘俊己さんが書かれた『関西日帰り山歩きベスト100(ブルーガイドハイカー)』というガイド本です。

何度も重版されていたと思いますが、最近新版になって若干タイトルが変更になり出ています。

中身はほとんど以前のままですが、関西圏で日帰り山歩きされる方にとってはベストの1冊と思いお薦めします。

このブログで無線機あり・なし問わず紹介したコースの多くは、この本で紹介されたコースです。

私の山行のリンクリストは、こちらです。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/kansai_higaeri_hiking.html

低山の魅力が盛りだくさんで、歩いてみれば迷いやすいところや、見どころが確実に押さえられていて良さがよくわかります。

本屋でぱらぱら見ていると、山に行きたくなります。

2010年8月18日 (水)

大文字山から哲学の道

16日は五山の送り火でしたが、13日に息子と二人で山科駅から歩いて、大文字山から哲学の道に行きました。

本当は、比良山の八淵の滝コースに行こうと思っていたのですが、前日結構な大雨だったので、沢沿いは危ないと思い手軽な大文字山に変更しました。予想通り、暑かっ た。

JR山科駅から歩いて、疏水の上を渡り毘沙門堂へ。

Img_5296
<琵琶湖疏水>
大津市三井寺でトンネルに入り、山科をこのように流れて蹴上に繋がっています。

毘沙門堂から西に向かって歩きます。前回上った時は直登気味に山頂に向かって上がっていく道を取りましたが、今回は蹴上に向かって京都一周トレールにすぐ合流する道を行き、トレールの尾根道を歩きました。

Img_5303
<大文字山山頂から京都市南部方面>

大文字山(466m)山頂で休憩して、さらに40分程歩いて大文字の火床の最上部に着きました。ここからの京都市内は眼下に大きく拡がって見応えがあります。
Img_5309
<大文字火床最上部から見る京都市内>

ここで昼食をとりました。

下山して、銀閣寺前の有名なアイスキャンディを食べ、哲学の道(ここにも琵琶湖疏水が流れています)を南下しました。

Img_5313
<哲学の道>

Img_5316
<哲学の道のネコたち>

ここのネコは人慣れし過ぎて近寄っても逃げません。

Img_5323
<ネコかご>

そして南禅寺到着。

Img_5325
<南禅寺山門>

(コース)
JR山科駅→毘沙門堂→京都一周トレイル合流広場
→大文字山山頂→大文字火床→銀閣寺前
→哲学の道→南禅寺→地下鉄蹴上駅
コースタイム:約3時間30分

2010年8月 9日 (月)

湖南アルプス太神山・矢筈ヶ岳

随分と前になりますが、5/21に行った湖南アルプスの山行をブログにアップしてなかったので書いておきます。

低いけれど荒々しい岩場がアルプスと呼ばれる湖南アルプスの太神山(たなかみやま)・矢筈ヶ岳(やはずがたけ)に行きました。

天気は良かったのですが、霞掛かっていて展望はダメでした。

Img_5122
<天神川を渡るところ>

Img_5125
<山ツツジ、あちこちに咲いてました>

Img_5132
<泣不動>

Img_5134
<二尊門の二尊、どちらもいい顔をしています>

Img_5140
<太神不動寺本堂>
清水寺みたいに舞台造りで岩の斜面に建ってます。Img_5145
<太神山(600m)山頂の祠>
このすぐ横に山頂の三角点があります。

分岐まで戻って、南西方向へ入る道を進み、50分ぐらいで2つめのピーク矢筈ヶ岳山頂に到着。

Img_5156
<矢筈ヶ岳(562m)山頂>

ここもあまり開けてないないが、琵琶湖方面が見えました。
木々の間にDPを張って7MHzを少しだけ運用しました。

Img_5159
<御仏堰堤>
滋賀県最古(明治20年頃)の空石積み堰堤と書いてありました。

Img_5164
<御仏河原>
河原の中に入ったり、沿ったりしながら、下へ下へと下る。

(コース)
JR石山駅→バス→アルプス登山口→迎不動
→泣不動→二尊門→不動寺→太神山
→分岐→出合峠→矢筈ヶ岳→出合峠
→河原出合→御仏河原→アルプス登山口
→バス→JR石山駅

アルプス登山口からの往復でコースタイム4時間30分ぐらいでした。

2010年6月27日 (日)

関西の日帰り山歩き・ハイキング(まとめ)

今日も一日雨rain

暇だったので、作りかけで更新していなかった当ブログの山行記事へのリンクをまとめた「関西の日帰り山歩き・ハイキング」のページをupdateしました。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/kansai_higaeri_hiking.html

記事へのリンク集です。

2008年になってから再開した山歩きですが、並べてみると山行の数も30を越えていました。公共の交通機関(鉄道、バス)を使った日帰りコース集として参考になるといいと思います。

2010年6月13日 (日)

伊賀から甲賀の山、三国岳・油日岳

先週末6/6の話ですが、鈴鹿山脈の最南部の山、油日岳辺りに行きました。

伊賀市の柘植駅から、旗山、三国岳、忍者岳、油日岳と尾根道を通って、甲賀市の油日駅まで歩きました。伊賀から甲賀の間に忍者岳っていいですね。

Img_5190_2

 <尾根道から旗山と後ろに見える霊山>

Img_5193
<尾根道からこれから向かう三国岳、油日岳方面>

ピークがいくつもありアップダウンが多くて、ちょっと疲れました。天気は良くて気持ちよく歩けましたが、遠くの方は霞んでおり伊勢湾までは見えませんでした。

Img_5199
<倉部山山頂から、三重の山々、左奥に先日登った錫杖ヶ岳が見える>

三国岳(715m)の山頂で昼食、ヘンテナを上げて6mを運用しました。/2の三重県伊賀市です。Esの8エリア4局を含む16局と交信できました。QSOしていただいた各局ありがとうございました。

そろそろ撤収というころ、50.1付近では大パイルアップが聞こえてました。どうもE4(パレスチナ)が入感していたようです(スプリットのご本尊はかすりもしませんでした)。

Img_5204
<三国岳山頂、立木を使ってヘンテナ上げました>

Img_5217
<油日岳(693m)山頂の祠>

Img_5228
<鮮やかな黄色の花、何?>

山を下りてきたところにある油日神社は、油関係の信仰で有名な古い神社で、歴史を感じさせる建物がありました。

Img_5238
<油日神社>

Img_5248
<油日神社付近から見た油日岳>

コース
JR柘植駅→旗山登山口→旗山→ぞろぞろ峠
→倉部山→三国岳(昼食&無線)→忍者岳
→油日岳→油日岳登山口→油日神社
→JR油日駅
(コースタイム5時間20分)

より以前の記事一覧

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ