Contest

2019年4月24日 (水)

三雲城跡でJIDX CW 2019 QRP

4/14の日曜日、天気予報は午後から雨でした。

山はちょっと無理かな?と思って、JIDX CWに出るため午前中だけちょこっと丘の上のつもりで湖南市の三雲城跡へ行きました。

 

Img_8317

<三雲城址の案内板>

ちょっとしたマイナーな観光地になっています。

Img_8325

<八丈岩と湖南市方面>

結構見晴らしの良いところに「八丈岩」があります。

落ちそうで落ちない巨岩で、合格祈願の置石されているのが沢山ありました。

Img_8330

下に回ると本当に落ちてきそうで怖いぐらいです。

Img_8342

<山頂(334m)から見る菩提寺山と三上山、その後ろは比良山系の山々>

山頂からは野洲川右岸の山々、その向こうに比良山や鈴鹿方面も少し見えます。

 

結構見晴らしは良さそうなので、ここで14MHzの垂直GPスタイルでアンテナ設置して、QRPにてJIDX CWに出ました。

 

昼前の時間帯なので入感しているのは北米方面と東南アジア~オセアニア方面、ロシア・中国辺りです。

北米方面はあまり安定せず、S5ぐらいまでのシグナルが多くて、2.5W MaxのQRPではなかなか取って貰えません。

ふらふらとしたQSBでうまくピークが合ったところで、W西海岸とKL7をゲット、後は中国、台湾、ロシア数局と交信できました。のんびり探しながら、430MHzFMワッチしながらなのでこんなもんでしょうか。

なんとか10局やって二桁になったので、撤収しました。

 

帰りに湖南市のやっている資料館(記念館)に寄り、また天井川である「大沙川」のトンネルの上に上がって、川沿いの桜と弘法杉を見ました。

 

Img_8356

<弘法杉>

立派な杉の大木です。

Img_8355

<大佐川堤防の桜>

Img_8360

<堤防へ上がる階段に咲いていたすみれ>

 

なんとか、雨が本格的に降る前に駅まで辿り着きました。

  •  

 

 

2019年4月 3日 (水)

第49回大都市コンテストにちょこっと参加

春分の日、恒例のNo.5ハムクラブ主催の第49回大都市コンテストに参加しました。

昨年は参加することができておらず、今回は個人局7MHz帯3エリア1位を頂いた2017年の参加以来2年ぶりとなります。

 

今回もアンテナはDP一本での参加です。開始早々に久しぶりのことでCWのUSBインターフェースが不調、パソコンからのCW運用ができなくなり、戦意喪失状態。またコンディションも1500台はまだ良かったのですが、16時台、17時台には近場がスキップ気味で信号も弱く、弱小局としては厳しい展開となりました。

 

結局、7MHzでは25局交信の20マルチで計500ポイントで終了しました。あと3.5MHzで1局援助交信しておきました。

さて今回も3エリア1位が貰えるでしょうか??

 

QSO頂いた方々、ありがとうございました。

 

 

2017年11月19日 (日)

大都市コンテスト2017結果

過去比較的よく参加しているNo.5ハムクラブさん主催の大都市コンテストですが、秋のふるさとコンテスト開催前に結果が発表されていたようです。

No.5(ナンバー5)ハムクラブの第47回大都市コンテスト結果のページ
http://www.geocities.jp/no5hc/dai47k.html

このコンテストは、電信部門がありませんので、入賞を狙うには電話(SSB)にも出る必要があります。今回は、7MHzシングルバンドで参加しましたが、あまり気合いが入っておらず、ほぼ全てをCWですましていました。(^-^;

結果によると、69局中の10位でしたが、3エリア1位だったようで、アワード受領しました。

Daitoshi47_2017_blog
No.5ハムクラブさんのコンテストでは、過去にもこの大都市コンテストとふるさとコンテストで入賞させて頂いたことがあります。

手軽に参加できる全国規模のコンテストとして歴史もあるので、主催はいろいろと大変でしょうが今後も継続して開催いただきたいです。

主催者の皆様、交信いただいた各局、ありがとうございました。

2017年6月 3日 (土)

CQ WW DX Contest 2016 Awards

4月、5月と2つの記事で、それぞれちょこっと出た昨年のCQ World Wide DX Contestにて、いずれも3エリア1位だったことを書きました。

CWの方のLog Check Reportのメールがなかなか来ないなぁと思っていましたが、先日メールが来たと思ったら、CQ WW DX ContestのWebページでは、既に成績が発表されており、SSBとCWのアワードのPDFファイルもダウンロードできるようになっていました。

嬉しくて早速自分の分をダウンロードしてみました。

まずはSSB、SO QRP 15M です。

Cqwwssb2016_awardいいですね。#1 Japan call area 3です。ちなみに#9 Japan、 #12 Asiaですが、まぎれもないWorld WideでSO QRP 15Mの最下位でございます。

FT-817NDの内蔵電池2.5W+DPのちょこっと出ただけと思うと、エネルギー効率的に地球にやさしく得られたAwardでした。(^^;)

続いてCWですが、部門はSA LP 40Mです。

Cqwwcw2016_awardこちらも #1 Japan call area 3です。こちらは50W+垂直Long wire+ATUでの運用でした、実は他のバンドでも交信していますので、エネルギー的にはかなり無駄が多かったかも、、、。(^_^)

ことしも穴場狙いでAssistedのシングルバンドに出るのでしょうか?

いや本当はもっとたくさん出て(48h寝ないとか)、もっとたくさん交信(2000局ぐらいとか)したいのですよ。ほんと、、、。

2017年5月14日 (日)

CQ WW DX CW 2016 結果

CQ World Wide DX Contest CW 2016の結果が発表されました。

US CQのPDFはこちら、
https://www.cqww.com/results/2016_cq_ww_dx_cw_line_scores.pdf

そして、ちょこっと出て Low Power Assisted 7MHzにログを出していた当局は、、、
自分でどこにログ出したかも正直忘れていましたが、、、

Cqwwcw2016_lowassisted_7mhz
ログ提出者の少ないAssisted部門、狙い通り?と言う訳ではありませんが、SSBに続いて太字ゲットしました。

この結果からすると3エリアでは、1.8MHz、3.5MHz、21MHzで出しても入賞だった訳ですね。

なんとなく低い点数で申し訳ない気もしますが、3エリア1位でした!

年々Assisted部門のログ提出者は増える傾向ありますので、来年どうなるかわかりませんが、入賞を狙うにはシングルバンドのAssistedがお薦めですね。(^_^;)

2017年4月12日 (水)

CQ WW DX SSB 2016 結果?

ログを出したのも忘れていましたが、Log Check Reportがメールで送られてきました。
とは言っても、2局しか交信しないので減点もされていません、、、(笑)。



当日は1h程だけ、QRPで2局、それもSSBなのでなかなか応答が得られず、中国と台湾1局ずつの交信だけで、6点でした。



non-asisted QRP 21MHzでログ出してまして、、



Web見ているとUS CQの4月号のPDFとして結果が、もう出てました。



http://www.cqww.com/results/2016_cq_ww_dx_ssb_line_scores.pdf



JAの3エリアのところにCallがないやんと思ってたら、QRPは後の方にまとめられているんですね。



QRP 21MHzの最下位だったのですが、太字でした。どうも3エリアの1位だったようです。PDFのアワードが貰えるのでしょうか???



Cqwwssb2016_qrp_21mhz




CWもログ出したっけ?

2017年4月10日 (月)

QRP徒歩移動にてJIDX CWにちょこっと参加

週末、雨が降らなければ、また近場のSOTAポイントをアクティベートしようかと考えていたのですが、生憎のお天気でしたので山には行けず。



日曜日は朝から小雨程度だったので、JIDXコンテストにでも出てみるかということで、散歩ついでに湖南市の野洲川河川敷へ移動してみました。



前記事の桜がほぼ満開でなかったら、草津市の旧草津川堤防の方がロケがよかったのですが、、、。



10:00ぐらいに現地到着だったので、ここは14MHzしかないかなということで、7MHzダイポールのエレメントを二つ折りで14MHzのGP仕様にして、マニュアルアンテナチューナーでチューンを取ります。





例によってFT-817NDの単三ニッケル水素電池のみなのでMax.2.5W運用です。



さすがに14MHzは結構な局数聞こえています。2時間半ほど運用して、W, VEの西海岸、KH6、BV、Zone17, 18, 19のロシアと交信できました。



よく忘れるので、さっそく電子メールでログも提出しておきました。

2016年8月20日 (土)

ALL JA 2016 結果発表

3ヵ月ぶりぐらいのエントリーとなりますが、ALL JAコンテストの結果がJARLのウェブページに発表されました。

http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_ja/2016/index.html

今回は、ほとんど時間もなかったのですが、日曜日のみちょこっとCAPでポータブル運用しました。

超お手軽運用で、FT-817ND単体を単三ニッケル水素電池8本で動かし、電池がなくなるまでだけ運用するというスタイルとなりました。アンテナは7MHzのダイポールでした。このアンテナでいつものように?7、21、50の3バンドでCWのみです。

さすがに、1W or 2.5Wでは、コンテスト中のRunは難しく、呼び回って3時間程で74局と交信できました。

そして結果は、CAの183位でございました。

>183 JF3KQA/3 74 × 37 = 2,738 P

生存証明ではありますが、弱い電波を拾ってQSOいただいた皆様、ありがとうございました。

2010年10月10日 (日)

ACAG 2010

まだコンテストは続いていますが、朝ちょこっとだけ出ました。
昨夜は雨だったので、移動の方は今日朝からという方が多そうです。

草津川堤防で50MHzのヘンテナを上げました。高さは給電点3mぐらいでしょうか。
QRPで出力は、2.5Wです。

Acag2010

QRP+完全に平地の3mhヘンテナですので飛びませんが、さすがにJARLコンテスト結構聞こえています。

2時間で50MHzは、2,3,4,5.9エリアの20局できました。

その他はホイップで、144MHz2局と430MHz1局も交信頂きました。

素直にX50Pか、C50Pか思案中、、、まあ関係ないな。

弱いシグナルを取って交信頂いた各局、ありがとうございました。





2010年10月 9日 (土)

ALL滋賀コンテスト結果発表

第14回ALL滋賀コンテストの結果が発表されました。
http://www.jarl.com/shiga/10jsconk.pdf

当日は暑い中、チャリンコで移動して三上山山頂(野洲市)でQRP運用しました。
http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-bdd3.html

おかげさまで、県内局QRP(電信電話)で1位(1/3)でした。

*上のブログの記事より、得点が多いのは、ログ提出前に各バンド滋賀県マルチを足してもいいということに気付いたからです(これで+3マルチ)。

結果を見てみますと、予想通りではありますが、県内局の参加が少ないですね。
それに対して、県外局が参加が多かったことがわかります。ログ提出局は、県内31局に対して県外141局のようでした(数えてみました、、、)。

当日QRPでは、7MHz CW でほとんどRunできなかったのも納得できます。

県内局のみの午前午後スプリントも、エントリーが午前のみ電信および電信電話で1局ずつでは寂しい限りです。

県内との交信のみを有効にするルールにするか、県外局同士の交信も有効にするのかが難しいところでしょうが、現実の県内参加局数を考えると、この全国コンテストルールの方がいいんでしょうね。

但し、少しでも県内乗り込みでも県内参加局を増やすために、県内局が絡む交信は5点ぐらいにした方がいいのかもしれません。

考えてみると、地方コンテストのルールも難しいですね。

QRPで出るものとしては、県外のQRP部門は必須と思いますが、如何でしょうか?

初参加で入賞できてラッキーでした。


Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30