2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

Contest

2016年8月20日 (土)

ALL JA 2016 結果発表

3ヵ月ぶりぐらいのエントリーとなりますが、ALL JAコンテストの結果がJARLのウェブページに発表されました。

http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_ja/2016/index.html

今回は、ほとんど時間もなかったのですが、日曜日のみちょこっとCAPでポータブル運用しました。

超お手軽運用で、FT-817ND単体を単三ニッケル水素電池8本で動かし、電池がなくなるまでだけ運用するというスタイルとなりました。アンテナは7MHzのダイポールでした。このアンテナでいつものように?7、21、50の3バンドでCWのみです。

さすがに、1W or 2.5Wでは、コンテスト中のRunは難しく、呼び回って3時間程で74局と交信できました。

そして結果は、CAの183位でございました。

>183 JF3KQA/3 74 × 37 = 2,738 P

生存証明ではありますが、弱い電波を拾ってQSOいただいた皆様、ありがとうございました。happy01

2010年10月10日 (日)

ACAG 2010

まだコンテストは続いていますが、朝sunちょこっとだけ出ました。
昨夜は雨だったので、移動の方は今日朝からという方が多そうです。

草津川堤防で50MHzのヘンテナを上げました。高さは給電点3mぐらいでしょうか。
QRPで出力は、2.5Wです。

Acag2010

QRP+完全に平地の3mhヘンテナですので飛びませんが、さすがにJARLコンテスト結構聞こえています。

2時間で50MHzは、2,3,4,5.9エリアの20局できました。

その他はホイップで、144MHz2局と430MHz1局も交信頂きました。

素直にX50Pか、C50Pか思案中、、、まあ関係ないな。coldsweats01

弱いシグナルを取って交信頂いた各局、ありがとうございました。





2010年10月 9日 (土)

ALL滋賀コンテスト結果発表

第14回ALL滋賀コンテストの結果が発表されました。
http://www.jarl.com/shiga/10jsconk.pdf

当日は暑い中、チャリンコで移動して三上山山頂(野洲市)でQRP運用しました。
http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-bdd3.html

おかげさまで、県内局QRP(電信電話)で1位(1/3)でした。scissors

*上のブログの記事より、得点が多いのは、ログ提出前に各バンド滋賀県マルチを足してもいいということに気付いたからです(これで+3マルチ)。

結果を見てみますと、予想通りではありますが、県内局の参加が少ないですね。
それに対して、県外局が参加が多かったことがわかります。ログ提出局は、県内31局に対して県外141局のようでした(数えてみました、、、)。

当日QRPでは、7MHz CW でほとんどRunできなかったのも納得できます。

県内局のみの午前午後スプリントも、エントリーが午前のみ電信および電信電話で1局ずつでは寂しい限りです。

県内との交信のみを有効にするルールにするか、県外局同士の交信も有効にするのかが難しいところでしょうが、現実の県内参加局数を考えると、この全国コンテストルールの方がいいんでしょうね。

但し、少しでも県内乗り込みでも県内参加局を増やすために、県内局が絡む交信は5点ぐらいにした方がいいのかもしれません。

考えてみると、地方コンテストのルールも難しいですね。

QRPで出るものとしては、県外のQRP部門は必須と思いますが、如何でしょうか?

初参加で入賞できてラッキーでした。


2010年9月29日 (水)

第40回XPO記念コンテスト

すっかり遅くなってしまいましたが、第40回のXPO記念コンテストに参加しました。scissors

1970年の大阪万博から40年なんですね。当時は小学校1年生でしたが、、、歳取るハズです。開局は中学校1年生なんで、もちろん”JA3XPO”は運用していません、、、Hi。

当日朝から、常置場所へ移動してアンテナを上げてから参加ですので、スタートは9時半頃で、今回は途中もあまり集中できずに中途半端な結果になってしまいました。

いつものように、ダイポール1本上げて7MHzCWに出ました。7MHzのコンディションはまずまず普通だったと思います。

<結果>

 バンド  交信局数  得点  マルチ
   7 MHz      259       257      42
  合 計       259       257 ×   42  =  10794

<グラフ>

[7 MHz]
[09]  14  **************
[10]  44  ********************************************
[11]  50  **************************************************
[12]  11  ***********
[13]  38  **************************************
[14]  28  ****************************
[15]  33  *********************************
[16]  10  **********
[17]  31  *******************************
Total 259

マルチは、04, 28, 32, 36, 45, 47県が交信できませんでした。

スタートから出られないと、やっぱり気合いが入りません。

交信頂いた各局、ありがとうございました。

ちなみに、全市全郡は予想通り無理そうです、、、、(。>0<。)

2010年9月12日 (日)

今年は参加できそうにない、、、全市全郡

先月末にJARLからカードが届いた際に、全市全郡の参加証が入ってました。

Acag2009sankasho

CAMで全国15位だったのですが、ラッキーなことに関西1位でした。
この参加証にも関西1位と印字されています。

ふと思ったのですが、オールバンドで地方1位と書かれるのは、上位入賞でなくて地方1位になった場合だけなんでしょうか?

6m&DownやV・UHFシングルバンドだと地方何位と書かれるのがデフォルトですが、オールバンドの地方1位はある意味貴重??

参加証なので、全国15位、関西1位と併記してあった方が良いかも。

もちろん賞状の方は、関西1位だけの方がうれしい。
(これは間違いなし、、、めったに1位の賞状貰えないから、、、)

Acag2009award

ちなみに全市全郡コンテストで初の賞状でした。scissors

ところで、今年の全市全郡まで約1ヶ月となりましたが、残念ながらまともに参加できそうにありません。weep

代わりに、できたらXPOに出てみようかなぁと思っているところです。

2010年8月22日 (日)

FDのログ提出

先程、遅ればせながらフィールドディ(FD)コンテストのログを提出しました。

今年のFDは、移動して本格的に出たいと思っていたのですが、いろいろ用事ができて結局どこへも行けず。

日曜日の朝に、散歩ついでに近くの堤防に行き、QRP+内蔵ホイップで、50、144、430MHzに1時間ぐらい出ただけで終わりました。

ログはC144で提出しておきました。生存証明です。
スコアは、5×3×2=30点。

50MHzのCWで唯一交信できたのが、34県の移動局でした。びっくり!こちらは2.5W+内蔵ホイップで、まさか返ってくるとは思いませんでした。happy01
すごいロケからでっかいアンテナで出ておられたんでしょうね。

2010年7月25日 (日)

オール滋賀コンテスト

先週月曜日(7/19)は、オール滋賀コンテストでした。

土曜日に出掛けた関ハムでビラを貰って知り、例年だと海の日は出勤なので出られないのですが、現在通っているところが休日になっておりお休みのため、参加することができました。

県内局なのでQRPでも呼ばれるやろと、QRP部門に出ることに決めました(これがちょっと甘かった?)。

近所の堤防か河川敷でもよかったのですが、どうせ出るならちょっと珍しくて少しはロケが良い方が6mも飛ぶだろうということで、朝からチャリンコで出発、野洲市の三上山へ向かいました。

Img_5256_2
<チャリンコならでは、野洲川大橋からの三上山>

自宅から50分ぐらいで登り口到着、そこから50分ぐらいで山頂です。

以前、山歩き縦走で来たのですが、その時はリグなしでしたので、野洲市(JCC#2310)から出るのは初めてでしょうか。
梅雨明けで暑いにも係わらず山頂にはたくさんの方が上ってこられます。

Ste_5270
<山頂付近の岩場から西方向>

見晴らしの良い場所は遠慮しまして、山頂付近の木々の中に7MHzのダイポールのみ上げました。6mのヘンテナも持ってきていたのですが、ここでは上げにくいのでやめ(せっかく同軸2本持って上がったから上げればよかった)。

Img_5263
<木々の間に上げた7MHzダイポール>

QRP部門は3バンドまでなので、このアンテナで7MHz、21MHz、50MHzの3バンドに出ることにしました。エレメントが木々の間に張ったので、ほとんど隠密アンテナ状態です。
これの御陰で7MHzでもSWRが低い割には飛びがもう一つだったような気がします。

10時15分ぐらい前からコンテスト周波数でCQ出して周波数確保しようと甘い考えを抱きましたが、開始前には呼んで貰えたものの開始と同時にご近所の超強力なシグナルに潰されて、呼んで貰えない&聞こえない状態になって敢えなく敗退、、、呼びに回ります。

ローカルコンテストなんで、そのうち呼ばれるようになるかなどと考えたのですが、どうもこのコンテスト県外局同士も得点になるようで、県外局のCQがCWバンド中に拡がっていて、CQ出してもあまり気付いて貰えません(事前にルールをちゃんと読んでいなかった)。
*シールドバッテリーも持って上がって普段の2倍パワー出しているのに、、、。

21MHz、50MHzは、聞こえる局からは大抵応答がありますが、CQ出してもほとんど呼んでこない。7MHzはバンド拡張の影響でSSBバンドが結構空いているのでCQ出すとたまに呼ばれました。

というような状態で、午前2時間、午後2時間を過ごしました。
そして、以下のような結果になりました。

Sitest2010

昼休みがあってゆっくり昼食とれるのは楽でいいです。

弱いシグナルを取ってQSOして頂いた各局、ありがとうございました。

2010年7月 7日 (水)

6m and Down 2010

土日の6m and Down Contestに出ました。

天気予報は土曜日からずっと雨だったので、昨年のような徒歩移動は諦めて常置場所から、CW QRP (CP)にしました。

午後から雨の中、屋根に登って144MHzと430MHzの2バンドGPを給電点9mぐらいに上げ、50MHzは4エレHB9CVを移動用のお化けポールで10mぐらいに上げました。

やはり平地からのQRPは厳しく、なかなかQSO数も増えません。

6mの方は、GWのコンディションがよかった朝9時頃とその後の8エリア方面のEsでマルチの方は結構稼げました。

以下、暫定結果です。

<結果>

 バンド  交信局数  得点  マルチ
   50 MHz       78        78      30
  144 MHz       36        36       9
  430 MHz       25        25       7
  合 計       139       139 ×   46  =  6394

<タイムチャート>

    | 21 22 23 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14|合計
----+------------------------------------------------------+----
  50|  7  8 16  3  4  1  -  2  2  1  2  3  6 12  2  2  2  5|  78
144| 13  -  2  -  -  1  -  -  3  4  -  4  2  -  2  1  3  1|  36
430|  - 13  2  -  -  2  -  -  1  1  -  -  -  1  2  -  2  1|  25
----+------------------------------------------------------+----
合計| 20 21 20  3  4  4  0  2  6  6  2  7  8 13  6  3  7  7| 139

*なんだかんだ言いながら、2時間ぐらいしか寝てなかったですね。

実は、今回、2mと430のCWに初めてQRVしたのです。

常置場所は東方面のロケが結構良いところなので、もう少し2エリアができるかと思っていたのですが、交信できたのはほんの数局でした。

6mは、1エリアは20局程聞こえてましたが、交信成立したのは4局で、朝9時台がかなり良く、ふわふわした感じでシグナルが上がってきていました。
なぜか、できたのは12、14、15、17で、局数の多い10、11、13はたくさん聞いて呼びまくっていたのですが、できませんでした。相手方のノイズレベルの関係でしょうか?
一番強かったのは、17の富士山5合目?からの8N1F/1で、Lのシグナルが正味S5以上で入感してました。
あと、西方面のロケが全くダメなんで、4エリアは岡山と広島だけ、5エリアも香川と徳島だけで、6エリアはEsの沖縄だけでした。聞くだけなら4と5は全て入っているのを確認できたのですが、最後までできませんでした。

昨年の6m and Downでは山の上からのバッテリー運用だったので、2.5Wか1Wの運用でしたが、今回は5Wフルパワーの運用。5WでCQ出し続けると、FT-817は結構すぐに非常に熱くなってパワーセーブしてしまうようです。もう少し放熱を考えた方が良さそうです。

Esで8エリア各局がRunしている周波数をメモして、順番に呼んでいき、マルチがどんどん増えた時が、今回一番愉しかった瞬間でした。

QSO頂いた方々ありがとうございました。



2010年3月 9日 (火)

全市全郡コンテスト結果

10月に行われた全市全郡コンテストの結果がJARLのページに発表されました。

http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/2009/index.html

私は常置場所からCAMで参加しました。参加した時の様子は、こちら、、、。

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/acag-2009.html

結果は、
CWオールバンド(CA)で、29位/194
CAM+Pでは、15位でした。

ところが、またまた入賞局にコールがあり、ALL JAに続いてCAMでは3エリア1位でした。

HF+6mしか運用しておらず、自分のスコアはあまり高くなかったので、エリア1位も無理だと思っていましたが、FDの時とは違い3エリアからはコンディション的に高得点は難しかった部分があったように思います。

全市全郡はVUHFで局数+マルチが稼げる1エリアがかなり有利なので、あとは1エリアとどれくらい開けるかというコンディションが、どのエリアの点数が高くなるかに影響を与えるようですね。

今年はCAPか、XAPで出るかな???

2009年12月10日 (木)

FDコンテスト結果発表

8月に行われたフィールドデイコンテストの結果発表がありました。

http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/fd/2009/winner.html

参加した時の様子は、こちらに、、、

http://yappari-musen-plus.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/fd-2009-c14.html

日曜日の朝から移動して交信開始は8時半過ぎ、実質6時間しかQRVしていなかったにも関わらず、14MHzシングルバンドCW(C14)で第3位入賞でした。shine

車で5分のところに移動して、DP一本上げてQRV、ぱぱっとやって終了。それで入賞させていただいて、最小努力で最大効果みたい、、、ちょっと申し訳ない感じです。coldsweats01

14MHzでコンディションが良いと、3エリアからだと大票田の1エリアがちょうど強力に開けやすい距離になるので、沢山できやすいですね。また、マルチも3エリアからぐらいが一番稼ぎやすいし、夏場の14MHzは狙い目ですね。

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ