2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

旅行・地域

2018年4月14日 (土)

春の野の花、スミレ

今年は桜も3月末には満開となりました。
もう新年度が始まって2週間になりますが、みなさんお元気ですか?

この季節、散歩していて歩く道端の様々な野の花が順々に咲いていくのを良く眺めています。

中でも、こんなところに可憐な!と気付く、スミレを見付けるとなぜか嬉しくなってしまいます。

Img_6567<白いアリアケスミレ>

Img_6582<歩道の脇の紫のスミレ>

上の2枚は、昼休みに職場の周りを散歩していて見付けたものです。

Img_6584 <紫と言うよりピンクのスミレの群生>

これは、ちょっと山沿いのところで見付けました。

Img_6586 <国道1号線沿いの歩道に、アスファルトを破って出てきていた紫のスミレ>

スミレって、よく見るとこの季節、街中でも結構見かけるんですよね。強い植物なのだと思います。もし見たことないと言われる方がいるなら、たぶん車に乗って移動されることが多くて、身近にある自然の変化を見逃しておられるのだと思います。

たまにはのんびり散歩して、野の花を探して歩いてみませんか。





2018年3月26日 (月)

伽藍山(239m)に上ってみた。

前エントリーの石山寺で梅見をした後、石山寺がある伽藍山の山頂へ上がってみることにしました。

どこから上るのかよく判らないので、京阪の石山寺駅の近くから入っていく道から上がってみることにしました。

地形図とGPSの軌跡は、こちらの図の通りです。

Gps180318
はじめちょっと林道を行き過ぎて間違えましたが、ちょっと戻って小さな尾根に沿って上がって行き、伽藍山公園のベンチが幾つかあるピークに出ました。

Img_6480石山寺から石山寺駅までの間の川(用水路)を上る遊歩道から上がってくると、このベンチのあるピークまで上がってこられるます。

そこから真南方向に見えるピークが伽藍山山頂と見えました。

ベンチのあるピークから遊歩道を行くと、もう一つの小ピークがありそこから下がって谷道にでました。そこから山頂までは50~60mほどですが、道らしい道はありません。

赤いリボンが見えたので、それを目指して急坂を上がって行きました。ちょっと苦労しましたが20分ぐらい上がったところが山頂でした。

木が茂っているので展望もほとんどありません。

Img_6482
赤い山名表示板もありましたが、ここはご同輩の表示板をパチリ。
この山はSOTAではカウントされませんが、2万5千分の1地形図には山名がしっかり書かれてますので、山ラン対象の山ですね。

この日は石山寺が目的だったので、リグなしでした。

ほぼ来た急坂を遊歩道までおり、東に向かって歩いて、石山寺と石山寺駅の間にある川のところへ戻ってきました。

1hぐらいでしたが、ちょっとした冒険気分を味わいました。

2018年3月21日 (水)

石山寺で梅見

3月18日の日曜日は石山寺の散策に行きました。今の時期は梅園の梅が見頃のはずです。



Img_6492


いきなり梅ではなく、寒ツバキです。



Img_6489毎年、階段を上がった本堂の前では盆梅がたくさん展示されています。どれも見事です。



Img_6490


紅梅

Img_6424

薄桃色。

Img_6417




Img_6430

白梅と紅梅と水仙と寒桜。

Img_6491
寒桜が満開でした。


もう来週は、桜が咲きそうですね。happy01

2018年3月16日 (金)

京都&滋賀のナイトハイキングの話

前のエントリーで『山夜景をはじめて楽しむ人のための関西ナイトハイキング』という本を紹介しました。

その中で紹介されていたのは、京都府、滋賀県では以下の山々でした。夜に行ったことがあるところも多いのでちょっとコメントします。

★京都府の山

音羽山
 山科区と大津市の境の山、国道1号線の歩道橋がある峠付近から1hぐらいで山頂、びわ湖側と京都市側の両方の夜景が見られます。

大文字山
 学生時代、大文字の火床のところで夜に鍋・宴会も何度かやりました。京都市内の夜景がきれいです。登り口から最短30分で「大」の字の上まで行けます。真冬にやった時、あれよあれよという間に積雪し20cmぐらい積もって下りが怖かったこともありました。

小倉山
 実家の近くです。嵐山から亀山公園を通って保津峡側が見えるところから尾根をちょこっとだけ行ったところが紹介されている場所ですね。夜景的には京都市内が見えます。

小塩山
 アマチュア無線で西京区移動のポイントとして、以前は車で何度か上ったことがありました。夏場はカップルの車で結構賑わっており、京都市内の夜景ポイントとして30年ほど前から有名でした。本の記述によるとひょっとして今は車で山頂近くまで上がることができなくなっているのかもしれません。
 ちなみに、東方向はGWの電波がよく飛びます、、、。

鬼ヶ城
 大江山の移動ポイントですね。夜運用したことがあるのですが、どんな夜景が見えたか、実は記憶がありません。天気が悪かったのかも。

車で行ける山夜景 万灯呂山展望台
 実は、京都府で紹介されているここが行ったことありません。最近できた展望台なのでしょうか??

★滋賀県の山

八幡山
 近江八幡市の山、昨年GWに移動しましたが、以前夜にも上がったことがあります。低い割には近江八幡周辺の夜景がきれいです。ロープウェイでなら楽勝です。

三上山
 山頂近くが急坂なので暗い時に上るのはちょっと辛いですが、暗くなってから下りたことがあります、、、、。

権現山
 ここは夜は行ったことがありません。平からも堅田方面からも距離もあるので夜歩いては難易度が高いように思います。

車で行ける山夜景 比叡山
 言わずとしれた京都市左京区と大津市の境の比叡山です。滋賀県側と京都側の両方の夜景が楽しめます。天気が良ければ大阪方面までよく見えます。

と言うことで、紹介されているポイントは9割方行っていました。(^^;)

2018年3月11日 (日)

『山夜景をはじめて楽しむ人のための 関西ナイトハイキング』を読みました

『山夜景をはじめて楽しむ人のための 関西ナイトハイキング』と言う本を読みました。

ナイトハイキングのみのガイドブックという、なかなか画期的な内容の本です。

関西は街から山までの距離が短くアプローチが簡単なのでナイトハイキングは比較的やりやすい地域だと思います。

内容は、まず夜景の写真がきれい!、それから、夜歩くことを想定して最短距離で展望のよいところまで行けるという条件のコースを選ばれているところに好感が持てました。

当然ですが、コース案内の写真は夜ではなく昼間の写真です。夜ではヘッドランプの光に浮かぶ道標だけの写真になりますもんね。

比較的簡単に行けて、夜景がきれいなポイントの紹介のガイドブックではあるのですが、堂々と夜歩ける日がある愛宕山や伊吹山の夜間登山の話は出てきません。

紹介されているポイントは有名所が多いためか、見てみると京都・滋賀+六甲山を中心に半分以上の夜景を登って見たことがありました。どれもかなり昔の話ではありますが、、

*どんだけ行ってるねん、自分、、、、(^_^;)。

夜の山歩きは危険が多いので、昼間登ったことがある道で行かないと、このガイドブックを読んだからと言って、すぐ行くのはやめた方がいいです。

まあ、六甲山頂とか比叡山みたいに、駐車場からちょっと歩くだけというのも沢山紹介されています。

かわり種のハイキング本としてよろしいかと思います。

2018年3月10日 (土)

松本駅前のとんかつ・カレー「たくま」が閉店したらしい

長野県松本市、松本駅前のとんかつ・カレー「たくま」

知ってる方には今さらなんでしょうが、今日たまたま検索してみて、昨年5月に閉店されたことを知りました。

Shinanonokuniのブログ2の記事

https://plaza.rakuten.co.jp/hirotravel2/diary/201708180000/

学生時代、北アルプス方面に行くたびに寄っていました。

だいたい夏合宿の行きとか帰りとか、特に帰りの列車待ちでよく行きました。

その後、社会人になってからも何度か行きましたが、ここ20年ぐらい御無沙汰してたかな?

「穂高」っていう定食をよく食べてたような気がします。

あと、かつカレーも美味かったなぁ、、、ほんとに残念。

上記の記事の写真を見てると、昔のことを思い出しますね。

2018年1月 3日 (水)

HNY 2018!

新年おめでとうございます。

本年も、あまりアクティブとは言えませんが、アマチュア無線および山歩き周辺で楽しんで行こうと思っています、よろしくお付き合いの方、よろしくお願い致します。

元旦は、このところ恒例となっていますが、近江国一之宮である建部大社へ初詣に行きました。

Img_6012

Img_5996QSOパーティも出られませんが 、QRPでのSOTAアクティベーションは月1ぐらいでしたいと思っている年始です。

2017年12月 3日 (日)

紅葉の石山寺

もう二週間前の日曜日になりますが、大津市の石山寺に行きました。

スマホ忘れたので、たまたま持ってたガラケーでの撮影です。







〈紅葉の中の紫式部〉










丁度、見頃ぐらいでしたね。

2017年11月 6日 (月)

志賀越え道、補足

前回の「志賀越え道」についてですが、補足として、歩かれた方の記事をリンクしておきます。

ハイキングコースとしても面白そうですが、北白川から山中町までが、車が多いと危ないですね。

志賀(山中)越道を歩く(荒神橋〜滋賀里)
http://
kaidouarukitabi.com/rekisi/rekisi/shigagoe.html

廃道寸前!志賀越道(京都三条大橋〜滋賀唐橋) ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-712011.html

志賀越え 京都~大津へ 歩きを楽しむ
http://blog.livedoor.jp/yayug7/archives/2327488.html

2017年11月 4日 (土)

志賀越え道の謎

先週末に図書館で「近畿を知る旅-歴史と風景」というナカニシヤ出版の結構マニアックな本を発見して読みました。



近畿2府4県の歴史と地理に係わる話題で各府県10ぐらいの記事が集められた本です。実はまだなじみが深い京都と滋賀の部分しかじっくり読んでいないのですが、どの記事も興味深い内容ばかりでした。歴史好き・地図好きの方にはお薦めの一冊というところです。



その中で、学生時代からなんとなく感じていた疑問と、今年のGWに偶然歩いた滋賀県側の旧志賀越え道が繫がるという、なかなか楽しい経験をしたので書いておきます。



志賀越え道というのは、京都と大津を結ぶ、現在では「山中越え」と呼ばれる道のことです。学生の頃はバイクや車で何度となく走り回った道で、当時は昼間はバイク、夜は自動車の走り屋が集うような場所でもありました。



私がそこで何で走っていたかどうかは、取り敢えず横に置いておいて、当時この志賀越え道は今出川から分岐しているものだと思っていました。



そしてそれとは関係なく、京都大学の本部と教養部の間にある東一条の交差点(吉田神社に向かう交差点である)が、なぜか4つ角ではなく、通りは基本南北と東西の京都にしては珍しく5つ角になっており、鴨川の荒神橋辺りからこの東一条まで斜めに通っている道路があることを、なぜここに斜めの道があるのか?と疑問に思っていたのでした。



そこで、この地図を見て貰いたい。
_左下の荒神橋から斜めに東北東方向に進んでいるのがこの道路で、本部と教養部の間の東一条交差点に繫がっています。そして京大本部構内の先、今出川通りに向かって斜めの道が出ており、今出川を渡ってずっと志賀越え道へ続いているのです。



地図を見れば一目瞭然ではありますが、これらは大学ができる前(いや正確には、現在の本部構内に旧第三高等学校ができる前)に真っ直ぐな道が通っていたことが判るのです。



本によると、どうも江戸時代以前、戦国時代以前からずっと京へ至る街道として使われていたようで、きっと織田信長や明智光秀も通ったようなのです。



ちなみにこの京大本部から、今出川に至る短い区間のところに、私が学生の頃には、超大盛りで有名なカレー屋があって、おなかが空いた昼には中ジャンボやジャンボのご飯盛りでカレーを頂いたものでした。(^_^)。



そしてこの道が今出川と交差する部分には、大きなお地蔵さまがおられ、偉く立派であることから、待ち合わせなどする場所として使われたりしていました。



このお地蔵さまも江戸時代には志賀越えをする旅人を守るお地蔵さまだったのです。



志賀越え道は、ここから今出川通りを渡り、ななめに白川通りを横切り続いていく訳ですが、丁度現在の比叡山ドライブウェイの料金所辺りが峠となり、滋賀県方面へと下っていく。現在の志賀越え道は、ここから急カーブが続く道を懐かしの馬の背あたりを通って皇子山競技場の近くまで下りて行ってR161と合流します。



これに対して、昔の志賀越え道というのが、GWに比叡山へ上った時に京阪坂本石山線の志賀里駅から歩いて上がった道なのでした。



その道の山道に掛かるところに、先程の今出川通り横と同じような大きな石仏、志賀大仏があったのです。



Photo


<志賀大仏(志賀里、大津市)>



そう思ってみると、この大仏の雰囲気、にこやかな顔が今出川沿いの地蔵さまと似ているような気がします。ひょっとして同じ作者なのかも?と妄想は拡がります。



この大仏の近くには神社や古墳の跡などもあり、あまり有名ではないけれども、道の歴史を感じさせるものが沢山ありました。そして、志賀里は坂本まですぐ、すくなくとも坂本城主だった明智光秀は上洛時に使ったに違いありません。



よく通っていた道の歴史の一部を改めて認識した読書でした。

より以前の記事一覧

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ