2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

アマチュア無線

2018年5月 5日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ その6

かなり前の話となってしまいましたが、月間FBニュースのSOTA連載、4月15日公開の4月号にその6が出ています。

今回は、JF3KLH 横田さんの「SOTAは山でのお楽しみ」です。

http://www.fbnews.jp/201804/sota/index.html

KLHさんは、関西の山を中心にアクティブにSOTAアクティベートされており、HF~50MHz、~430MHzなどでよく運用されています。

当局は、昨年の三上山移動時に、KLHさんのホームグランドであるポンポン山移動されている時に50MHzでS2S交信頂きました。

横田さんは無線の方は、当局とほぼ同時期に開局されていますが、しばらくQRTされており1アマを取られてカムバックされたとのこと。社会人になられてからは山の方に随分と行かれていたようで経験豊富な様子です。

ところで、今回のFBニュースの記事の中で、野呂山にあるアマチュア無線局と仕事関係でお知り合いになられたというような記述がありました。

時期的にどちらが昔の話なのかわかりませんが、私の方も社会人になった後、91年~92年に東広島市の方に仕事関係で住んでました。その頃は50MHzの移動運用&DXingに嵌りまくっていた時期で、東広島から野呂山や灰が峰によく移動で行って運用していました。

野呂山には、その頃もタワーがたくさん上がっていたと思いますが、そちらの方々とは残念ながら知り合いにはなれませんでした。灰が峰の山頂では何人かの方と御一緒してお話しさせて頂き仲良くさせて頂いたことはありました。

その頃の50MHzでは、野呂山というよりは廿日市の山の方が有名で、当時アンテナは見に行きましたが、御本人とは会うタイミングはなかったです。

2018年3月18日 (日)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ その5

月間FBニュースのSOTA連載、3月15日公開の3月号にその5が出ています。

今回は、「あぶさん」ことJP1QEC 本橋さんSOTA移動運用とアンテナです。

http://www.fbnews.jp/201803/sota/index.html

感心するのは、毎週のように山歩き・移動運用されているアクティビティの高さとYouTubeのビデオですね。

私も投稿されるビデオをいつも楽しみに見ています。

https://www.youtube.com/user/abumoto1/videos

ビデオとしての完成度も高いです。YouTuberですね。

QECさんとは、SOTAのアクティベーションを始めてからTwitterとかで交流させていただいていますが、実はまだ交信できておらず、早くS2Sでの交信を実現させたいです。

2018年2月24日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ その4

月間FBニュースのSOTA連載、2月号にその4が出ています。

今回は、JM3HRCさんの私の運用スタイルです。

http://www.fbnews.jp/201802/sota/index.html

登山・山歩きが主のSOTAということで、当局のスタイルと似ています。いろいろ紹介されており、参考になります。

こうやって重量を示されると、FT-817の重量1kgというのが、ちょっと重いなと気になり出します。今のところ日帰りの楽なところしか行ってないので全然問題にならないのですが、その昔のようなテント泊で縦走みたいな山歩きになったら、少しでも軽くしたくなりますね。

今回の記事では、設営されたシャックと風景、SOTAにお薦めの山の紹介をされています。

山の写真がすばらしくきれいで、よく撮れています。
山歩きに行きたくなる記事でした。

みなさんも参考にされて下さい。

2018年1月23日 (火)

高校生の頃のシャック

リクエストも頂いた?ので、前回に続いて高校生の頃のシャックをご紹介します。

中学時代から変わったのは、憧れのFT625Dが増えたのと、やっとローテーターが付いたことですね。

FT625D は、確か高校入学祝いだったかと思います。かなり高価だったのですが買ってもらいました。

正面の額縁の中は、当時流行ったSMIRKの会員証ですね。メンバーになったのは、3エリアではかなり早く中学生の時でしたが、メンバー4局?と交信して米国に為替送金まで一人で頑張ってやりました。

あと50MHzのアンテナカップラーと自作のエレキーと、これも自作のパドルも見えます。

このパドルはマイクロスイッチ2つとノコギリ刃とプラ板から作って、机に貼り付けて使いました。タッチがやや柔らか過ぎでしたが、打ちやすく10年ぐらい活躍しました。

アンテナの方ですが、漸くビームアンテナがシャックから回せるようになりました。

ルソーのルーフタワーに上げた7ele yagiです。マストのできるだけ上に上げたのですが、地上高は12mぐらいでした。

それでも、屋根の上に1本だけ上がっているビームアンテナの威力は素晴らしく、ロケの良い東から南にかけての京都市内方向には良く聞こえ、良く飛びました。

実は一時期、この7エレの下にスタックして10mの4エレを上げたことがありました。

コンディションが良かったこともありますが、10mも面白いようにEuのLPなど飛んだのですか、肝心の6mの飛びが悪くなり、さらにTVIまで出まして、半年経たずに降ろして6mだけに戻しました。

あの頃は、なんと言っても6m命!だったのでした。なにしろコンディションのいい日は、寝ている時も50.110MHzを聞いてました。

懐かしい思い出です。

2018年1月20日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ その3

月間FBニュースの1月号が1/15に公開されました。

Summits On The Air (SOTA)の楽しみ その3として、
JS1UEHさんによる「安全登山について」が公開になっています。

http://www.fbnews.jp/201801/sota/index.html

現在、SOTA日本支部で最高得点を保持しておられ、毎週のように様々な山々からQRVされています。

ここで書かれているように、山頂で1~2時間ぐらい無線を運用するというのは、グループ登山の場合、その間他の方を待たせるということにもなり、無線家だけで行く場合以外はどうしても運用しにくいということがあります。

JS1UEHさんもほとんどが単独行ということですが、私も同じく単独行がほとんどです。

単独行というのは、安全第一とならざるおえないところがあります。複数で行く場合、山でのトラブルでいざという場合も助けて貰ったり、助けを呼んで貰ったりできる可能性が大きいです。

単独の場合は、些細なミスや事故で遭難に繫がりやすいので、安全第一の慎重な行動が基本となりますね。

2018年1月18日 (木)

中学生の頃のシャック

昔の写真をきれいに撮影して取り込むアプリを見つけたので、何枚か取り込んでみました。

Googleのフォトスキャンというアプリです。写真を普通に撮影した後、指示される位置で4回写すことで光の反射を除去してくれます。

その中からまず1枚。中学生の頃のシャックです。設備の内容から1978年のものと思います。

机は小学校の頃使っていた学習机、この頃には無線専用になってました。

リグは、トリオのTS520V、50MHzトランスバーター(ミズホのキット+10Wリニアをケースに組んでいます)、ナショナルRJX601、それと自作の50MHzAMのQRPトランシーバーが見えます。

スタンドマイクは、MC50、キーはハイモンドのHK702です。

まだローテーターがない頃で、アンテナは50MHzはSwiss Quad(ヒモテーター付き)と4エレ八木の二本を上げてました。通常、4エレは南向けで52MHz対応。SQは東向けで50MHz専用でした。
ちなみにHFは、7MHzと21MHzでダイポールでした。

後ろのラジカセは、ナショナルのMAC、アイワのカセットも見えてます。50MHzのDXにのめり込み始めた頃、サイクル21が立ち上がる頃でしたので、聞いたDX局は録音したりしていましたね。

トランスバーターの水晶をスイッチで切り替えて、50MHzと52MHzに対応していたのですが、このトランスバーターがパワーがないので、バンドを上下するたびに、蓋を開けててRFドライバーでトリマーを回して調整しないと半分ぐらいしかパワーが出ないというので、面倒でした。^_^

2018年1月 4日 (木)

太陽にほえろ!メインテーマがCWに聞こえる?

TVドラマや映画でアマチュア無線機が登場したり、モールスが出てきたりというのがよく話題になります。

音楽でも、古くはピンクレディのSOSもありましたね(古い)。初めの頃はTVからSOSの符号が流れてきてびっくりしたりもしましたが、すぐに放送では符号は流れなくなりましたっけ。

私が欧文モールスを憶えたのは中学1年生(13才)の時ですが、その頃、このTVドラマを見る度にオープニングのイントロがモールスに聞こえて仕方がなかったのが、こちらです。

皆さん御存じの「太陽にほえろ!」のオープニングです。

全体がインストルメンタルなので元々モールスっぽいのですが、このオープニングの部分が、特にモールスに聞こえてしまいます。

"E E K" "E E K" "I I I I S" "I I I I S" "I I I I S" ・・・・・・・・

どうでしょう?聞こえませんか?

"E E K"="OK" なので、なんかもの言いたげな気がしてならないです。

しょうもない独り言で申し訳ありません、、、。(^_^;)

(1/6追記)

"I I I I S" "I I I I S" ・・・・・・・・の後ですが、

"IE IE E"で、タイトルが出てきて、パラパー、パラパーと

なりますね。 (^_^)/

2017年12月31日 (日)

大晦日とe-QSLアップロード

本日は大晦日、2017年も、あと数時間でおしまいです。

今年は、なんとかたま~に移動運用でSOTAを始められたし、ブログもなんやかやで続けて来られたので、まあヨシといったところでしょうか。

交信頂いたり、ブログやSNSでお世話になった方々、ありがとうございました。来る2018年も相変わりませずよろしくお願い致します。

さて、仕事納めの後、漸く年賀状を投函し終わり、本日は6月以降のe-QSLを発行しました。前回やったのが5ヶ月程前なのですが、しっかりやり方を忘れてしまっており、またWeb検索して調べてからやりました。

これはもう、自分のブログにもやり方をまとめてアップした方が良さそうです。

何というか、自分のブログなりSNSなりにアップしたことは、なかなか忘れないので、これを利用するのが一番というのが最近の結論です。

それでは、また来年!

2017年12月15日 (金)

月間FBニュースで”SOTAの楽しみ”連載中

早くも12月も半ば、忘年会シーズンに入りましたね。
昨日朝は滋賀県地方は今シーズン初の積雪がありました。

先月からですが、WEBの月間FBニュースで「Summits On The Air (SOTA)の楽しみ」の月1連載がはじまっております。

その1は、11月号(11/15公開)で、

JH0CJH 川内さんのSOTA日本支部設立
http://www.fbnews.jp/201711/sota/index.html

その2は、12月号(12/15公開)で、

JP3DGT 生地さんの S2S通信の楽しみ方
http://www.fbnews.jp/201712/sota/index.html

となっています。

今回のS2S通信の楽しみ方の記事については、山頂からのQRPがいかに飛ぶか?という魅力が書かれています。

現在は太陽黒点数も少なく、コンディション的にはそんなに良くない日が多いですが、それでも朝、夕の時間帯など、DX向けのコンディションが良い時間帯・バンドでは、山頂からの電波は想像以上によく飛ぶことは、過去何度も経験していますので、私もS2SのDXを目指して行きたいと思います。

過去SSNのピーク頃に6mの移動のついでで、ロケの良い山の上から簡単なアンテナでHFのCWを運用した時には、10mでヨーロッパから立て続けに呼ばれたということは何度もありますので、現在のようにクラスターやSOTA WATCHなどがあれば、QRPでEUからパイルアップになることも夢ではありません。

そういうコンディションにならないもんかなぁと思います。

2017年11月21日 (火)

最近のCW Freak、Helgaさんが25Combo!達成

最近の私のCW Freakの状況について書きます。

ここ2年ぐらい結構モチベーションが下がり気味でして、CW Freakだけでなく、Morse RunnerやRuFzXPもやる頻度はかなり下がっていました。

そんな中で、最近の話題として、今月のMonthlyランキング、本日までの状況は以下の通りです。

Cwfreak_in3fhe_25wins<CW Freak Monthly Ranking on 21 Nov.>

私の方は、めずらしく月の前半で記録をアップしており15万点台で現在7位です。

ここで目を引くのは、昨日記録をアップされたIN3FHE, Helgaさんがトップ!のところ。

24万点を出されています。

これはMonthlyで規定の25局を25連続で正解(COMBO)された結果ということです。
もちろんRankは、Freak!の称号だったようです。Helgaさんも、長い間この25 Comboを目標にCW Freakに取り組んでおられたとのこと。

Helgaさん、おめでとうございます!

Helgaさんとは、Facebookの方でもお友達ですが、以前CQ紙のA1クラブコーナーのCW人紹介で、同じ号に登場したことありました(2011年の8月号でした)。

本ブログにも、ちょこっと記事を書いています。
http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/cw-a912.html

その頃は、丁度同じぐらいのスコアで毎月のようにMonthlyで順位を競っていたように思います。たぶんその後、毎日のように練習を続けられていることと思われ、徐々に徐々にスピードをアップされていました。一方の私は進歩ないどころか、最近は低下傾向ばかりです。

Helgaさんに刺激を受けて、ここはなんとか再起をしようと、このところまた昼休みのCW Freak & RuFzXPを再開しています。

そんな中、以前CW Freakで”Ver20050905”に呼ばれた話などを記事にしていましたが、

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/ver20050905_ba8c.html

今回は、”ABCDE”という局に呼ばれました。

証拠写真を見て下さい、、、。

Cwfreak_abcde171112
まだ37wpmだったので、今の私でも見事にコピーできました。(゚ー゚)

変なコール(コールじゃないですが、、、)に呼ばれても、数字が出てこなくても、冷静にコピーしましょう。

 

より以前の記事一覧

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ