文化・芸術

2022年5月 3日 (火)

昼休みの散歩で見つけたクワガタたち2021

時々、本ブログにも投稿していましたが、平日昼休みの散歩で昨夏撮影したクワガタたちをまとめました。

 

2021

例年、5月末ぐらいから9月末ぐらいまで、ひのきが丘公園の幾つかの木で見つけることができます。

 

今年は、ミヤマクワガタの♂とか、大きいヒラタクワガタとか、カブトムシ♂とか出会いたいところです。

 

以下は、最近撮影したひのきが丘公園の花々です。

 

Image110

<アリアケスミレ>

Image116

 

Image120

<シロツメクサ>

Image124

<カタバミ>

Image129

<ヒメジョオン>

 

Image131

<蓮>

Image132

Image140

同じ場所でも、週毎に開花する花が変化していく感じで、いろいろな花が次々に咲いて楽しいです。

 

 

2022年2月21日 (月)

トンガ王国の海底火山噴火と津波

南太平洋のトンガ王国で、1月15日夕方、首都ヌクアロファの北約65kmで海底火山が噴火した。爆音は遠く離れたアメリカまで届いたといい、この影響で高さ1メートルを超える津波が発生し、少なくとも3人が死亡した(1/20の報道)。

詳細は以下のBBC Newsのサイトから日本語の記事へのリンクです。

https://www.bbc.com/japanese/60063832

 

このニュースをネットで見た時、少なからず衝撃を受けました。

 

というのも、トンガは1991年8月にJARL京都クラブのメンバーとしてDX Vacationに行ったところだからです。

以来、親近感があり、トンガ出身の相撲取りやラグビー選手などいつも応援しています。

 

T2(ツバル)程ではないにしろ、A3(トンガ)も南太平洋の島国、人々が住んでいるヌクアロファの街は、そんなに海抜がある訳ではありません。たぶん街の大部分が海水に浸かったのではないかと思われます。

 

そう言えば、海岸線のすぐ近くに当時は「Kimiko's Restrant」とかいう日本料理を出すレストランが営業していて、昼食を食べに行った記憶もあります(ネットで調べたところ、現在は中国人経営の中華料理レストランとのこと)。

またヨットハーバーでは、偶然同時期にトンガに来ていたアメリカ人カップルと80mで交信して、ヨットを訪ねてお茶を御馳走になったりしました。

5日間ほど宿泊したセーラおばさんのゲストハウスはどうなったのでしょう?女子高校生だった娘さん(Mariaさん)は無事でしょうか?

*ネットで調べたところ、Sela’s Guest House セーラズ・ゲストハウスは2017年ぐらいまでは営業していたようですが、今はやってない様子でした。下記のリンク(Tripadvisorのページ)に昔のレビューがあり、懐かしい写真がありました。

https://en.tripadvisor.com.hk/Hotel_Review-g294142-d1885429-Reviews-Sela_s_Guest_House-Nuku_alofa_Tongatapu_Island.html

 

津波は太平洋を越えて日本にもやって来て、一部被害もあったようですが、トンガの火山灰や津波の被害とは較べられないでしょう。

 

後からのNewsでは人的被害はそれほどでもなかったようで、少し安心したりしています。

 

Tonga_map_handkachief

Tongatapu島の地図のハンカチ

 

Tonga_photobook

Tongaで買った写真集

 

Tonga_another_qsl

もう1枚の”A35MK”QSLカード

*このカードは1000枚刷った個人コールQSLが足りなかった人むけの複数コールQSLです。

 ちなみに、左から2人目がまだ20代の私です。 HI.

 

トンガの皆様の無事と早期復興をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月23日 (土)

伊豆箱根鉄道に乗り修善寺散策

もう随分と前の話になりますが、東京2020オリンピック開催中の日曜日、仕事で前日の三島泊になったので、前から乗りたかった伊豆箱根鉄道に乗って修善寺に行きました。

Image001

三島から修善寺までは、12の駅があります。

 

Image003

途中、真ん中あたりの「原木(ばらき)駅」、茨木駅じゃないよ。

 

Image004

田舎っぽい景色の中、車内から撮影したSOTA対象ぽい山々。

 

Image0071

切符、料金は¥520でした。おう、8/1だったか、、、。

 

Image011

修善寺駅に着きました。迎えてくれたのは鉄道むすめ「修善寺まきの」ちゃん。

 

Image010

昔の写真と最近の写真、こんな角度の富士山見たことはありません。近くの展望のいい山に上れば見られるようです。

だるま山高原からの富士山で、上の写真は戦前のニューヨーク万博に展示された写真とのことです。

全景に駿河湾、左に南アルプス、右に箱根連山の富士山です。

 

Image009_20211021202101

ターミナル駅なので、突き当りで2つの車両が停車しています。

 

Image016_20211021202101

もの凄く暑かったんですが、もう一つ距離感がなく、修善寺駅から歩いて修善寺まで行くことにした。赤い欄干の橋を渡りました。

Image018_20211021202101

これがその橋、「修善寺橋」。

Image020

ゆるい上りで駅から50分ぐらい歩いて、思い切り汗が出たころで温泉街に到着。

 

Image022

修善寺山門

 

Image021

前には赤い欄干で川が流れています。どうも「桂川」というらしい。

そして前に見える橋は「渡月橋」。都恋し、、、でしょうか?いつ頃にこの名前が付けられたのか、京都嵯峨出身の私は非常に気になります。

Image025

山門の仁王様

Image026_20211021202501

修善寺本堂、そんなに大きくないけど立派で威厳がありますね。

 

Image029

こちらは、日枝神社(ひえじんじゃ)の鳥居。

Image030Image039

夫婦杉の大木と日枝神社境内、日陰がほっとします。

Image040

渡月橋を渡って、対岸へ移動。

Image042

木陰が嬉しい、十三士の墓へ向かう道。

 

Image043

「十三士の墓」

Image046_20211021202601

お隣の「源頼家の墓」

Image048

「指月殿」、かなり古い木造建築。

Image049_20211021202601

「指月殿のお釈迦様」金色に輝いています。

Image051

「竹林の小径」どっかにもあったような、、、こちらは最近でしょうね、たぶん。

Image053

「楓橋」

Image052

ここも桂川でしょうか?細いですけど。

Image055_20211021202601

河原湯(足湯)です。暑い中でしたが、しばし休息させて頂きました。

昔は共同浴場だったようです。

 

Image054

「とっこの湯」弘法大師の伝説がある伊豆最古の温泉とのことです。

お湯は湧いていますが、入浴はできないようです。

 

こんな感じで修善寺は、いなかの落ち着いた温泉街という感じでした。

 

見て歩いたガイドマップが、こちらにありました。

https://www.shuzenji-kankou.com/map/2019-map-Japanese-1.pdf

興味のある方は御参照ください。

Image056

暑い中、歩き回って疲れたので、返りはバスで修善寺駅まで帰りました。

 

Image058

この電車で三島駅へ戻ります。

出張前日午後の短い時間でしたが、伊豆箱根鉄道の乗り鉄と修善寺散策を楽しめました。

 

2021年6月 7日 (月)

信楽のタヌキ(25)

このブログを始めた15年ほど前、月一で信楽(滋賀県甲賀市)に仕事で行っていた関係で、信楽のタヌキの写真を出張の度に撮ってアップしていました。

 

その頃、まだブログも一般的になり出した頃で、Google検索で”信楽のタヌキ”で検索すると1ページ目にこのブログが出てきたりした時期もありました。

 

 

超久しぶりですが、写真は、いつも目にする「受付のタヌキ」です。

 

Shigaraki_no_tanuki_ret

なんか白目剥いてるみたいで、あまり可愛くないですが、商売繁盛でしょうか?

 

過去の「信楽のタヌキ」の記事は、下記のリンクを見てみて下さい。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/cat5854745/index.html

 

昔の記事って、ガラケーで写真撮ってモブログ投稿していたのですが、今となっては写真が小さいですね。

あれから15年も経過した時の流れを感じます。

 

 

2020年11月16日 (月)

甲賀市ひのきが丘の紅葉

毎年、10月末頃から鮮やかに紅葉する職場前の街路樹(西洋カエデ)ですが、今年もそろそろ見頃を過ぎてしまいました。

 

写真は丁度見頃だった11月初め頃のものです。

Dcim0286

 

毎年、本当に燃えるような赤になる頃があります。

Hinokigaoka_koyo

場所は滋賀県甲賀市のひのきが丘というところ、工業団地の中の街路樹です。

 

ここ10年ぐらいずっと見てきたのですが、昨年辺りから見に来る方がちょくちょく出てきたようで、週末もフィリピン人ぽいお姉さん方がスマホでワイワイ言いながら撮影されてましたし、バイクを止めて紅葉とバイクを一緒にフレームに入れて撮影されている方もいました。

 

少しは知れ渡って来たのかもしれません。

2020年11月 5日 (木)

三島散策(三嶋大社~楽寿園ほか)

少し前になりますが、金曜日の出張が予定通り終わらず、三島駅前のホテルでもう一泊することになりました。

折角なので翌日の土曜日は、朝のんびりしてから三島市内の散策に出かけました。

 

ここ7年ぐらい、こちらの方に仕事でたまに来ているのですが、オフの日というのは初めてです。

 

三島市内は富士山麓の湧き水が豊富で、どこの川も澄んだ水が大量に流れています。

Dcim0171

 

まずは伊豆國一之宮の三嶋大社に行きました。

Dcim0182

Dcim0187

いろいろとお願いをしました。

Wikipediaによると、、、

伊豆国の一宮として源頼朝始め多くの武家からの崇敬を集めた。

近世以降は三島が東海道の宿場町として発達したことに伴い、東海道を往来する庶民からも篤く信仰された神社である。

とのこと。

 

頼朝腰掛石、北条政子腰掛石 というのがあった。本当に腰掛けたかどうかわからないが、何となくそれらしい腰掛けのような石が2つ並んでいました。

ところで、この頼朝と政子、日本史の中で最強に近い夫婦ではないかと昔から思っていました。三嶋大社とは縁が深いようです。

 

 

Dcim0189

お土産には、三嶋大社の縁起物「福太郎餅」2つとお茶で200円です。

ほっと一息入れるのにいいです。あっさりとしたあんこで美味しい。

 

南に向かって、伊豆箱根鉄道駿豆線の三島田町駅。

Dcim0197

こういう私鉄は、好物です。Hi。

Dcim0198

三島駅から伊豆修善寺まで行けます。もう少し時間があったら行きたかったんですが、また次の機会があれば、ということにしました。

 

それから、さらに南に行って、佐野美術館の横を通って隆泉苑。

Dcim0206 Dcim0207

 

そこから、北上して川の上の遊歩道になっているところがありました。

 

Dcim0211

結構勢いよく流れる清流の上の木道を歩くことができます。

かなり運気がアップしそうな気がしました。

 

Dcim0220

さらに北上して、三島駅前に戻ってきて中華料理の昼食後、楽寿園へ入りました。

 

Dcim0224

ここは三島市民の憩いの公園(遊園地)的なところのようです。

「レッサーパンダ」がいました。

懐かしい思い出が蘇ります、、、Hi。なんのこちゃ。

 

Dcim0233

三島市郷土資料館がありましたので、入りました。

この写真も三島らしいですね、水と富士山麓の湧き水と一体化した町、今も昔も暮らしやすそうです。

Dcim0235

東海道を行き交ったでしょう籠です。

Dcim0238

外にはSL(C58)が展示されていました。運転席も見られます。

Dcim0249

こちらは、楽寿館、小松宮彰仁親王の別邸として造園されたそうです。

前の池も水が豊富です。

 

ということで、10時ごろから昼食を挟んで16時ごろまで、ゆっくりと三島市内散策ができました。

 

次回、三島で休日があったら、伊豆修善寺への乗り鉄の旅はしてみたいです。

 

 

2020年8月20日 (木)

9月の北海道旅行(5)登別温泉~地球岬~北黄金貝塚

もうすぐ一年になるのに、いつまで経っても進まない昨年9月の北海道旅行その5です。

今回でなんとか終わりにしたい、、、。

 

トマムでは2泊して、その日は登別温泉まで移動すればいいだけだったので、ゆっくり遊んでから車で移動でした。

 

いろんなお湯が楽しめると期待していた登別温泉です。

宿は、ペット同伴が可能ということで、登別温泉のオリジナルである旅館、第一滝本館に宿泊しました。

チェックインしたら、早速地獄めぐりです。

Udxu5679_20200820192301

Wiix3286

結構大きくて迫力のある赤鬼と青鬼が迎えてくれます。

 

Frda4317

登別地獄谷です。赤茶けた地肌と硫黄の白っぽい黄色が一面の谷です。

湯気があちこちから噴き出していました。

Mkqy9268

そしてこちらが大湯沼です。

 

夜は美味しいものをたらふく頂き、あとはいろんな温泉に代わる代わる浸からせてもらいました。

いいお湯でした。

 

翌日は、倶多楽湖を見てから、函館への帰路に付きました。

 

Glqc2699

途中、室蘭の地球岬に寄りました。ここは学生時代にバイクツーリングで行きたかったところの一つですが、実際は行けておらず今回が初めてです。水平線が丸く見えるとてつもなくロケ(無線向けロケ)の良い場所でした。写真は灯台。

Nnac9552

上の展望台から見下ろした海の青が素晴らしく綺麗でした。

 

Ccqp8479

そこから次に寄ったのが、北黄金貝塚公園です。縄文時代の大規模な遺跡で貝塚と土器や住居の復元などがありました。

Rzkv0070

土器の展示の様子。

 

後は、一路、函館へ向けて帰るだけです。

 

長々と続きましたが、何とか9月に入る前に昨年の9月の北海道旅行の様子を終えることができました。

 

お付き合いありがとうございました。

 

今年はコロナの関係で旅行も行けてないので、そろそろどこかに行きたいですね。

案外、今年もまた北海道へ行ったりして、、、??。

 

 

2020年6月30日 (火)

9月の北海道旅行(4)トマム・タウシュベツ川橋梁・三国峠

いつまで経っても進みませんが、昨年9月の北海道旅行その4です。

 

富良野から峠越えでトマムに到着。ペット連れということでここで連泊です。

Img_9615

 

Img_9536

翌朝はスキー場のゴンドラにのって雲海テラスへ行きました。

雲海はもう一息迫力はありませんでしたが、その分視界がよく、美しい朝日が見られました。

 

Img_9548

Img_9553

もう少し太陽が昇って明るくなってからのトマムリゾートの風景。

 

Img_9574

この日は、然別湖からタウシュベツ川橋梁、旧幌加駅跡、通って三国峠展望台までドライブしました。

 

Img_9603

三国峠からの景色

 

Imdj0863

帰りは十勝経由で、、、サイン入りの「なつぞら」ポスターを発見しました。

 

2020年5月27日 (水)

9月の北海道旅行(3)十勝岳展望台、富良野

もう間が開き過ぎで間延びしてしまいましたが、北海道旅行の続きです。

 

層雲峡に宿泊した後、旭川まで高速で上がってから南下、美瑛の白銀青い池と白ひげの滝を見に行きました。

Img_9368

白金青い池、「白金ビルケ」でハンバーガー食べた後は、青い池を見に行きました。

Img_9397_20200525193701

青い色は銅イオンかと思いましたが、解説によるとコロイドが太陽光を散乱させて青色に見えるそうです。上高地の大正池のような立ち枯れの白樺・カラ松が見事でした。

 

 

Lsuw2311

次は、すぐそばの白ひげの滝

橋の上から見る滝の標高差は30mとのこと、水は先程の青い池とも繫がっており青い色をしていました。

 

Tlgg2395

つづら折りの道路を通ってしばらく行くと、十勝岳展望台。少し歩いて標高1000mぐらいまで上がってみた。

山頂もそう遠くないのに、、、残念。十勝岳(2077m)は、SOTA:JA8/KK-005ですね。山頂まであと1000mぐらい3hぐらいでしょうか??

 

Eved8344

その後、山を下り、中富良野のファーム富田へ移動。後ろは十勝岳です。

 

Lgrz4278

よくある富良野の風景、ラベンダーはちょっと遅かったのですが、大きなお花畑が七色に輝いていました。

 

Fvju4499

こんなオブジェもお花畑に似合っていました。

 

この日はトマムまで移動、ワンコ同伴で泊まれるところに連泊しました。

 

2020年2月19日 (水)

9月の北海道旅行(2)大沼~定山渓温泉

だいぶ間が開いてしまいましたが、北海道旅行の続編です。

 

函館からレンタカーで大沼へ。ここは国定公園ですね。

Jask3046_20200218204401 Xfxj4655

車に慣れていないうちの娘の散歩を1h程しました。

Uchinoko

うちの娘と息子の足。

 

別の日再び大沼の横を通って、ニセコ経由で定山渓温泉まで移動しました。

途中、ニセコの峠っぽい道の駅で非常に美味いジャガイモを頂いたりしてました。

Img_9302

こちらは、京極ふきだし公園。羊蹄のふきだし湧き水で名高い名水が湧くパワースポットです。

Img_9288

兎に角、水量が豊富でした飲んでみたら本当においしい!。

 

 

Img_9326

そしてこの日の宿、定山渓温泉に着きました。

PET同伴で泊まれるこちらのホテルに宿泊しました。

 

Img_9328

翌朝、散歩しているとこんな幟が沢山ありました。

ラグビーワールドカップを直前に控えて、なんと!トンガの選手たちが、

こちらでキャンプしているようでした。

 

しばらくすると大きな身体の選手たちがランニングして通り過ぎて行きました。

すかさずその中のイケメン選手に「Hi!」と声を掛けました。

「僕、昔トンガ王国に滞在したことあるよ!」と言うと、ほんまか!みたいな

返事でしばらくお話。札幌での試合GL!と言って別れました。

 

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30