アマチュア無線

2022年11月29日 (火)

サイクル21 1981年の50MHz WAC

これまでの無線生活で最も輝いた瞬間?かもしれない、これはやった!と打ち震えたのは、
Solar Cycle 21の50MHz WACを完成させたことでした。

 

WACというのは、”Worked All Continents”で6大陸のアマチュアと交信してQSLカードを得れば貰えるアワードです。
HF(短波)帯ではコンテスト中ならOne Day WACも簡単ですが、通常見通ししか飛ばないVHF(超短波)帯である50MHz(6m)で達成するのは非常に難しいのです。

 

1976年に中学1年生で開局した私は、上り調子のCycle21の波に乗って5年掛りでWACを完成させました。

Img_20220611_142002_1

*”50Mc WAC"のステッカーが自慢の私の50MHz WAC、1981年6月の発行です。

Cycle19の頃から特記が始まりましたが、その頃作られた50Mc WACのステッカーが残っていたタイミングで発行されたもので、このしばらく後には”50MHz WAC"のステッカーに変わりました。50Mcはまだ発行数が少なかった頃の証なのです。

 

たぶん申請に使ったと思われる6大陸からのQSLを紹介します。

 

ASIA: HM2GS  Korea

Img_20221115_192953

76年11月、中学1年の時に開局しました。RJX601+ベランダの4エレ八木でした。

翌77年の5月に私の1st DXとして交信出来たのが、こちらの51MHz FMでの韓国、

HM2GS ”Yangさん” でした。3W運用でしたが、相手は1.8W、今なら2way QRPですね。

結構なパイルアップの中、思いがけずにコールバックがあり、興奮して何をしゃべったのか

あまり覚えてませんが、聞いていたローカル局によると英語で話していたようですが、

相手は日本語で話してくれていたようです(笑)。

 

Oceania: VK4JH Australia

Img_20221115_193250

次の年78年になるとCycle21のコンディションも徐々に上向いてきてTEPのオープニング時間も長く強力になってきていました。

このころにはTS520V+TransverterでSSB, CWにもQRVするようになっています。

1st VKではなかったのですが、4月前半ですがQueensland TownsvilleのVK4JH ”Joeさん”と交信しました。

Joeさんとはその後、何十回も交信しました。

オセアニア方面はロケの良い方角であり、DX PediなどでQRVするところは、その後順番にQSOすることができています。

50MHzは手回しのSwiss Quad、52MHzは4エレ八木と使い分けていました。50.1MHzと52.0MHzにそれぞれ調整していたので以外に良かったかもしれません、、、Hi。

また、同じ78年の11月には、このSwiss QuadでHawaiiのKH6IJ "Noseさん”とも交信できました。

 

South America: LU3EX Argentina

Img_20221115_192618

翌年79年は、黒点数もうなぎ登りでエライコンディションになってきました。

3月6日に1st南米として交信出来たのは、このLU3EX ”Alfredさん”です。

地球の裏から599で入感するLUやPYはにはびっくりしました。

ちなみにこの時はまだ中学3年でして、高校入試の前に交信しています。

この時、アンテナは屋根の上のルーフタワーに7エレ八木を上げました。

やっとローテーターも付いて人並の設備になったと言えるかもしれません。

 

North America: W0VB United States

Img_20221115_193044

高校生になりリグも最新流行のFT625Dを購入、79年の秋は9月後半から南米がガンガン入ってました。

そして10月末頃から夢のような北米のオープンが続きました。

ほとんどが西海岸でしたが、コンディションがいい時には中西部から東海岸まで開けることもあったようです。

1st北米は、10月に交信したアリューシャン列島のWA4TNV/KL7でした。その後11月に入ってW6, W7と交信できました。

ここではCycle21唯一のW0の局、W0VB ”Terryさん”のQSLを貼って置きます。

北米方面はロケが悪く、すぐ山があるので最悪に近い状態ですが、

Wはやはり相手も数が多く、50.050ぐらいのCW帯から50.400ぐらいまでずらっとW/VEが並ぶ状態になっており、

呼び続けてなんとか交信できるというのを積み重ねていました。

79年に始まり、高校生時代の80年、81年の秋はNA祭り状態が続きました。

 

Africa: EL2FY Liberia

Img_20221115_192830

WACへの残りはアフリカとヨーロッパですが、この2つは簡単にできそうもありませんでした。

6mでは当時ヨーロッパは免許されずに出ている局がごく一部に限られていました。

南米はガンガンに入ってもアフリカは聞こえません。VQ9やZSに局が居て可能性あると

言われていましたがオープンもなかなかなかったようです。

そんな中80年の秋にロングパスで入感したのが、こちらのリベリアELでした。

ラッキーなことに自宅からのロケが良い真東から真南の90度方向、南東からの入感がメインとなったのです。

1st Africaは、リベリアのEL2FY ”JA1XAF斉藤さん”です。

実は、この1stアフリカのEL2FYとの交信のあと、もう一つの周波数で別のEL2局が出ていてパイルになっておりました。

その時、私は次はEUや!と心の中で叫び、この局は呼ばずに、上の方をワッチすると、ちょっとQRHのあるCWでZD8TCという聞きなれないコールの局が入っていました。

これはひょとしてヨーロッパ??(ZB2がヨーロッパから出ていると知っていたので、Zで始まるこの局もEUかと、その時は思ったのです)と思って半信半疑コールするとすぐ返ってきてEL2FYとの交信から7分後にZD8TC Ascension I.の”Tedさん”とも交信できてしまいました。

交信後すぐに調べてアフリカ大西洋の島ということは判りました。これは当時スーパーDXな1局でした。

なんとラッキーな1日でしょう!それにも飽き足らずひょっとしたらEUまで伝搬が伸びてZB2が呼んでくるかも?とCQ出したりしたような記憶もあります。

 

Europe: ZB2BL Zibraltar

Img_20221115_192642

そして最後はヨーロッパとなったのですが、81年春には連日ロングパスで入感したのですが、当時EUでほぼ唯一の局ということもあり、パイルアップが半端ない、出てくる周波数も決まっているのでなかなか取って貰えません。

やっと交信出来たのがこの3月16日(日本時間は3月17日)でした。

1st EUは、ZB2BL Zibraltarの”Jimmyさん”です。

ちなみに、この時高校2年生でした。

*その後40年経って、最近Facebookで友達になりました、、、。

 

ZB2BLのQSLをゲットしてからすぐに50MHz WACを申請、冒頭のアワードを得ることができました。

 

以上が、私の6m WACへの道のりの思い出でした。

 

Cycle21では、この後も夜の南西方面からのLPのカリブ海オープンもありました。

交信はできませんでしたが、目の前山の悪いロケーションでもKP4などのシグナルを聞くことができました。

 

この後のCycle22やCycle23もコンディションは良かったのですが、やはりCycle21は過去最高の6mコンディションだったと思います。

2022年10月 4日 (火)

ALL滋賀コンテスト結果、県内シングルオペマルチバンド電信電話で優勝!

ALL滋賀コンテストの結果が発表になりました。

 

ここに書いたように、当日はQRP+ワイヤーアンテナ+ホイップアンテナでQRVし、7バンドで交信しました。

シングルオペQRPにログを出すか、QSOした全てを含むシングルオペマルチバンド電信電話にログを出すか迷っていましたが、書いていたようにマルチバンドの方にログを出していました。

そして結果ですが、

https://www.jarl.com/shiga/shiga_con_26th_result.html

こちらに掲載されています。

 

そう、なんと県内シングルオペマルチバンド電信電話で優勝してしまいました。

部門 入賞 CALL 得点
シングルオペマルチバンド 電信 CM 優勝 JF6TWP/3 5,922
  JA3OLI 1,950
電信電話 FM 優勝 JF3KQA/3 6,240
  JH3AAO 2,720
  JR3VMJ 1,335

まあ、1位/3局 ではありますが、QRPでというのはなかなかないのでは?と思っています。

ちなみに、CMに出していたら、わずかですがTWPさんのスコアには足りませんでした。

 

迷っていたQRPで出していたら、そちらでも優勝でしたね。

 

ただC7(7MHz電信シングルバンド)やCMSA(スプリントA電信)にスコアで負けてます、、、(笑)。

 

兎に角、QRPで頑張って苦しいなかRunした甲斐がありました。

 

また、県外局を見てみるとシングルオペマルチバンド電信電話の優勝は、なんと20万点オーバーのPLFさんです。

以前も書きましたが実はPLFさんは私の高校の先輩でして、県内・県外の両方のシングルオペマルチバンド電信電話という普通なら最難関?部門で優勝となってしまいました。実はちょっと狙ってたんです、、、ホンマ。

 

弱い電波を拾って頂いた各局、交信ありがとうございました。

 

来年は、またQRPでマルチバンド電信ぐらいを狙いましょうか。HI。

 

 

 

 

2022年8月14日 (日)

ALL滋賀コンテスト2022参加

今年も海の日(7/18、祝日)に開催されたALL滋賀コンテストに参加しました。

 

昨年は25回の記念大会だったため、参加賞も用意されたことで県内県外とも例年にない多数の参加局がありましたが、今年はまた平常通りに戻ったようでした。

 

あまり時間もなかったことから、例年通りのQRP参加で高いところへも移動できず平地のいつもの公園から運用しました。

 

釣り竿で7MHzと14MHzの2線式のダイポールを5mぐらいの高さに上げました。

Img_20220718_154519_1s

<アンテナ展開の様子>いつもこんなもんです。

Allshiga2022rigs

<FT-817NDの5W運用です>

上面キズが増えてきて、ちょっとくたびれてきた感じ。

 

このコンテストは午前の10~12時と午後の13~15時の系4時間なので、手持ちのPDバッテリーを使えば、CQ連呼で出し続けても5Wフルパワー運用可能な時間です。

 

9時ごろにはアンテナを貼って、いろんなバンドの状況をチェック、ハイバンドは開けてはいるけど、1エリア方面はまだみたいなコンディションだったので、取り合えずスタートはやっぱり7MHzかなぁ?と思いながら、下の方のQRP周波数でCQ出してみると結構呼ばれました。これぐらいコンテスト中も呼んでくれるといいのに、、、と思いながら、0940ぐらになったので、周波数を確保のためコンテスト周波数にQSYしました。

 

と言うのもこのコンテスト、滋賀コンテストなのに県外局同士も得点になると言うルールのため、国内コンテスト常連局が列をなしてCQを出すため、県内局でもQRPの弱い波ではなかなかRunできないコンテストなのです。
ここを如何にRunするか、が毎回の課題です。Hi。

 

よさげな所をキープしてスタート、15分間で15局続きましたが、被って来たので14MHzへQSY、その後50MHzに行ったのですが、聞こえているのはSSBだけでCWでは1局だけでした。SSBは弱く入感している局からは応答が返ってこず結構厳しい。

その後、144MHzへ行って、あとは7MHzと14MHzで呼びまわって午前中は終了。

午後もQRPで県内局のCQに気付いてくれる局が少ないので、再度、7MHzでスタート前から低めの周波数を確保してQTH(JCC No.)を付けてCQ出したりして、13:00からスタート、8局から順次呼ばれて、また14MHz、21MHzへ移動近距離のシグナルは弱いが少しはできる状態でした。

あとは、28MHzで無理やり乗せて1QSO、430MHz FMでCQ出していた1局と交信して、その後は14MHzと7MHzでCQ出したり呼びまわったりして15:00終了となりました。

QSOレートは以下の通り、

All_2022_jf3kqa

今回は結局7バンドで交信したので、合計QSO数も68と結構行きました。

 

滋賀コンテスト結構ルールが難しくて、QRPはオールバンドではなく3バンドを選択する必要があります。

たぶんQRPの方が入賞する可能性高いなとは思ったのですが、今回は3バンド選ぶのが面倒だったので、大胆にも電信電話オールバンドにエントリーしておきました(笑)。

今は、7、14、50を選んでQRPにした方が良かったな、、、と実は後悔しています。

とにかく、今年もALL滋賀コンテストで一日遊ばせて頂きました。

弱い電波を拾って交信いただいた方々、ありがとうございました。

2022年7月 9日 (土)

CQ WW DX Contest CW 2021結果

4月にSSBの結果のことを書いて、5月になったらCWの結果も出ますね、、と書いていたのに記事にしてなかったですね。

 

SSBの方は、Single OP Asisted 7MHzでログ出していたので、目論見通り3エリア1位で入賞でした。

 

CWの方も設備は同じで50W+ワイヤーアンテナでいつものように昼間の10hぐらいのQRVでした。
SSBに較べてCWの方が当然弱小設備でも沢山交信できるので、今回は結構QSO数がありました。
そういったこともあって、入賞狙いでシングルバンドでログ出さずに、Single OP Assistedのオールバンドでログ出してました。

 

その結果、当然ですがエリア入賞もならずでした。まあ最近は入賞関係なくPDFのCertificateが貰えるので、入賞の価値は結果の表に太字で表示されるかどうか、になってます。

 

Cqww_2021_cw_certificate_jf3kqa

3エリア6位でした(9局中)。

1dayの昼間だけ10.6hのQRVだったので101局と交信数を3桁に乗せただけでも結構がんばった感がありました。

 

太陽活動が活発になっているので、今年はもっとできそうですね。

 

そういえば、IARU HF Championship始まってる?

 

2022年6月 3日 (金)

移動運用2001-2003のウェブページを追加

東京在住時の2001~2003年に掛けて、奥多摩方面を中心に山行・移動運用した記録として、昔のホームページに書いていた内容をウェブページとしてまとめて追加しました。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/idou2001-2003.html

 

JF3KQA/1 奥多摩移動ページの表からのリンクはまだできてません。

Img_0136

写真は、奥多摩、川苔山近くにある「百尋の滝」です。

 

こうやって見てみると、あの頃が懐かしく、奥多摩、奥秩父の山々にも、また上りたい気持ちになってきます。

 

お暇なときにでも、ご覧ください。

2022年4月21日 (木)

Morse Runner for JA Contest で5分間ALL JAやってみた。

今週末は、今シーズンJARLコンテスト1つ目のALL JAコンテストですね。

1.9MHzの電信・電話も可能なので、それを含めてのマルチバンドがどういう運用がいいのかとかおもしろそうです。

1.9MHzシングルバンドのCWとかも出てみたい気がします。

フルサイズロングワイヤー張るとかも、コンテストの一晩のみなら可能ですもんね。

まあ、今の情勢としては、今年は”ちょっとだけ”参加もできそうにありません。💦


そんなところで、1月末頃に既に見つけていたのですが、Morse Runnerを改造して

ALL JAコンテストをシミュレートしたソフト、Morse Runner for JA Contest

リリースされておりましたが、2月にさらにVer.1.68.2になっており、ALL JA にプラスしてACAGモードもできてました。

 

ダウンロードは下記からできます。

https://github.com/jr8ppg/MorseRunner/releases

 

JR8PPGさんによるものです。ありがとうございます。

 

5分間でやってみたので、Youtube動画にしました。

 

50WPM, Activity:5でやってます。15局/5分間できました。

 

ALL JAの雰囲気バリバリで、非常にいい感じでした。

 

気付いた点としては、以下の通り、、、

・受信周波数の可変が+方向だけしか動かない。

  元のMorse Runnerは、→キーで周波数動けるのですが、+側しか動かない

  ような気がする。

・移動局のコンテストナンバー(都府県支庁ナンバー)が、移動地になっておらず元のコールの場所のまま。

・時々動きがギクシャクする感じが残っている。

 

と、注文を書いて置きますが、気を悪くしないでください。十二分に楽しめました。

 

皆さんもALL JAの予行演習にやってみてはいかがですか?

2022年4月11日 (月)

CQ WW DX Contest SSB 2021結果

先週ぐらいに、CQ World Wide DX Contest SSBの結果がWeb公開されたようです。

https://cqww.com/index.htm

 

ちょこっとだけ参加することができた WW DX Test SSBですが、

最終的にはSingle OP Asisted Low Power 7MHz でLogを提出しておりました。

 

相変わらずの穴場狙いでしたが、結果はこちら、、、

Cqww_2021_ssb_certificate_jf3kqa

たったの275pointsでしたが、#1 JA3でした。

これでなんとか入賞達成です。 ついでに#2 Japanでした。

 

ちなみにCWの方は、もう少しだけ気合を入れて100QSOsできたので、入賞は狙わず、オールバンドでLog出してしまいました。

こちらの方は、あと2週間ぐらいしたら結果発表ですかね。

 

 

2022年3月31日 (木)

大都市コンテスト2022

東海QSOコンテストが終わると同時に、大都市コンテストが始まりました。

 

こちらの方は、Ctestwin+CWインタフェースでどこまでやれるかテストなので、スタートから上の方でしたが周波数を確保してランニングを目指しました。

設備はいつものIC726(50W)+InV 給電点10mhでした。

 

22daitoshi_graph

3hのコンテストなので、30分毎のQSO数推移となってます。

コンディションはまずまずで、CQ出して適当に呼ばれます。

1hぐらいRunして60局ほどやって、呼ぶ側にチェンジ、端から順番に呼んでも結構いいペースで交信できました。

その後、CQ出したり、呼び回ったりを繰り返し徐々にレートは下がって行きましたが、まだまだやり尽くすところまでは行ってないところで終了となりました。

このコンテストは、7MHzシングルバンドは電信部門ありませんので、SSBも聴きに行ったのですが、結局1局も交信なしで、終始CWのみの交信になりました。

結果(暫定)は、、、、

Band QSOs Pts Multi
7MHz 135 135 83
--------------------------
Total 135 135 83

Score : 135x83=11,205点

でした。

コンディションは安定していたので、JAの中央部の方が有利だったのかな?と思っていますが、結果はどうでしょうか?

例年のスコアだと、入賞かどうか?というところかとも思いますが、SSB出てないからちょっと厳しいかな。

 

Dscn1150

昨日ぐらいから、甲賀市でも桜(ソメイヨシノ)が咲き出しました。

春ですね!

 

 

 

2022年3月30日 (水)

CW Freak.NET Monthly スコアをアップデート

3月末になって、漸く暖かくなって来た気がします。

東京や大阪では、現在、桜がほぼ満開のようですが、職場のあるここ(滋賀県甲賀市)では、

今日ぐらいがやっと開花宣言といったところです。

 

昼休みの散歩で、いつものひのきが丘公園で確認しました。

その後、RufzXPで耳慣らしした後、CW Freakやったところ、今月のベストスコア出ました。

 

Cwfreak_mar222

21 Comboの後、3つ続けてBad出てしまいましたが、それでも175kポイントで、今年のベストスコアでした。

 

先程、スコアをアップすると、3月Monthlyで3位に入りました。

 

No. Call Score WPM Entry Datetime(UTC) NEW Entry
1 JR2XDK 407554 87 2022/03/20 10:54  
2 HB9DHG 193946 67 2022/03/29 11:07  
3 JF3KQA 175347 65 2022/03/30 11:29 NEW
4 DF7NX 166598 67 2022/03/27 14:19  
5 NI0C 162718 62 2022/03/18 22:08  
6 DJ9AO 152025 64 2022/03/01 17:23  
7 SV7KBS 146076 63 2022/03/22 19:50  
8 7K2PAR 128254 57 2022/03/07 13:23  
9 YU7BW 120880 55 2022/03/11 21:32  
10 JO1RUQ 111384 52 2022/03/05 21:38  

 

トップがJAでMax.87WPMになってました。JR2XDKって誰?と思ったら、SPSさんの別コールのようです。

 

87WPMは、どうやっても出せそうにないレベルです。

 

 











 

2022年3月28日 (月)

東海QSOコンテスト

3/21の東海QSOコンテストに参加しました。

 

前記事に書いたUSB CWインターフェィスとCtestwinの組合せ試験とアンテナの調子確認で、のんびり2エリア各局をコールしてまわりました。
参加は個人局電信電話7MHz部門です。

 

2エリアは、まずまず入ってはいますが、距離が近いところはシグナルがもう一息弱く、呼び負けることが多くてちょっとおかしいなと思ったらSWRが結構高くなっており、途中でアンテナを下ろしてチェック、ダイポールの片側エレメントが外れかけてました。

 

しっかり接続し直して、まともになりました。

 

22tokai_qso

1時間ごとの交信局数は上記の通り。途中11時台にアンテナ補修、12時台昼休憩です。

電信電話部門ですが、今回、交信はCWのみとなりました。

 

東海地方各局、交信頂きありがとうございました。

 

これで準備万端となって、このあと15:00~の大都市コンテストにも続いて参加しました。

そちらの状況は、別エントリーで書きます。

より以前の記事一覧

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30