日記・コラム・つぶやき

2021年8月29日 (日)

ヒラタクワガタ

お盆も過ぎて、もうすぐ学校の夏休みも終わりの時期です。
そろそろ宿題に追われている子もいるのかも。

 

ゲンジ採りのシーズンも終わりに近づいていますが、先日、いつもの昼休みの散歩で今年初めてのヒラタクワガタと出会いました。

 

かなりボケてますが、写真です。

 

Hirata_210823

小さめでコクワガタかと見間違いますが、角の形からヒラタクワガタと判ります。

 

実家では、なぜかヒラタクワガタのことを”オバ”と呼んでましたね。

ちなみに、コクワガタは”ヘイケ”、ノコギリクワガタは”カジワラ”でした。

 

お盆を過ぎると、コクワガタとかヒラタクワガタとか越冬するクワガタがメインに戻ってきますね。カナブンやカブトムシ、ノコギリクワガタはいなくなってきました。

 

2021年8月13日 (金)

ミヤマクワガタとの再会(メスだけど、、、)

8月も中旬となり、そろそろゲンジ採りの季節も終わりですが、その後の昼休みのゲンジ撮り(写真を撮るだけだから、、、)です。

 

雨が降ってなければ昼休みの散歩でめぼしい木のチェック続けています。7月中は大抵1~2匹/日ぐらいは発見できていました。

前回の写真以降でもノコギリクワガタはオス3匹、メス3匹、コクワガタはオス4匹、メス3匹、カブトムシメス3匹など確認しています。

カナブンは毎日10匹ぐらいいるので数えられません。

 

カブトムシ、例年オスとメス同数ぐらいは出会えるのですが、今年はメスばかりでした。

 

Bozu2

<ボウズ(カブトムシ_メス)>

こいつはデカかった。赤みがかった色、オスの大きな個体は真っ赤なヤツがいますが、それと通じるものがあります。メスも身体が大きくなると赤くなってくるのですね。足が短く見えますが、体が大きいので相対的に足が短く見えるようです。

 

Bozu1

<ボウズ(カブトムシ_メス)2>

こちらは小振りな個体、身体に対して足が長く見えます。すごく元気がよかった、カナブンのようにちょこちょこ動き回ってました。

Kokuwagata_2021_3

<今年5匹目ぐらいのコクワガタ・オス>

結構、大き目でした。

 

そんな中で、8月に入ってから発見したのがこちら、、、、。

Miyama_mesu1

<ミヤマクワガタ_メス>

 

メスの種別判定は結構難しいのですが、大き目の角(顎)つやのある黒々とした身体(羽根)、

ノコギリクワガタにも見えますが、これはひょっとしてミヤマクワガタか!?

 

Miyama_mesu2

<ミヤマクワガタ_メス>

ぼけてますが別の写真です。角っぽいお尻辺りの形状、決定的なのが足の付け根の部分が写真のように黄土色っぽいところ、これはお久しぶりのミヤマクワガタに間違いありません。

 

7~8年振りでしょうか?特徴的な角と頭の形のオスじゃなくて残念ですが、ミヤマクワガタです。嬉しい。

 

ノコギリクワガタとミヤマクワガタのメスの見分け方、ちょっとだけ難しいですが、こちらにも載っていました。

https://www.mushikichi.com/hpgen/HPB/entries/520.html

 

私がゲンジ取りに明け暮れた子供の頃は、夏休みに入る頃から夏休み中ずっとミヤマクワガタばかり採れてまして完全に雑魚でした。

しかし、今世紀に入ったぐらいからか実家周辺やこの滋賀県南部地方周辺では数が減っていて、かなり珍しい存在になっているようです。

山深い田舎の比較的標高のあるところとかには居るようです。

 

その昔、小学生の頃、山にゲンジ取りに入って一杯の獲物を虫かごやビニール袋に入れて歩いていると、業者っぽい大人が寄ってきて、ミヤマクワガタやヒラタクワガタの大きい個体を見つけると、売ってくれと声を掛けてくるのがいました。

僕らは絶対売らなかったし、それらが採れる場所も教えませんでしたが、、、ミヤマクワガタの超大型(よく図鑑に書いてあるサイズの上限付近や上限越え)のやつとか、千円でどうや?とか言われたのを憶えています。

ヒラタクワガタもオオクワガタ並みの大きなヤツが年に1匹ぐらいは採れてましたね。

ゲンジ取りしているとその頃のことよく思い出します。

 

 

2021年7月13日 (火)

大谷翔平がMLBのオールスターCMに!

MLBに移った初年の3年前からですが、午前中のWebチェックはAngelsの試合結果を追って大谷選手の活躍を見ることになってます。

 

今年は開幕当初から好調を持続しており、怪我も少ないので素晴らしい成績を上げてますね。
日々チェックが楽しみです。

 

今回、オールスターへのファン投票でDHとしての選出だけでなく、投手としても選出されました。オールスターでも二刀流が見られるかと思うと期待が高まります。

 

そんな中、MLBがオールスター戦のCMとして、大谷選手を起用しています。
それが、こちら、、、。

 

 

*フレームから上手く再生できないようなので、リンクも貼っときます。

https://www.mlb.com/video/it-s-sho-time

 

いやぁ~、いいですね。ホント、MLBの唯一無二の存在になりつつあると感じてます。

 

明日のホームランダービーのCMもアップされてます。

当然こちらにも出演してます。Hi。

 

https://www.mlb.com/video/get-ready-for-the-home-run-derby-x9776

 

どんな結果を残してくれるのか?期待してます。
あと、怪我だけはしてくれるなよ~!というのがファンの気持ちだと思います。

 

2021年7月 1日 (木)

ノコギリクワガタも来た。

クワガタの話題ばっかりですが、、、

 

夏至に至って、ノコギリクワガタも来ました。

Nokogiri20211

まずまずの大きさです。

Nokogiri20212

こちらは別の日にいたのですが、ノコギリクワガタのメスです(多分)。

 

Kanabun2021_suzunari

そして、カナブン鈴なり。10匹ほど来てました。

 

毎日の昼休みの散歩で数本の木をチェックしていますが、大抵1~2匹のクワガタを発見できます。

 

そろそろ7月に入れば、カブトムシも出てきますかね?。

2021年6月19日 (土)

カナブンも来た。

昨日(6/17)の昼休み散歩の写真です。

 

Dscn7835

いつもの木には、今年初めてのカナブンが来てました。

 

Dscn7841

こちらは、先日、蝶々が止まって蜜を吸っていた木。

公園の周回通路の横に植わっている木ですが、初めてクワガタがいました。

結構大き目の立派なオスのコクワガタです。

 

Dscn7843

これもまた別の木ですが、小さいメスのコクワガタいました。

 

小学生の頃の勘(感)を取り戻してきたというか、、、

どの木にクワガタが来そうか、匂いとか、洞の形とか、日当たりとかでなんとなく判るようになってきたかも?

 

 

2021年6月15日 (火)

相変わらずの昼休みの散歩で。

雨が降ってなければ、ほぼ毎日昼休みに会社の周辺を30分ほど散歩しています。

 

最近は、クワガタスポットのチェックが日課です。

Kokuwagata_2021_2

この日も、先日よりは小さめですが、、「コクワガタ」くんと会いました。

 

Choucho_1

近くの別の木ですが、こんなちょうちょも密を吸いに来てます。

ここはチェックしといたら、いつかクワガタが来てるかも?と思って見てます。

 

自然が一杯で大阪市内の会社勤めでは、こういうことはなかったですね。

2021年6月 3日 (木)

オオキンケイギグ

Ookinkeigiku_210601

昨日の写真の黄色い花、画像検索して調べたところ、「オオキンケイギク」という花でした。

 

オオキンケイギク(大金鶏菊、学名:Coreopsis lanceolata)はキク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。北アメリカ原産の宿根草で、日本ではドライフラワーに利用されていたが、外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている。

 

Wikipediaのページはこちら、、

https://ja.wikipedia.org/wiki/オオキンケイギク

 

特定外来生物に指定されているらしいです。そんなに嫌わなくてもよさそうなのにね。

2021年6月 2日 (水)

今年初のクワガタ

昨日(6/1)の昼休みの散歩で、今年初めてのクワガタを見つけました。

 

Kokuwagata_2021

<今年初めてのクワガタ、”コクワガタ”>

結構大き目の個体でした。おしり辺りに傷があります。この時期は冬眠から覚めて出てきた奴らですね。

今日はもう一匹オス(小さい目)の奴もおりました。

 

毎年のように、昼休みの散歩道沿いのスポットをチェックしていると、5月最終週ぐらいに最初のクワガタを見つけることができます。

 

自然は毎年スケジュールを正確にこなしているようです。

 

Kiiroihana_210601

<道路横の黄色い花>

道路横(歩道の横)の子の黄色い花は何なんでしょうか?

 

今年度の健康診断の結果も受け取り、健康のため昼休み雨が降ってないときは、ほぼ毎日30分ぐらい散歩しています。

2021年5月31日 (月)

高速CWが聴き取れるメリットとは?

このブログでは、もう15年以上もCW Freak、Morse Runner、RuFzXPなどを扱って、高速CWが聴き取れるようになるトレーニングとか自分の記録の変遷とかについて書いています。

 

そんな中、アマチュア無線のCW(電信、モールス信号による通信)を楽しむのに、50WPM(=250字/分)以上の高速CWなんて聴き取れたって、実際の交信で使わへんやないか!!と思われる人も多いのではないかと思います。

 

実際のコンテストQSOは20WPM~25WPMぐらいのスピードが多いし、早くても30WPMぐらい、DX Contestでも30WPM越えのCWが聞こえて来ることはほとんどありません。極たま~に、35~40WPMで取りにくいシグナルがない訳ではありませんが、、、。

 

DXペディションのパイルアップでも、速度はそんなものでしょう。

 

そうだとすると、50WPMを越えて、60WPM(=300字/分)、70WPM(=350字/分)を聴き取るというのは、ゲームとしてだけの楽しみなのでしょうか?

 

世界ランキングのゲームとして楽しみがあるということは事実ですが、私は実際のオンエアでの交信でも、高速CWが聴き取れるということは非常に役に立っていると思っています。

 

50WPM以上の高速CWが聴き取れる、そのメリットは以下の3つでしょうか。

 

通常使われる速度の倍以上が聴き取れると、通常速度では余裕が持てることから、、、。

 

1)交信している時に、比較的余裕があり、周りの人と会話したりすることができる(場合がある)。

2)コンテストランニング時など、余裕があるので食事やマルチチェックしたり、他の周波数のワッチがながらでやり易い。

3)倍以上の速度でも聴き取れる速度だと、パイルアップになった時、一度に2局以上のコールサインを聴き取れる場合がある。

 

3)については、ピッタリ周波数合わされてパイルで重なってしまうと、もちろんダメですが、、、(どうして最近は呼ぶときゼロビートで呼んでくる局が多いのか、ちょこっとズラして呼んでほしい、、)、ズレていれば30WPMぐらいで呼ばれれば2局同時に取れることも結構あります。

ただし、これは頭の中では、マルチタスク(同時に理解)している訳ではなく、あくまで疑似マルチタスク(2つのコールをそれぞれ時間分けて理解)しているように思います。これをするためには、30WPMなら60WPM以上聴き取れるスピードがないと多分無理です。

時間ズレて呼んできたものを2局取るのとは違って、被ったタイミングで呼んでいる2局を取る時の話ですよ。

 

以上の3つに加えて、ちょっと話が異なりますが、QSBが多い弱いシグナルの時に、ワザと速い速度にしてQSBの山でとって貰えるようにするなどのテクニックもありますね。

相手がCW上手い場合に阿吽(あうん)の呼吸というか、そういうことをお互いにすることがあります。

 

最後のメリットはともかく、1)~3)については、30WPMぐらいを、ながらでも余裕でコピーできてしまう状態になればできるのですが、そのためには倍以上の速度がコピーできることが必要なようです。

 

ということで、実際の交信、たぶんペディションでパイルを裁くにも、コンテストで沢山交信するためにも、ある程度の速度以上でラグチューするためにも、高速CWをコピーする練習は必要だと言えると思います。

 

もちろん、メリットの第一は、、

 

0)コンテストで必ず一発でコールサインおよびコンテストナンバーを取って、交信局数を積み上げる。

ですけどね、、、。

 

Jf3kqa2_6mssb_contesting

<めずらしく6mSSBでコンテスト中の当局、20年程前だけど>

 

 

 

2021年4月 7日 (水)

JARL QRP CLUBのメンバーになってます。

もう一年ぐらい前からですが、JARL QRP CLUBのメンバーになってます。

 

会費無料になっているということで、開局当初から40年もずっと気になっていたCLUBに昨年入会させて頂きました。

会員ナンバーは、#1210です。

Qrpclub_logo_large1

思えば開局当時は、RJX601単体のMAX3W出力、50MHzのAM/FMのみでした。

最初の1年間は途中で電信級の免許を取り、RJX601改でCWもプラスしました。

そして、その組み合わせで1年間に800QSOぐらいしています(全部50MHz)。

今の出力区分で言えば、全てQRPですね。

 

当時は、「1W未満じゃないとQRPじゃないよね。」という意識でして、自作のAMトランシーバー(0.4W出力)で出ているときのみQRPのつもりで出ていました。

 

その後もそんなにパワーを出していた訳でなく、2アマ、1アマを取っても50Wまでの運用が中心でした。

 

時折、HFや6mでコンディションが良くて、他にあまり呼んない時にDX局をQRPで呼んで遊んだりしたことがあります。

 

FT-690単体とかで、ハワイや南米、オーストラリア、韓国、ほかも結構できています。アフリカ西海岸リベリアのEL2FYがCWで空振りCQ出していた時に呼んだら返ってきたこともありました。6mの南東向けLong Pathですよ、いやホンマの話。

 

最近というか、2000年以降のここ20年ぐらい、Homeからの運用よりQRPの山などからの運用の方が機会が多く、

FT-817ND単体での運用ばかりなので、私がQRPerだと言っても誰からも文句言われないだろうなと思います。

 

HFでSOTAや国内コンテストとか出ているとQRPでもいくらでもできるので、国内コンテストはもう全員QRP限定にすれば良いのにとかたまに思います。

 

3月にJARL QRP CLUBから年一度の紙会報を送って頂きました。Webで見るPDFの会報だけでもよかったのですが、今回初めてなので、紙会報も送って貰いました。

印刷された会報を手に取って見ると、やはりPDFでパソコン画面で見るより自作感というか、臨場感というかがグレードアップするような気がしました。

クラブの担当者の方々、どうもありがとうございます。

 

これからも伝統あるQRP CLUBの一員として、QRPで出る機会が多いと思いますので、また弱いのが呼んできた!とか疲れないでお付き合いよろしくお願い致します。

 

より以前の記事一覧

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31