モブログ

2022年11月 1日 (火)

10月末の紅葉と静岡乗り換え

 今日から11月となりました。
昨日10月31日の街路樹の様子は、、こんな感じでした。

Img_20221031_125655

もうかなり赤くなってます!

 

先週後半はいつもの静岡方面への出張、夜に新幹線静岡乗り換えで三島まで行きました。

Img_20221027_204533_2

<夜の静岡駅新幹線ホーム>

 

Img_20221027_203939_1

<静岡は世界のタミヤ(田宮)の御膝元です>

 

Img_20221027_191356

 

 

<弁当はこちらでした>

 

翌日は期待していたのですが、曇り空で富士山はあまり見えませんでした。

 

今週も行くので、秋晴れとならないか期待しています。

2022年10月 5日 (水)

もう秋、来年また会おう。

今日の昼休みの散歩。

Oct3

街路樹も、マダラではありますが結構色づいてきました。もう秋ですね。

 

ひのきが丘公園でのいつものクワガタチェックですが、今日もいました。

Photo_20221005205801

大きいコクワガタです。ツノや身体にもキズなどなく立派な個体です。

眠そうなところを起こしてしまいました。

 

もう10月に入ったので、今シーズンは今日までにしようかなと思っています。

また来年会おうと別れて来ました。

 

 

2022年9月 7日 (水)

はやくも紅葉?

朝、職場近くの街路樹を見ると、早くも若干紅葉が始まっていました。

Photo_20220907210501

こんな感じ。

 

ここの街路樹は、丘の上ということもあるけど、例年紅葉するのはかなり早いです。

大体10月中には全体に真っ赤になってます。

 

昔は知る人ぞ知るというぐらいで、あまり知られてなかったけど、最近はInstaで上げられたりして結構有名になって来ているようです。

 

Img_20220824_131758_20220907211301

ひのきが丘公園では、白いユリ、シンテッポウユリっていうやつか??
が沢山咲いています。

 

 

 

 

 

2022年4月19日 (火)

桜の後は、紫の時

今年の桜は、4月第1週が見頃でした。最近にしては遅めでしたね。

桜が終わると紫の時がやってきます。

Sumire22_1

<道端に力強く咲くスミレ>

Sumire22_2

<群生しています、スミレ>

 

Fuji22_1

<そして、この季節、紫と言えば、藤ですね。>

 

Fuji22_2

<近所の公園の藤棚です。>

 

このところCMが忙しくて疲れ気味ですが、青空とこの季節に順番に咲く花々に癒されています。

2022年3月22日 (火)

大学研究室時代の恩師、最終講義

京大の4回生、大学院修士の3年間、直接ご指導頂いたBO先生(当時は助手)の北大で退官のため最終講義が先週金曜日にありました。

 

Bo_last_lecture20220318

<頂いたオンライン最終講義の案内>

 

研究室で御一緒させてもらったのはもう30年以上前の話ですが、今のご時世的にもオンラインで参加できるとのご案内を頂き、北大の関係者と共に参加させて頂きました。

昔と変わらない話ぶりで楽しく聴講できました。

私たちは先生にとっては、文部教官になって、ほぼ始めの研究室配属4回生だったのではないかと思います。

私自身、当時は先生の細かい御指導で実験データの扱いとか、いろいろ教わったと今でも感謝しています。

息子が現在、北海道大学の大学院学生というのも、この縁がどこか引き寄せたものがあったのかもしれません。

2022年3月15日 (火)

CW Freak.NET Monthly スコア更新

CW Freakですが、相変わらずぼちぼちやってます。

 

先程、今月(Mar.)の記録をアップ、少し上に移動しました。

現在の今月ベスト10です。

No. Call Score WPM Entry Datetime(UTC) NEW Entry
1 DF7NX 163218 63 2022/03/09 16:45  
2 DJ9AO 152025 64 2022/03/01 17:23  
3 NI0C 149993 60 2022/03/12 02:57  
4 JF3KQA 146533 63 2022/03/15 11:08  
5 SV7KBS 140774 59 2022/03/03 22:10  
6 7K2PAR 128254 57 2022/03/07 13:23  
7 YU7BW 120880 55 2022/03/11 21:32  
8 JO1RUQ 111384 52 2022/03/05 21:38  
9 JA29315 108695 56 2022/03/12 11:09  
10 DL3TC 106475 50 2022/03/02 07:44  


63wpmまでコピーできた割には点数低かった、、、。


週末から結構暖かい日が続いてますね。今日の散歩では、咲いていないと昨日書いたヒメオドリコソウが咲いているのを見つけました。


もう春かな?




 

2022年2月28日 (月)

ちょこっと梅見

先日、清凉寺(嵯峨釈迦堂)を通って、ちょこっと梅見して来ました。

当日は、まだもう一息というところでしたが、今日あたりは暖かかったのでさらに開花しているでしょう。

Img_20220223_082508 Img_20220223_082532 Img_20220223_082600 Img_20220223_082635

もう春でしょうか?

2021年11月 8日 (月)

街路樹の紅葉(滋賀県甲賀市ひのきが丘)

毎年、このシーズンになると写真載せてますが、某弊社前の街路樹が10月末頃から色付いています。

もうそろそろ見頃ですよ。

Dsc_0041

と思っていたら、昨日・今日の強風で、早めに全開紅葉だった木は結構散ってしまいました。

Dsc_0017

まだまだマイナーですが、ここ数年はInstaにも投稿される例も増えてきています。

2021年8月29日 (日)

ヒラタクワガタ

お盆も過ぎて、もうすぐ学校の夏休みも終わりの時期です。
そろそろ宿題に追われている子もいるのかも。

 

ゲンジ採りのシーズンも終わりに近づいていますが、先日、いつもの昼休みの散歩で今年初めてのヒラタクワガタと出会いました。

 

かなりボケてますが、写真です。

 

Hirata_210823

小さめでコクワガタかと見間違いますが、角の形からヒラタクワガタと判ります。

 

実家では、なぜかヒラタクワガタのことを”オバ”と呼んでましたね。

ちなみに、コクワガタは”ヘイケ”、ノコギリクワガタは”カジワラ”でした。

 

お盆を過ぎると、コクワガタとかヒラタクワガタとか越冬するクワガタがメインに戻ってきますね。カナブンやカブトムシ、ノコギリクワガタはいなくなってきました。

 

2021年8月13日 (金)

ミヤマクワガタとの再会(メスだけど、、、)

8月も中旬となり、そろそろゲンジ採りの季節も終わりですが、その後の昼休みのゲンジ撮り(写真を撮るだけだから、、、)です。

 

雨が降ってなければ昼休みの散歩でめぼしい木のチェック続けています。7月中は大抵1~2匹/日ぐらいは発見できていました。

前回の写真以降でもノコギリクワガタはオス3匹、メス3匹、コクワガタはオス4匹、メス3匹、カブトムシメス3匹など確認しています。

カナブンは毎日10匹ぐらいいるので数えられません。

 

カブトムシ、例年オスとメス同数ぐらいは出会えるのですが、今年はメスばかりでした。

 

Bozu2

<ボウズ(カブトムシ_メス)>

こいつはデカかった。赤みがかった色、オスの大きな個体は真っ赤なヤツがいますが、それと通じるものがあります。メスも身体が大きくなると赤くなってくるのですね。足が短く見えますが、体が大きいので相対的に足が短く見えるようです。

 

Bozu1

<ボウズ(カブトムシ_メス)2>

こちらは小振りな個体、身体に対して足が長く見えます。すごく元気がよかった、カナブンのようにちょこちょこ動き回ってました。

Kokuwagata_2021_3

<今年5匹目ぐらいのコクワガタ・オス>

結構、大き目でした。

 

そんな中で、8月に入ってから発見したのがこちら、、、、。

Miyama_mesu1

<ミヤマクワガタ_メス>

 

メスの種別判定は結構難しいのですが、大き目の角(顎)つやのある黒々とした身体(羽根)、

ノコギリクワガタにも見えますが、これはひょっとしてミヤマクワガタか!?

 

Miyama_mesu2

<ミヤマクワガタ_メス>

ぼけてますが別の写真です。角っぽいお尻辺りの形状、決定的なのが足の付け根の部分が写真のように黄土色っぽいところ、これはお久しぶりのミヤマクワガタに間違いありません。

 

7~8年振りでしょうか?特徴的な角と頭の形のオスじゃなくて残念ですが、ミヤマクワガタです。嬉しい。

 

ノコギリクワガタとミヤマクワガタのメスの見分け方、ちょっとだけ難しいですが、こちらにも載っていました。

https://www.mushikichi.com/hpgen/HPB/entries/520.html

 

私がゲンジ取りに明け暮れた子供の頃は、夏休みに入る頃から夏休み中ずっとミヤマクワガタばかり採れてまして完全に雑魚でした。

しかし、今世紀に入ったぐらいからか実家周辺やこの滋賀県南部地方周辺では数が減っていて、かなり珍しい存在になっているようです。

山深い田舎の比較的標高のあるところとかには居るようです。

 

その昔、小学生の頃、山にゲンジ取りに入って一杯の獲物を虫かごやビニール袋に入れて歩いていると、業者っぽい大人が寄ってきて、ミヤマクワガタやヒラタクワガタの大きい個体を見つけると、売ってくれと声を掛けてくるのがいました。

僕らは絶対売らなかったし、それらが採れる場所も教えませんでしたが、、、ミヤマクワガタの超大型(よく図鑑に書いてあるサイズの上限付近や上限越え)のやつとか、千円でどうや?とか言われたのを憶えています。

ヒラタクワガタもオオクワガタ並みの大きなヤツが年に1匹ぐらいは採れてましたね。

ゲンジ取りしているとその頃のことよく思い出します。

 

 

より以前の記事一覧

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30