SOTA

2019年8月20日 (火)

ALL滋賀コンテスト from SOTA: JA/SI-064

7/15(海の日)に行われたALL滋賀コンテストに、滋賀県湖南市の十二坊山頂(SOTA: JA/SI-064)から参加しました。

午後の短い時間でしたがマルチバンドのQRPで参加、17局と交信しました。

Img_8944_20190820205201

<岩根から善水寺へ向かう坂道>

Img_8954_20190820205201

<善水寺から十二房温泉へ向かう山越えの道沿いで見付けた

大きなノコギリクワガタとその奥方>

Img_8959_20190820205201

<十二房温泉ゆらら>

Img_8964_20190820205201

<十二房山頂から飯道山方面>

Img_8962_20190820205201

<アンテナの展開状況、LW+MTUです>

ログは3バンド分を選択して、熟考の上でシングルオペ スプリントB午後の部 (FMSB)で提出しました。

 

Sota

岩根の善水寺入口まで自転車で、そこから善水寺に上がって、山越えで十二房温泉前まで行って、道路を渡ってから十二房山頂へ。

帰りは車道を通って善水寺まで戻りました。



Sota_20190820213801
歩いた道のりはこんな感じ。

 

SOTAのサイトには、コンテスト以外の数局分も含めて、既にデータをアップ済みです。

毎度、弱い電波を拾って頂いた方々、ありがとうございました。

 

滋賀コンテストは、2010年に三上山から県内QRP部門で1位になりましたが、あの時呟いていた、県内局との交信は5点化というのは、いつからか実現されていたのですね。

久々に山から参加させて頂きました。

さて、今回の結果はどうでしょうか??

 

 

 

2019年4月16日 (火)

音羽山から千頭岳、西千頭岳(602m)京都市伏見区 SOTA: JA/KT-042

4月13日土曜日は、またまた近場の山を歩いてSOTA運用しました。

今回は、過去に何度も上っている音羽山からSOTAの対象となっている西千頭山(602m)へのコースです。

 

京阪京津線の大谷駅下車。蝉丸神社から東海自然歩道に入って音羽山、そこから南へ縦走して千頭岳(東千頭岳、600m)からSOTA対象のJA/KT-042の602mピークである西千頭岳へのルートです。帰りは東海自然歩道のところまで戻って石山の幻住庵方面に下りました。

_sota    

<今回の山行コース>

_

<今回コースの断面図、音羽山の登りは結構急斜面でしたね。>

京阪京津線の大谷駅から音羽山、千頭岳を縦走、西千頭岳にて3hぐらい過ごしてから、東海自然歩道の分岐まで戻って幻住庵の方へ下りました。JR石山駅まで歩いたので、本日の歩数は30,000歩でした。

Img_8240_1

<京阪京津線の大谷駅からすぐの蝉丸神社>

階段を上がって右側に神社があります。

Img_8243_1

<蝉丸神社、建物の右側から入って行くと東海自然歩道に合流できます。>

Img_8249_1

<国道1号線を跨ぐ東海自然歩道の歩道橋>

この歩道橋は国道を通る車から、どこから上るの?というので有名になっています。

数年前の台風?だったかの大雨で崖崩れがあり、蝉丸神社側の道がずっと通行止めでしたが、修復されていました。

この歩道橋を渡ると急坂の階段が続きます。

 

Img_8251_1

<休憩によい無線中継所>

暫く歩くと、そろそろ休みたいなというところで、右側に舗装路が出てきて分かれ道で山頂への道から別れてまっすぐ少し行くと、この中継所に出ます。

景色が良いので休憩に最適。いつもここまで行って休んでいます。

 

Img_8265_2

<音羽山山頂>

中継所から元の道に戻って、暫く歩くと音羽山山頂です。

Img_8264_1

<音羽山山頂から京都市内方面、正面に愛宕山が見えます。>

比叡山、また琵琶湖方面もよく見えます。

ここは見晴らし通り東西方向にロケが良いので、過去何度か移動運用しています。

今回は、SOTAアクティベーションのため、対象になるJA/KT-042のピークを目指します。

 

Img_8271_1

<岩間山、石山寺とかと書いたある方へ縦走します。>

 

Img_8272_2

<東千頭岳(600m)山頂>

いくつか小ピークを越えて縦走を続けると東千頭岳山頂に着きます。

普通の山行の方はここから縦走したり、降りたりされるのですが、本日はあと2m高いピークを目指します。

Img_8283

<西千頭岳(602m)山頂、JA/KT-042>

更に小ピークを2つ程越えて、高圧鉄塔の立っているピークが目的のJA/KT-042の

西千頭岳です。

ここは超高圧電線(多分275kV)の真下になるのでアンテナ展開すると誘導電流でリグが壊れそうです。

取り合えず、ノルマの4局を430MHzのFMでこなしてから、ちょっとだけ場所を移動しました。

南東方向へ少し下りたところで、いつものように7MHzのダイポールを上げて本格的にQRV開始。

CW中心で、7MHzで18局、14MHzで1局、50MHz3局、144MHz1局、430MHzの4局と合わせて合計27局と交信できました。

途中、14MHzでVKやDUなども聞こえておりましたが、残念ながらDXはできずでした。

 

15:30ぐらいまでねばって出ていましたが、そこで止めて撤収後、東千頭岳に戻り、東海自然歩道まで戻って石山寺方面へ下山しました。

Img_8308_1

<幻住庵>

帰りに幻住庵に寄りました。

 

 

 

2019年4月15日 (月)

阿星山(693m)滋賀県湖南市 SOTA: JA/SI-038

雨乞岳の翌日(4/7)、まだ歩き足りなかった(笑)?ので近くでまだ登ったことのない阿星山(693m)へ行きました。通勤で乗車しているJR草津線から西側に高く見えている山です。いつか登りたいと思っていました。

 

Img_8180_1

<石部方面から見た阿星山(693m)>

 

自転車で常楽寺へ、そこから林道を上がって途中から山道となり山頂へ、帰りは長寿寺へ下りるコースとして、長寿寺から常楽寺まで戻りました。

Aboshiyama_190407new

<今回のコース>

Aboshiyama_danmen1

<海抜差は500mほどでした。>

 

Img_8183

常楽寺から林道を歩いて上がって、しばらく行くとそれらしい車止めがありました。こちらの車止めの方の林道をさらに歩きます。

 

Img_8188_1

さらに行くと、やっと道標が出てきました。はっきり言って林道には山頂へ向かう道であることを示す道標やテーピングがほとんどありません。今回は何度かこれで合っているかと思う瞬間がありましたが、スマホアプリ(ジオグラフィカ)のGPSで地図上の位置を常に確認できるので不安はありませんでした。

また、林道が数年前の台風被害で結構崩壊している部分があり、こちらの林道はほとんど機能していません。昔もオフロードバイクか4WDのオフローダーでないと登れないような道ばかり。

 

Img_8192

600mぐらいから上、漸く山道らしい熊笹の道に変化しました。

 

Img_8201_1

すぐに阿星山の山頂に到着。

Img_8202

三角点は、信楽焼のたぬきが守っていました。

 

Img_8203

山頂には、UHFの中継施設があります。

 

Img_8204 

<山頂付近から、三上山方面。遠くは霞んでいます。>

 

Img_8211

<長寿寺>

 

下りは、長寿寺の方へ下りました。しばらく登山道を歩き、途中から林道になります。上りの林道と同様にこちらも数年前の台風被害でかなり崩壊していたようですが、ほぼ全て修復されており自動車の通行は可能な状態になっていました。

山頂を目指すのであれば、この長寿寺からの道が分かり易く歩きやすいと思います。

 

SOTAアクティベーションの方は、7MHz CWで9局、14MHz CWで1局、50MHz SSBで1局、430MHz FMで5局の計16局と交信できました。いつもコール頂くお馴染みさん含め皆様ありがとうございました。

 

2019年4月11日 (木)

武平峠から雨乞岳(1238m)滋賀県東近江市 SOTA:JA/SI-003

4月6日の土曜日、久しぶりの山歩きで鈴鹿山脈の雨乞岳(1238m)に行き、SOTA運用して来ました。

いつもは公共の交通機関を利用しての山行ばかりですが、今回は会社の友人の車に乗せて貰って鈴鹿スカイラインの武平峠まで移動しました。

 

Img_8116

<武平トンネル西駐車場からこの看板に示されている川を渡ったところ辺りの登山口から登山道に入ります>

 

Img_8121

<谷筋に残る残雪>

 

Img_8122

<七人山下りから見える東雨乞岳>

七人山からは鎌ヶ岳山頂の移動局と430MHzで交信できました。

 

Img_8128

<東雨乞岳の山頂>

木々や熊笹もない山頂で展望良好のハズでしたが、ガスっています。

 

Img_8133

<雨乞岳(1237m)山頂>

山頂に到着。到着時は霞んで展望はよくありませんでした。辛うじて鎌ヶ岳が見えています。

 

山頂では、少し北へ移動したところで7MHzのダイポールを展開して2.5Wで運用。もうひとつコンディションは良くなかったのですが、7MHzCWで10局、ハンディ+ホイップの430MHz FMで9局と交信できました。

SOTAのデータベースによると以前のここからのアクティベーションは全てV/UHFのようだったので、7MHzで初のサービスできてよかったです。430MHzはハンディにホイップの運用でしたが、2エリア方面から次々と呼ばれロケーションの良さを実感しました。

Img_8143

<振り返った雨乞岳の全容>

 

Img_8139

<晴れてきた雨乞岳山頂から見た御在所岳>

無線をしている約2時間で、きれいに晴れてきてほぼ隣の御在所岳がよく見えてきました。山頂にはドーム状の建物が見えます。

 

Img_8149

<鎌ヶ岳の特徴ある山頂がよく見えています>

 

帰りは、東雨乞岳から稜線の尾根道を歩きました。こちらの方が上りで通った谷道よりも歩き易くて展望も良かったです。

但し、若干上り下りが多いでしょうか。

Amagoidake_map1

山行コースは、武平トンネル滋賀県側手前の駐車場に車を止めてから、

武平トンネル西登山口→沢谷峠→クラ谷→七人山→東雨乞岳

 →雨乞岳→東雨乞岳→尾根道縦走路→沢谷峠→武平トンネル西登山口

 

掛かった時間は、上り:2時間15分、下り:1時間45分 程度でした。

 

Amagoidake_fig1

歩いた経路の断面はこんな感じ。

海抜差は500m弱なのでまあまあ楽勝でした。

 

久々の本格的な山行で足の疲労なども心配しましたが、調子よく歩くことができて一安心でした。

山頂から交信して頂いた各局、ありがとうございました。既にSOTAデータベースにはログをアップしています。

2018年10月20日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ連載 その11、12

もうその12も出てしまいましたね、

月間FBニュースのSOTAの楽しみ連載の話です。

「その11 SOTA:その過程をも愉しむ」 JG0AWEさん

本格的な山歩きを楽しまれているJG0AWEさん、

東日本大震災を契機にアマチュア無線を再開されたようです。

御家族とも一緒に上られている写真が楽しそうです。

縦走装備の写真もありましたが、なかなかの重装備でかなり重そう、
今の私に担いで上がれるかな?と思いました。

乗鞍山頂でのQRVの様子は、20数年前に6mのHB9CVでQRVしたことを
思い出させて貰いました。

南東方向からは1エリアが59で、西にアンテナを向けると、

宮崎のビーコンも入ってました。

さすがに3000m峰山頂のビームアンテナにはしびれました。

「その12 知的好奇心とSOTA」 JG1GPYさん

 

知的好奇心という意味では、SOTAに限らず、アマチュア無線は多様な楽しみ方が存在しています。

それぞれの分野で人により深い浅いは自由という可能性に満ちあふれており、知的好奇心を刺激する趣味であると思います。

JG1GPYさんのスタイルは、サイクルロードの6m2エレデルタループとか、絵がお好きとか、1局もできなくてもチャレンジしてしまうとか、、自分と被るところが多いなぁと思って読みました。

蝶ヶ岳山頂からのスケッチ、いいですね。

他にもSNSなどでGPYさんの描かれたスケッチ見せて頂いていますが御上手ですね。

蝶ヶ岳のこのスケッチの場所、ほぼ山頂からと思いますが、学生時代にサークルで結構大人数で上った時、槍穂の稜線をバックに記念撮影した場所です。

最近は近所の低山ばかりの私の山歩きですが、ぼちぼち高いところにも行きたいなあと思う今日この頃です。

*ところで、この月間FBニュースのSOTA連載は12回までと聞いていましたが、今回の記事には最終回とは書いてないですね。これは再度、継続連載になったのでしょうか?

2018年9月 1日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ連載 その9、10

月間FBニュースのSOTAの楽しみ連載記事、もう9回、10回が出てますね、、、。

遅くなったので、もうすぐ11回も出そうですが、
やりはじめたことなので取り敢えず、忘備録の意味でもリンクを張っておきます。

「その9 アマチュア無線とSOTAの楽しさについて」 JI1UPLさん

現在では数少ない?高校生ハムのJI1UPLさんの記事です。

私たちが高校生の頃(今から35~40年程前のことです)、アマチュア無線は暗いなどと言われながらも結構メジャーな趣味でした。高校では、みんなが知っているかどうかは兎も角、クラスに1人ぐらい従免保持者がいたり、京都市内では例えば50MHzでは100局ぐらいがアクティブに運用されていましたが、その内1/3ぐらいは中・高校生だったように思います。

その頃、こんなおもしろいこともっとメジャーになってもおかしくないのにと内心思っていましたが、クラブや勉強や友人やらとの付き合いもあるので、無線ばかりという訳にもいかなかったですね。

UPL局はSOTAを中心にアクティブで広くアマチュア無線を楽しまれている様子が、Twitterなどでも見ていてよく判ります。

昔のようにもっと同年代のハム仲間がいればいいのにと思い、もっと若い方たちにおもしろさをPRしないといけないなとも思います。

「その10 SOTAと地図と冒険心」 JA1CTCさん

JA1CTCさんとはまだ交信したことがないようですが、書かれていることはいろいろ参考になりました。

スマホの地図アプリとの連携やSOTA山岳名リストの話も、今後使い方をより工夫していきたいと思います。

書かれていた山歩きとアマチュア無線のどちらを優先するか?という問題は、私自身も何度も考えている悩み深き問題ですね。時間と体力が無限にあれば、両方楽しむスタイルが続けられるのでしょうが、無理をすると山歩きの安全が損なわれる可能性もあります。

お二人とも、よい記事をありがとうございました。

2018年6月23日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ連載 その7、8

月間FBニュースのSOTAの楽しみ連載記事、当初は6回連載予定だったようですが、延長して7回、8回が既に出ていますね。12回連載となったようです。SOTAへの注目度が高いためでしょうか、、、。

取り敢えず、忘備録の意味でもリンクを張っておきます。

「その7 山登り趣味に加わったもうひとつの趣味」 JG1EJY & JG1EKA

御夫婦が趣味で山登りを楽しんでおられ、グループの連絡用に無線を始めて、その後SOTAを知ったあとで、無線のSOTA移動運用に深く入って来られた様子がわかりますね。

無線の楽しさを味わうという意味では、理想的な流れではないでしょうか。若い世代の人たちにも、こういう流れでアマチュア無線と関わって貰えるといいのにと思います。

「その8 海外でのSOTA運用の楽しみ」 JF8LPB/2

ドイツとチェコでのSOTA運用について書かれています。
海外でのSOTA運用は、うらやましいですね、あごがれます。定年退職したら、実現できるのでしょうか?

この連載、どの記事も山歩きとSOTA運用を存分に楽しまれているようすが判って、おもしろく読んでいます。

いつも写真の風景のすばらしさに感心し、皆さんの設備をズームアップして「どんなん使ってるの?」と興味津々で見ています。

2018年6月17日 (日)

「Masaco&FBガールズのSOTAに初挑戦!」月間FBニュース

またまた月間FBニュースからですが、下記の記事読みました。

http://www.fbnews.jp/201806/fbgirls/index.html

MasacoさんとあーちゃんさんがSOTAに初挑戦されたようです。

下のYouTube貼られていました。

SOTAの楽しさPRとして、すばらしいのではないでしょうか。

BGMの歌うまい!って本職でしたね。

https://youtu.be/BYg7xwJ6mq0

2018年5月 5日 (土)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ その6

かなり前の話となってしまいましたが、月間FBニュースのSOTA連載、4月15日公開の4月号にその6が出ています。

今回は、JF3KLH 横田さんの「SOTAは山でのお楽しみ」です。

http://www.fbnews.jp/201804/sota/index.html

KLHさんは、関西の山を中心にアクティブにSOTAアクティベートされており、HF~50MHz、~430MHzなどでよく運用されています。

当局は、昨年の三上山移動時に、KLHさんのホームグランドであるポンポン山移動されている時に50MHzでS2S交信頂きました。

横田さんは無線の方は、当局とほぼ同時期に開局されていますが、しばらくQRTされており1アマを取られてカムバックされたとのこと。社会人になられてからは山の方に随分と行かれていたようで経験豊富な様子です。

ところで、今回のFBニュースの記事の中で、野呂山にあるアマチュア無線局と仕事関係でお知り合いになられたというような記述がありました。

時期的にどちらが昔の話なのかわかりませんが、私の方も社会人になった後、91年~92年に東広島市の方に仕事関係で住んでました。その頃は50MHzの移動運用&DXingに嵌りまくっていた時期で、東広島から野呂山や灰が峰によく移動で行って運用していました。

野呂山には、その頃もタワーがたくさん上がっていたと思いますが、そちらの方々とは残念ながら知り合いにはなれませんでした。灰が峰の山頂では何人かの方と御一緒してお話しさせて頂き仲良くさせて頂いたことはありました。

その頃の50MHzでは、野呂山というよりは廿日市の山の方が有名で、当時アンテナは見に行きましたが、御本人とは会うタイミングはなかったです。

2018年3月18日 (日)

月間FBニュースのSOTAの楽しみ その5

月間FBニュースのSOTA連載、3月15日公開の3月号にその5が出ています。

今回は、「あぶさん」ことJP1QEC 本橋さんSOTA移動運用とアンテナです。

http://www.fbnews.jp/201803/sota/index.html

感心するのは、毎週のように山歩き・移動運用されているアクティビティの高さとYouTubeのビデオですね。

私も投稿されるビデオをいつも楽しみに見ています。

https://www.youtube.com/user/abumoto1/videos

ビデオとしての完成度も高いです。YouTuberですね。

QECさんとは、SOTAのアクティベーションを始めてからTwitterとかで交流させていただいていますが、実はまだ交信できておらず、早くS2Sでの交信を実現させたいです。

Ads by Google


太陽のご機嫌は?

  • Solar report

CW Freak & Morse Runner Rankings

無線関係リンク

ブログランキングへ

hamlife.jp

  • hamlife.jp新着記事リスト

アマチュア無線ブログ

科学(化学)関係

Booklog

お薦めの本リスト

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31