アマチュア無線

2021年8月 7日 (土)

ALL滋賀コンテスト2021参加

7月22日(海の日、祝日)の10:00~12:00および13:00~15:00で行われたALL滋賀コンテストに参加しました。

ちょっと時間が経ってしまいましたが、報告させて貰います。

 

滋賀県内からの参加ですので、いつものように野外からQRPでの参加です。

今回は、HF中心でやるつもりでしたので甲賀市の古城山、山と言っても海抜282mで周囲は180mぐらいなので、100mぐらいの丘といった方がいいところです。水口岡山城址の山になります。

Kojoyama210722_kokac

登り口から30分ぐらいで山頂です。

Kojyoyama_1

<古城山山頂から、湖南市方面>

Kojyoyama_2

<古城山山頂から、阿星山方面、手前は水口町市街>

Kojyoyama_3

<古城山山頂から、飯道山方面>

 

このコンテストのQRPは県内局だけの設定、電信部門にはなく電信電話部門だけということで、個人局電信電話QRPになってしまいます。

 

ここで問題なのはこのALL滋賀コンテストは、ローカルコンテストというのに県外局同士の交信も有効というルールです。

アクティブな国内コンテスターの方々に真剣に参加して貰えて参加局が増えるというメリットがあります。しかし、その一方で滋賀県民の私にとって、折角の滋賀コンテストの県内局なのに、県外局の強力なCQがコンテスト周波数中に広がり、県内から出ていてもQRPではなかなか呼んで貰えないという問題があります。

実際のところ、今回もCQ出していても潰されてあまり呼ばれない。CQ Shiga Testを出している県外局をいくら呼んでも気付いてもらえない。というのが何度もありました。折角、県内局とのQSOは5倍の5点/QSOで、しかも私と交信したら多分マルチも増えるハズなのにです。

今回はPDバッテリー利用で午前午後各2時間、計4時間のコンテストなので全て5W運用だったのですが、それでも結構なストレスというか、課題というかを感じる時間がありました。

 

アンテナは、最低3バンドに出るため、7MHzと14MHz必須と考えて、この2バンドの2線式ダイポールにしました。バンド変更がスムーズですし、これでついでに21MHzと50MHzも出ます(超手抜きです、Hi)。

あと、430MHzも近場の県内局がある程度できれば、得点・マルチが稼げるのでワッチしていましたが、ホイップだけではこの低標高ではびわ湖周りのマルチが多いところまで飛んでないのか、参加局がいないのか聞こえてこないので諦めました。

 

トータルのQSOの状況は以下の通りです。

 

Allshiga2021rate_qrp

スタートダッシュを狙って、7MHz CWで良さそうな周波数を10:00前から確保。開始と共にQRMが大幅増で県外局のCQでコンテスト周波数が埋まってましたが、20分間で16局と交信のRunできました。その後は周波数を追い出されて(予定通り?)14MHzへQSY。CQ出したり呼び回ったりして9局プラスして1時間経過、ここまでは結構想定通りで良かった。

 

その後、11時台は21、50、7、14で主に呼び周りですが、コンディションが不安定でなかなか取って貰えないの連続でした。CQ出してもあと一息信号が強ければ呼ばれるはずなのに、、、(14、21MHz)なコンディションでした。聞こえているけど呼ばれない、、、。

39局交信して午前の部終了。昼休みです。ちょっと給電点が低すぎるか?と4m高だったのを釣り竿の根元を無理して木の途中まで上げて6m高ぐらいにしてみたのですが、無理な力が掛かって13時台に交信始めたらすぐに中に竿が折れてしまい結局また4m高ぐらいに戻りました。😖涙。

午後はさらにコンディションがもう一つ不安定で7MHzも信号強度がもう一つで呼んでも返ってこないことが多数。滋賀県内の知ってる局もQRMが激しいのか、こちらにはS9で入っているのにQRZ?と返ってくるだけが多くて、ここで取ってもらったら5点+Newマルチなのに、、と何度も思いました。

7、14MHzのSWRはバッチリCWバンドで落ちていたのですが、地上高が低すぎるのと木が近いので電波が吸収されてるのかな?などと考えていましたが、今さらどうしようもないので、そのまま呼び周りを続けました。

午後はSSBの方がマシかもということで50MHzSSBと7MHz、14MHzも呼んで廻りました。県内のマルチが幾つか取れて点数的には結構アップしました。

最後の15分ぐらい7MHzの近場のコンディションが急上昇して信号強度がグッとアップ1,2,3,4,5エリアがS9+となったのですが、時既に遅しの感じで終了時間となりました。

アンテナが不調だった訳ではなかったようです。

 

全QSOは57QSOsでした。

正直言って今回の目標は100QSOsだったのですが、コンディションとQRMでQRPの厳しさ実感したコンテストでした。

 

どの部門にログを出すか?というのが、滋賀コンテストではいつも問題になるのですが、今回は素直に3バンドを選んでQRPにログ出すことにしました。

一昨年はQRP部門エントリーなし、昨年は多数のエントリーがあって入賞できずでしたが、今年はどうでしょうか?

 

電信の午前中のみスプリントの方が入賞しそうな気配はあるのですが、まあいいか、、、。

 

ALL滋賀コンテストへの要望としては、①県外のQRP部門も作って頂きたい、②県外同士の交信なしの滋賀コンテストもやってみたい、と言ったところでしょうか。

まあ7と14MHzが大都市部に対してバカ開けすれば、このルールのままでもっと交信局数を伸ばせて楽しめるんでしょうね。

 

取り敢えず、結果が楽しみです。

 

2021年7月10日 (土)

ALL Asian DX Contest CW 2021

クワガタネタばかり続いていますので、ちょこっとコンテスト参加の話もしておきます。Hi。

 

今年のAA Test CWは、6月19日(土)の0900~21日(月)の0900まで行われましたが、参加できたのは20日の日曜日、昼間の時間帯のみでした。

当日は雨が降ったり止んだりで、外に出て大きくアンテナを展開する気になれず、5m長と10m長のエレメントを付けたLW+ATUのみとなりました。

 

ハイバンドのオープンを期待したのですが、この程度のアンテナで呼ばれるほど強力なオープンはなく、もう一つのコンディションでした。

 

結局、7、14、21、28の4バンドで呼びまわりでQSOして行っただけとなりました。

各バンドの交信状況は、以下の通り。

 

CONTEST : 2021 ALL ASIAN DX Contest

Band QSOs Pts Multi
7MHz 8 18 3
14MHz 6 16 3
21MHz 7 15 5
28MHz 2 4 2
Total 23 53 13

Score : 53x13=689点

 

どうもメリハリ無くてだめです。天気が良ければ10mのヘンテナ一本だけ上げて10mに集中するというのが面白かったかもしれません。

 

オールバンドでログを出してもエリア1位は難しそうなので、取り合えず3エリアからログ出す人がいないかもしれない??7MHzシングルバンドでログ出してみました。

 

オールアジアと言えば、年齢ナンバーが話題になりますが、その昔10台だった送出ナンバーも既に50台後半。感慨深いものがあります。

しかし、40年以上たった今でも自分の送るナンバーは、受信するナンバーの平均以下なので、高齢化が進んでますね。

 

最近は、タイ、インドネシア、中国辺りの若い局が増加しているので、もう少しハイバンドでコンディションが良ければ(シグナル強度が上がれば)、AA Testも盛り上がるのではないかと思うのですがどうでしょうか?

日本の若手の方々にも、頑張って個人コールで入賞目指してやるかたがもっと出てきてほしいです。

 

 

2021年5月12日 (水)

2020 CQ WW DX CW 入賞!

GW中に、”2020 CQ WW DX CW Log Check Report” というメールが届きました。

 

おお!やっと来たかと開いてみましたところ、今回はQRPでちょこっと出ていただけというのに

1局相手局のコールをミスコピーしておりました。

情けない思いで、深く反省しています。

 

このレポートが届いたということは、結果が発表になったということで、サイトに結果を見に行きました。

 

当日参加の様子は、こちらをご覧ください。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-3a30e1.html

 

エントリーしていたのは、

”Single Op 14 MHz QRP Assisted” でした。

 

エントリーが少なそうで、入賞できるかも?で選んでました。

点数が減ったので大丈夫かな?と思ったのですが、、、、

なんとか太字をゲット!#1 Japan-Call area 3 でした。

 

さっそく喜んでPDFのAwardをダウンロードしました。

Cqww_2020_cw_certificate_jf3kqa

#4 JA and #5 Asiaではありますが、#1 JA3です。

 

さらによく見ると、下の方に赤字で、

”Japan-Call Area 3 Record”とありました。

 

なんと、びっくり。WWCWのエリアレコードフォルダーになっていたのでした。

 

これからも穴場狙いのコンテスト参加が続きそうです。

止められませんな、、、。

 

 

 

 

 

 

2021年5月11日 (火)

錫杖ヶ岳(676m)、亀山市 SOTA:JA/ME-063

前回投稿の霊山から下山した後、ドライブインで昼食をとり午後は以前登ったことがある錫杖ヶ岳へ向かいました。

以前の記事はこちら、

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-2b7c.html

 

上ったのは、2010年の4月29日、もう11年も前のことになるのですね。

前回は、JR利用で関西線の加太(かぶと)駅からの徒歩でしたが、今回は車で登り口まで行ってピストンなので午後からでも楽勝です。

Shakujyogatake_map

<錫杖ヶ岳周辺地図>

(コース)
林道駐車場→登山口→柚之木峠
→錫杖ヶ岳→デッキ→袖の木峠→登山口

New_shakujyogatake_fig1

<コースの断面図>

 

所用時間は、林道登り口の駐車場から山頂まで上りは1時間、下りは50分ほどでした。お手軽山行です。

 

Dscf3053

<林道からの登り口>

間違える人はまずいないでしょう。

Dscf3061

<袖の木峠>

30分弱で袖の木峠へ到着。反対側から上ってきた方と会いました。

Dscf3066

しばらく行くと視界が開けた尾根になりました。

Dscf3099

<山頂直前の鎖場>

急こう配で楽しませてくれます。

Dscf3110

<錫杖ヶ岳(676m)山頂>

360度抜群の見晴らしです。海に近い独立峰は気分いいですね。

Dscf3102

<山頂より、伊勢湾方面>

 

Dscf3103

<下には錫杖湖が見えています>

 

Dscf3113

<パノラマ>

 

山頂では、430MHz FMで40分間ぐらいで9局と交信できました。ここでは2エリアばかりでした。

東方面は一切遮るものがないですから。

Dscf3165

それから、元来た道を下山開始。途中こんな木橋がいくつもあります。

 

Dscf3171

<林道駐車場>

16時ごろには、駐車場(登り口)に戻ってこれました。

 

この日は1日で午前・午後で2座上れて、SOTAのアクティベータポイントも稼げました。

 

電池の都合で430MHz FMのみのQRVとなりましたが、十分楽しめました。

2021年4月20日 (火)

霊山(766m)、伊賀市 SOTA: JA/ME-049

しばらく前のことになりますが、2月23日に三重県の霊山(766m)と錫杖ヶ岳(676m)に行きました。

 

今回は、霊山の方について書きます。

 

以前、JR柘植駅から三国岳・油日岳などに上った際に、柘植駅に霊山へのハイキングコースの案内があり、いつか登ってみたいなと思っていました。

 

駅から歩いても行けるようですが、今回は自動車に載せて貰って登り口まで行ったので、かなりの楽々コースでした。

Sota_20210420195701

<コース、GPSの軌跡です>

【コース】

霊山寺駐車場→霊山寺→タイコ岩→霊山寺・田代池分岐→

霊山山頂→中継所跡×2→(迷ってトラバース)→林道→霊山寺駐車場

(コースタイム2時間30分ぐらい)

 

Reizan_fig1

<断面図、標高差は400mぐらいです>

Dscf3049

<霊山寺駐車場、トイレあります>

Dscf2928

<霊山寺>

釣り鐘ありました。

Dscf2930

かなり古そうな石像が並んでいます。歴史を感じさせます。

Dscf2935

登り口付近、新しい「霊山山頂遺跡の道標」ありました、頭に手裏剣刺さっています。

Dscf2957

<ちょうど中間ぐらいだったか、たいこ岩>

円柱状の岩です、削られいるのか?

 

Dscf2965

<霊山山頂(766m)標識と三角点>

霊山寺から1hぐらいで山頂到着、ほぼ1ピッチでした。

Dscf2962

山頂、広々とした広場になっており、石像や石灯籠がいくつもありました。

 

山頂では、430MHz FMで運用、次々と呼ばれて、JA/ME-049をサービス。

1時間ぐらいで、3エリア7局と2エリア6局の計13局と交信できました。

ありがとうございました。

 

そんなに気温は低くなかったのですが、山頂での運用は風が強くて結構辛かったです。

 

Dscf2968

<山頂のマイクロウェーブの中継所>

あそこに上れたらかなり飛びそうでしたが、ロックされていては入れません。

Dscf2969

<青山高原方面の風車が見えています>

下山は、違う道からということで北側の尾根道から降りて行きました。

Dscf3042

<途中にあったNTTの中継所跡>

もう使われていないようです。

もう一つの中継所の地図記号のところは、建物も取り壊されて空き地になっていました。

 

そこから谷道を下山したのですが、途中道にちょっと道に迷ってしまい、30分ほど西方向にトラバース、林道に続く登山道にでました。

数年前の台風で道が荒れており、ちょっと一般道を外れると倒木が多くて、トラバースが大変でした。

 

山頂から1時間半ほどで霊山寺駐車場に帰ってきました。

 

ちょっと迷って疲れましたが、ちょうど昼頃なので、車でドライブインへ移動して昼食。

午後は以前登ったことのある近くの錫杖ヶ岳を目指します。

 

次回へ続く。

 

 

2021年4月15日 (木)

CW Freak.NETのHigh Scoreを8年ぶりに更新!ついに”69wpmコピーのFreak!”達成!

一昨日、CW Freakを久しぶりにやって記録をMonthly Rankingに昨日アップした話を書きました。

 

その勢いで本日昼休みに、いつもの散歩にも行かずCW Freakやってみましたところ、、、


2回目に23局連続コピーに成功して、自己最高記録を8年ぶりに更新しました!。

 

Cwfreak2021_apr2_freek_20210415195801

Max 69wpmコピー成功、Max COMBO 23は、CW Freak.NETでは初めてです。

 

従来の自己最高は、2013年3月で、CW FreakからCW Freak.NETへ移行した直後のこの投稿でした。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/cw-freaknet-592.html

その後、進歩がなかったということでしょうか??

 

これ以前の旧”CW Freak”時代には、Max 75wpmまでコピーしていましたが、

実際の速度は多分67~69wpmだったのではないかと推察されます。

 

とにかく、今回8年ぶりで自己最高記録更新、200kポイント突入です。

かなり嬉しくて、周りの席の人たちに思わず説明してしまいました、、、Hi。

 

No. Call Score WPM Entry Datetime(UTC) NEW Entry
1 IN3LBQ 355676 83 2021/04/13 16:17  
2 IN3EBZ 258548 75 2021/04/15 08:52  
3 JF3KQA 200576 69 2021/04/15 10:58 NEW
4 DJ9AO 169561 63 2021/04/02 13:33  
5 NI0C 153974 60 2021/04/04 02:20  
6 HA6FQ 122953 55 2021/04/06 07:33  
7 DL3TC 117943 53 2021/04/02 06:26  
8 JA7FYF 115965 49 2021/04/09 14:28  
9 JA2NGN 115392 53 2021/04/12 11:17  
10 E20TEST 114879 51 2021/04/02 04:39  

記録をMonthly Rankingにアップしたら、今のところ今月3位に入っています。


Helgaさんに少し近づいたか?

これを機会に、しばらく精進したいとおもいます。


あまりやらない間に何が変わったのか、変わらなかったのか、自分でもよく判りません。

皆さんも進歩がないと諦めずに、時には気分転換もして継続訓練ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月13日 (火)

久しぶりにCW Freak

久しぶりにCW Freakやってみた、、、。

 

Cwfreak2021_apr1

1回目でこれぐらい出て、今年初の63WPMコピーだったみたい。

ネットランキングはまだアップできてないけど、先月は記録アップできてなかったみたい。
毎月記録ぐらいアップするようにしないと忘れられそう。

(4/14追記)

Monthly Rankingにアップしました。

No. Call Score WPM Entry Datetime(UTC) NEW Entry
1 IN3LBQ 355676 83 2021/04/13 16:17  
2 IN3EBZ 217282 71 2021/04/11 07:00  
3 DJ9AO 169561 63 2021/04/02 13:33  
4 NI0C 153974 60 2021/04/04 02:20  
5 JF3KQA 146981 63 2021/04/14 10:12 NEW
6 HA6FQ 122953 55 2021/04/06 07:33  
7 DL3TC 117943 53 2021/04/02 06:26  
8 JA7FYF 115965 49 2021/04/09 14:28  
9 JA2NGN 115392 53 2021/04/12 11:17  
10 E20TEST 114879 51 2021/04/02 04:39  

 

現在のBest10まで。

IWLさんのコールなくて寂しい限りです。

2021年4月 7日 (水)

JARL QRP CLUBのメンバーになってます。

もう一年ぐらい前からですが、JARL QRP CLUBのメンバーになってます。

 

会費無料になっているということで、開局当初から40年もずっと気になっていたCLUBに昨年入会させて頂きました。

会員ナンバーは、#1210です。

Qrpclub_logo_large1

思えば開局当時は、RJX601単体のMAX3W出力、50MHzのAM/FMのみでした。

最初の1年間は途中で電信級の免許を取り、RJX601改でCWもプラスしました。

そして、その組み合わせで1年間に800QSOぐらいしています(全部50MHz)。

今の出力区分で言えば、全てQRPですね。

 

当時は、「1W未満じゃないとQRPじゃないよね。」という意識でして、自作のAMトランシーバー(0.4W出力)で出ているときのみQRPのつもりで出ていました。

 

その後もそんなにパワーを出していた訳でなく、2アマ、1アマを取っても50Wまでの運用が中心でした。

 

時折、HFや6mでコンディションが良くて、他にあまり呼んない時にDX局をQRPで呼んで遊んだりしたことがあります。

 

FT-690単体とかで、ハワイや南米、オーストラリア、韓国、ほかも結構できています。アフリカ西海岸リベリアのEL2FYがCWで空振りCQ出していた時に呼んだら返ってきたこともありました。6mの南東向けLong Pathですよ、いやホンマの話。

 

最近というか、2000年以降のここ20年ぐらい、Homeからの運用よりQRPの山などからの運用の方が機会が多く、

FT-817ND単体での運用ばかりなので、私がQRPerだと言っても誰からも文句言われないだろうなと思います。

 

HFでSOTAや国内コンテストとか出ているとQRPでもいくらでもできるので、国内コンテストはもう全員QRP限定にすれば良いのにとかたまに思います。

 

3月にJARL QRP CLUBから年一度の紙会報を送って頂きました。Webで見るPDFの会報だけでもよかったのですが、今回初めてなので、紙会報も送って貰いました。

印刷された会報を手に取って見ると、やはりPDFでパソコン画面で見るより自作感というか、臨場感というかがグレードアップするような気がしました。

クラブの担当者の方々、どうもありがとうございます。

 

これからも伝統あるQRP CLUBの一員として、QRPで出る機会が多いと思いますので、また弱いのが呼んできた!とか疲れないでお付き合いよろしくお願い致します。

 

2021年2月20日 (土)

繖山(観音寺山)、SOTA JA/SI-058

昨年12月4日のことになりますが、JR安土駅から安土城跡前を通って繖山~観音寺山~観音正寺~JR安土駅と歩きました。

 

Photo_20210219204601

<JR安土駅前の信長様>

この子は、かくれんぼしているのかな?

Dcim0322

<安土城跡前から見た繖山(観音寺山)全景>

Dcim0320

<安土城跡の石垣>

今回は時間の関係で安土山(安土城跡)見学は省略しました。

 

Dcim0323

<繖山山頂への道別れ>

西国三十三か所の石碑が道沿いにずっと立っています。

Dcim0326

<第28番 成相山 成相寺の石碑>

80年代から90年代、毎年のように6mAM一斉移動で山頂で運用させてもらった成相山。

京都市内のローカル局と移動運用、ビッグアンテナを山頂からさらに10m以上の高さに上げて出ていたので、本当によく飛んでよく聞こえていました。偶然、この28番を見つけました。

 

Dcim0331

<繖山山頂付近から、安土山と西の湖、琵琶湖の奥に見えるのは比良山系>

気持ちのいい、晴れ渡った空でした。

 

Dcim0332

<繖(きぬがさ)山(433m)山頂>

Dcim0336

<山頂付近から、伊吹山方面>

最高地点ではないですが、25m以内なので問題ないと考えて、SOTA運用開始。

この日は430MHz FMハンディ機だけなので、CQ出して滋賀県内の局から呼ばれて6局とQSO、無事ノルマを達成しました。

 

Dcim0345

<岩穴の中に磨崖仏があった>

Dcim0348

<観音正寺前の紅葉>

 

Dcim0354

<観音正寺へ到着、立派な仁王様>

Dcim0356

<大仏もある>

 

 

Dcim0358

<観音正寺は聖徳太子ゆかりの寺とのこと>

Dcim0359

<本堂>

 

Dcim0361

<観音正寺前から三上山方面>

Dcim0369

<12月に入っているが、紅葉の残りがきれい>

 

Dcim0370

<JR安土駅に向かう途中から、繖山を振り返る>

 

まずまず楽しめた低山ハイクでした。

 

 

 

 

2021年2月17日 (水)

武平峠から鎌が岳・御在所山(2)

前回の続き、鈴鹿スカイラインから御在所山に表道から上ります。
Img_3335

<表道登山口>

 

Img_3339

<しばらく上がって見晴らしが良くなった所から、先程までいた鎌が岳を見る>

 

Img_3350

<御在所山(1212m)山頂>

再び登りだしてから1hぐらいで、SOTA JA/ME-011御在所山の山頂に到着しました。

 

Dscf1674

<ロープウェイ山頂駅とレストハウス>

 

Dscf1757

<本日のシャック>

7MHzのDPをいつものように展開してCWでCQを出すも、コンディションがイマイチで呼んでもらえず。6mの移動局も弱くて内臓ホイップで呼んでも応答がありませんでした。

結局HFと6mでは交信に至らず、430MHz FMだけの交信になりました。

それでも2エリア3局と3エリア5局と交信出来てノルマクリアしました。

Dscf1773pano

<下山はじめの伊勢湾方面パノラマ>

武平峠に向けての下山では、終始正面に鎌が岳の雄姿を見ながら降りる感じでした。30分ちょっとで峠へ到着しました。

登り始めるまでは天候が心配でしたが、結局上り出してからは天候回復して御在所山の方では青空も得られました。

 

430MHz FMでコール頂き交信いただいた各局ありがとうございました。

 

 

 

より以前の記事一覧

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31