2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

太陽のご機嫌は?

  • Solar report

最近のトラックバック

無線関係リンク

CW Freak & Morse Runner Rankings

Booklog

QRP徒歩移動プロジェクト

2017年3月12日 (日)

甲西駅から十二房(岩根山、405m)

昨日の土曜日は、本当に久しぶりで従来のスタイルで低山歩きに行きました。

行き先は、十二房(405m)です。

通勤で毎日通っているJR甲西駅からの徒歩移動。高低差も300mぐらいなので、久しぶりの足慣らしに丁度良いでしょう。

JR甲西駅から1号線に出て少し北西方向へ歩いてから、右折して甲西大橋を渡りました。

Kouseioohashijyunibou<甲西大橋から見た十二房、山頂付近にタワーが見える>

岩瀬神社の前を通って、榎橋を渡ったところにゲートがあり、そこから林道を歩く。

そこから30分ぐらいで東屋がある展望台、タワーが林立する山頂付近に付きました。

Towors_mt_top

<山頂付近に林立するタワー、NHK、FM、携帯基地局などのようです>

タワーの建っている場所とほぼ同じ高さですが、別ピークが三角点のある十二房の山頂です。山頂には木々が少なく、広い範囲で眺望がいいです。

View_fm_summit_1<山頂から、南側(三雲駅方向)の眺望>

鈴鹿南部の山々が見えています。

View_fm_summit_2

<山頂から、南東~東方面>

山頂からは、山頂付近が雪で真っ白な、伊吹山、霊仙山、御池岳、綿向山など見えていました。

山頂にて、7MHzのDPを上げて、ちょこっと運用しました。7MHz CWで14局、50MHz SSBで1局、430MHz FMで1局交信できました。運用しながらスマホでWeb検索して、ここがSOTA番号付与されていることが判りました。SOTA: JA/SI-064でした。Hi。

風が強くて結構寒いので、13:20頃から撤収して下山しました。山頂からは南側に降りて行き、十二房温泉ゆららの近くに出て、この付近では有名な磨崖仏を見るため、花園林道を降りていきました。

Photo

<磨崖不動明王尊>

こんなところに、と言う感じで、6m×2m程度の岩に彫られています。

後は、さらに降りて、甲西橋を渡って、JR甲西駅に戻りました。

歩いていた時間は、合計3時間ぐらいでした。

短い行程で高さも400mと低山でしたが、素晴らし展望を楽しめて、久しぶりに山の楽しさを味わうことができました。

2016年8月20日 (土)

ALL JA 2016 結果発表

3ヵ月ぶりぐらいのエントリーとなりますが、ALL JAコンテストの結果がJARLのウェブページに発表されました。

http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_ja/2016/index.html

今回は、ほとんど時間もなかったのですが、日曜日のみちょこっとCAPでポータブル運用しました。

超お手軽運用で、FT-817ND単体を単三ニッケル水素電池8本で動かし、電池がなくなるまでだけ運用するというスタイルとなりました。アンテナは7MHzのダイポールでした。このアンテナでいつものように?7、21、50の3バンドでCWのみです。

さすがに、1W or 2.5Wでは、コンテスト中のRunは難しく、呼び回って3時間程で74局と交信できました。

そして結果は、CAの183位でございました。

>183 JF3KQA/3 74 × 37 = 2,738 P

生存証明ではありますが、弱い電波を拾ってQSOいただいた皆様、ありがとうございました。happy01

2016年1月14日 (木)

移動運用スタイル その2

前回は個人での単独移動の話でしたが、今回は2人以上のグループで行く移動の話にします。

クラブでフィールドデイコンテスト、オールバンドのアンテナを展開というのもありますが、印象に残っているのは、やはりローカル局と出掛ける6mの移動運用でしょうか。

自動車でよく移動運用していた'84〜'95年の10年ぐらい、毎年夏の50MHz AM一斉移動に京都のローカル局と参加していました。

この全国的なイベントの最初の年は、当時の船井郡園部町の深山からSwiss Quadで出ました。その次の年からは、毎回、京都北部のロケの良いところから、ビッグアンテナを高く上げて出て、日本中にAMの強力な電波を飛ばすことに情熱を掛けていた感じです。




写真は、私たちのホームグランドだった宮津市の成相山山頂で、たぶん'86年の8月のものです。
悪ノリ過ぎだったとも思いますが、展望台の上におばけポール6本繋ぎで、14mhの6エレ八木でした。
ここは、眼下に天橋立を望む最高のロケーションです。

GWのコンディションが上昇する早朝や午前中、夜の時間帯には、それこそ東は1エリアは勿論、7エリアからも呼ばれ、西は6エリアまでできました。
この年は、8エリア利尻島の移動局ともEsなしでAMモードで交信でき、50MHzAMのワンデイAJDもできてしまいました。

勿論、AM以外もSSB、CWにもQRVし、ローカル局と順次交代しつつ、沢山交信しました。

丹後半島は周りが海の部分が多く、コンディションが上がってくる時間帯には、本当に1エリアの固定局が9+で束になって呼んできました。ピークで3局/分ペースでCWのパイルを捌いたりして、まるでモールスランナーな運用ができました。

アンテナは6エレスタックにしたり、8エレ八木にした年もあり、もう1本別方向用に上げたこともありました。

丸二日間の移動運用でしたが、みんなで楽しんだ夏の日の恒例行事でしたね。happy01

2016年1月12日 (火)

移動運用スタイル その1

アマチュア無線の移動運用スタイルとは、どんなものかと考えてみて、これまでの私のスタイルを紹介してみます。

私の場合は、中学・高校時代の徒歩移動から始まって、大学生となり、スクーターやバイクでの移動、自動車での移動と変化して行きました。その間、興味の対象は6mにほぼ限定されており、京都府内の市郡を中心に6mでサービスすること、およびコンディションと季節によってはDXと交信することが目的でした。




この写真は、'91年だと思いますが、サイクル22で広島から出ていた頃のものです。50Wにジュラルミンのポール7本フルアップに4ele HB9CVでロケの良さそうな山頂付近からQRVしています。1人で13mぐらい上げるのも手慣れたものでした。
当時のコンディションで6大陸と交信できましたし、'92年の3月には念願だったカリブのLPも、この設備でKP4とPJ2の二つ交信できました。

ただ、いつ開けるかわからない6mですので、いつも山頂で待ち構えている訳にもいかず、普段はモービルホイップでワッチして、開けてきたら車を止めて、5分で出られるように5mの伸縮ポールと2ele HB9CVも常備していました。
次の写真は、そんな頃、聞こえてきたHS5SEAをゲットした東広島市の鏡山の路肩です。



1人の自動車の移動は、こんな感じで、暇になりそうな時は、下に7MHZのDPやら21や28のホイップにラジアル付けたGPで遊んだりしたものです。

いずれの写真も、当時乗っていたミラージュが懐かしいです。この車に何日も泊まりましたsmile




2010年10月10日 (日)

ACAG 2010

まだコンテストは続いていますが、朝sunちょこっとだけ出ました。
昨夜は雨だったので、移動の方は今日朝からという方が多そうです。

草津川堤防で50MHzのヘンテナを上げました。高さは給電点3mぐらいでしょうか。
QRPで出力は、2.5Wです。

Acag2010

QRP+完全に平地の3mhヘンテナですので飛びませんが、さすがにJARLコンテスト結構聞こえています。

2時間で50MHzは、2,3,4,5.9エリアの20局できました。

その他はホイップで、144MHz2局と430MHz1局も交信頂きました。

素直にX50Pか、C50Pか思案中、、、まあ関係ないな。coldsweats01

弱いシグナルを取って交信頂いた各局、ありがとうございました。





2010年8月22日 (日)

FDのログ提出

先程、遅ればせながらフィールドディ(FD)コンテストのログを提出しました。

今年のFDは、移動して本格的に出たいと思っていたのですが、いろいろ用事ができて結局どこへも行けず。

日曜日の朝に、散歩ついでに近くの堤防に行き、QRP+内蔵ホイップで、50、144、430MHzに1時間ぐらい出ただけで終わりました。

ログはC144で提出しておきました。生存証明です。
スコアは、5×3×2=30点。

50MHzのCWで唯一交信できたのが、34県の移動局でした。びっくり!こちらは2.5W+内蔵ホイップで、まさか返ってくるとは思いませんでした。happy01
すごいロケからでっかいアンテナで出ておられたんでしょうね。

2010年8月 9日 (月)

湖南アルプス太神山・矢筈ヶ岳

随分と前になりますが、5/21に行った湖南アルプスの山行をブログにアップしてなかったので書いておきます。

低いけれど荒々しい岩場がアルプスと呼ばれる湖南アルプスの太神山(たなかみやま)・矢筈ヶ岳(やはずがたけ)に行きました。

天気は良かったのですが、霞掛かっていて展望はダメでした。

Img_5122
<天神川を渡るところ>

Img_5125
<山ツツジ、あちこちに咲いてました>

Img_5132
<泣不動>

Img_5134
<二尊門の二尊、どちらもいい顔をしています>

Img_5140
<太神不動寺本堂>
清水寺みたいに舞台造りで岩の斜面に建ってます。Img_5145
<太神山(600m)山頂の祠>
このすぐ横に山頂の三角点があります。

分岐まで戻って、南西方向へ入る道を進み、50分ぐらいで2つめのピーク矢筈ヶ岳山頂に到着。

Img_5156
<矢筈ヶ岳(562m)山頂>

ここもあまり開けてないないが、琵琶湖方面が見えました。
木々の間にDPを張って7MHzを少しだけ運用しました。

Img_5159
<御仏堰堤>
滋賀県最古(明治20年頃)の空石積み堰堤と書いてありました。

Img_5164
<御仏河原>
河原の中に入ったり、沿ったりしながら、下へ下へと下る。

(コース)
JR石山駅→バス→アルプス登山口→迎不動
→泣不動→二尊門→不動寺→太神山
→分岐→出合峠→矢筈ヶ岳→出合峠
→河原出合→御仏河原→アルプス登山口
→バス→JR石山駅

アルプス登山口からの往復でコースタイム4時間30分ぐらいでした。

2010年8月 3日 (火)

湖南市(JCC#2311)移動

7/31(土)の午前中に、滋賀県湖南市(JCC#2311)に移動してみた。

いつものようにQRPであるが、山歩きではなく平地です。JR草津線に乗って2つめの石部駅で下車。野洲川の方に歩いていった辺りで運用しました。

Img_5285
<JR石部駅のスタンプ>

Img_5272
<こんな景色の畑の横からQRVしました>

給電点5mぐらいにダイポールを上げて7MHzに出ました。あまりコンディションがよくなく、10時過ぎから12時過ぎまでの2時間で交信できたのは50MHz1局含む12局だけでした。

12時頃からぼちぼち良くなってきていましたが、あまりに暑くてsun干涸らびそうだったので、早々に撤退してしまいました。

QRPの場合は、7MHzと言えどもコンディションに左右されますね。


2010年7月25日 (日)

オール滋賀コンテスト

先週月曜日(7/19)は、オール滋賀コンテストでした。

土曜日に出掛けた関ハムでビラを貰って知り、例年だと海の日は出勤なので出られないのですが、現在通っているところが休日になっておりお休みのため、参加することができました。

県内局なのでQRPでも呼ばれるやろと、QRP部門に出ることに決めました(これがちょっと甘かった?)。

近所の堤防か河川敷でもよかったのですが、どうせ出るならちょっと珍しくて少しはロケが良い方が6mも飛ぶだろうということで、朝からチャリンコで出発、野洲市の三上山へ向かいました。

Img_5256_2
<チャリンコならでは、野洲川大橋からの三上山>

自宅から50分ぐらいで登り口到着、そこから50分ぐらいで山頂です。

以前、山歩き縦走で来たのですが、その時はリグなしでしたので、野洲市(JCC#2310)から出るのは初めてでしょうか。
梅雨明けで暑いにも係わらず山頂にはたくさんの方が上ってこられます。

Ste_5270
<山頂付近の岩場から西方向>

見晴らしの良い場所は遠慮しまして、山頂付近の木々の中に7MHzのダイポールのみ上げました。6mのヘンテナも持ってきていたのですが、ここでは上げにくいのでやめ(せっかく同軸2本持って上がったから上げればよかった)。

Img_5263
<木々の間に上げた7MHzダイポール>

QRP部門は3バンドまでなので、このアンテナで7MHz、21MHz、50MHzの3バンドに出ることにしました。エレメントが木々の間に張ったので、ほとんど隠密アンテナ状態です。
これの御陰で7MHzでもSWRが低い割には飛びがもう一つだったような気がします。

10時15分ぐらい前からコンテスト周波数でCQ出して周波数確保しようと甘い考えを抱きましたが、開始前には呼んで貰えたものの開始と同時にご近所の超強力なシグナルに潰されて、呼んで貰えない&聞こえない状態になって敢えなく敗退、、、呼びに回ります。

ローカルコンテストなんで、そのうち呼ばれるようになるかなどと考えたのですが、どうもこのコンテスト県外局同士も得点になるようで、県外局のCQがCWバンド中に拡がっていて、CQ出してもあまり気付いて貰えません(事前にルールをちゃんと読んでいなかった)。
*シールドバッテリーも持って上がって普段の2倍パワー出しているのに、、、。

21MHz、50MHzは、聞こえる局からは大抵応答がありますが、CQ出してもほとんど呼んでこない。7MHzはバンド拡張の影響でSSBバンドが結構空いているのでCQ出すとたまに呼ばれました。

というような状態で、午前2時間、午後2時間を過ごしました。
そして、以下のような結果になりました。

Sitest2010

昼休みがあってゆっくり昼食とれるのは楽でいいです。

弱いシグナルを取ってQSOして頂いた各局、ありがとうございました。

2010年6月13日 (日)

伊賀から甲賀の山、三国岳・油日岳

先週末6/6の話ですが、鈴鹿山脈の最南部の山、油日岳辺りに行きました。

伊賀市の柘植駅から、旗山、三国岳、忍者岳、油日岳と尾根道を通って、甲賀市の油日駅まで歩きました。伊賀から甲賀の間に忍者岳っていいですね。

Img_5190_2

 <尾根道から旗山と後ろに見える霊山>

Img_5193
<尾根道からこれから向かう三国岳、油日岳方面>

ピークがいくつもありアップダウンが多くて、ちょっと疲れました。天気は良くて気持ちよく歩けましたが、遠くの方は霞んでおり伊勢湾までは見えませんでした。

Img_5199
<倉部山山頂から、三重の山々、左奥に先日登った錫杖ヶ岳が見える>

三国岳(715m)の山頂で昼食、ヘンテナを上げて6mを運用しました。/2の三重県伊賀市です。Esの8エリア4局を含む16局と交信できました。QSOしていただいた各局ありがとうございました。

そろそろ撤収というころ、50.1付近では大パイルアップが聞こえてました。どうもE4(パレスチナ)が入感していたようです(スプリットのご本尊はかすりもしませんでした)。

Img_5204
<三国岳山頂、立木を使ってヘンテナ上げました>

Img_5217
<油日岳(693m)山頂の祠>

Img_5228
<鮮やかな黄色の花、何?>

山を下りてきたところにある油日神社は、油関係の信仰で有名な古い神社で、歴史を感じさせる建物がありました。

Img_5238
<油日神社>

Img_5248
<油日神社付近から見た油日岳>

コース
JR柘植駅→旗山登山口→旗山→ぞろぞろ峠
→倉部山→三国岳(昼食&無線)→忍者岳
→油日岳→油日岳登山口→油日神社
→JR油日駅
(コースタイム5時間20分)

関連ページ

関西の日帰り山歩き・ハイキング

アマチュア無線ブログ

Ads by Google


科学(化学)関係

最近読んだ本リスト

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ